益子 貴史 MASUKO TAKASHI

ID:1000090272715

東京工業大学物理情報システム専攻 Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 143

  • Recent developments of the HMM-based speech synthesis system (HTS)

    ZEN Heiga , OURA Keiichiro , NOSE Takashi , YAMAGISHI Junichi , SAKO Shinji , TODA Tomoki , MASUKO Takashi , BLACK Alan W. , TOKUDA Keiichi

    近年,隠れマルコフモデル(HMM)に基づく統計的パラメトリック音声合成方式が注目されている.本方式では,音声スペクトル・励振源・継続長がコンテキスト依存HMMにより同時にモデル化される.音声合成時は,合成したい文章に対応するHMMからの出力確率が最大となるよう,継続長・スペクトル・励振源系列を決定した後,音声合成フィルタを用いて波形が出力される.2002年より我々は,HMMに基づく音声合成のための …

    IPSJ SIG Notes 69, 301-306, 2007-12-20

    References (65)

  • Recent developments of the HMM-based speech synthesis system (HTS)

    ZEN Heiga , OURA Keiichiro , NOSE Takashi , YAMAGISHI Junichi , SAKO Shinji , TODA Tomoki , MASUKO Takashi , BLACK Alan W. , TOKUDA Keiichi

    近年,隠れマルコフモデル(HMM)に基づく統計的パラメトリック音声合成方式が注目されている.本方式では,音声スペクトル・励振源・継続長がコンテキスト依存HMMにより同時にモデル化される.音声合成時は,合成したい文章に対応するHMMからの出力確率が最大となるよう,継続長・スペクトル・励振源系列を決定した後,音声合成フィルタを用いて波形が出力される.2002年より我々は,HMMに基づく音声合成のための …

    IEICE technical report 107(405), 301-306, 2007-12-13

    References (65)

  • Recent developments of the HMM-based speech synthesis system (HTS)

    ZEN Heiga , OURA Keiichiro , NOSE Takashi , YAMAGISHI Junichi , SAKO Shinji , TODA Tomoki , MASUKO Takashi , BLACK Alan W. , TOKUDA Keiichi

    近年,隠れマルコフモデル(HMM)に基づく統計的パラメトリック音声合成方式が注目されている.本方式では,音声スペクトル・励振源・継続長がコンテキスト依存HMMにより同時にモデル化される.音声合成時は,合成したい文章に対応するHMMからの出力確率が最大となるよう,継続長・スペクトル・励振源系列を決定した後,音声合成フィルタを用いて波形が出力される.2002年より我々は,HMMに基づく音声合成のための …

    IEICE technical report 107(406), 301-306, 2007-12-13

    References (65)

  • A Technique for Controling Speaking Style and Emotional Expression Using Model Interpolation  [in Japanese]

    TACHIBANA Makoto , YAMAGISHI Junichi , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2005(1), 191-192, 2005-03-08

    References (6) Cited by (2)

  • A Study on MLLR-based Style Adaptation in HSMM-based Speech Synthesis  [in Japanese]

    YAMAGISHI Junichi , TACHIBANA Makoto , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    木論文では隠れセミマルコフモデル(HSMM)に基づく最尤線形回帰(MLLR)アルゴリズムについて検討する.HSMMに基づくMLLRでは出力分布と状態継続長分布の平均ベクトルをアフィン変換する回帰行列を,適応データの尤度が最大となるようにEMアルゴリズムにより推定する.本研究では提案手法をHSMMに基づく音声合成システムにおける話者適応およびスタイル適応に応用する.主観評価試験の結果より,HSMMに …

    IEICE technical report. Speech 104(252), 13-18, 2004-08-12

    References (18) Cited by (1)

  • Incorporation of Mixed Excitation Model and Postfilter into HMM-Based Text-to-Speech Synthesis  [in Japanese]

    YOSHIMURA Takayoshi , TOKUDA Keiichi , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao , KITAMURA Tadashi

    本論文は,HMMに基づいた音声合成システムに混合励振源モデルを導入することにより,合成音声の品質向上を図ることを目的とする.我々はこれまでに,メルケプストラム,基本周波数,継続長をHMMの枠組みでモデル化し,HMMからこれらの音声パラメータを出力することによって音声を合成するテキスト音声合成システムを提案した.このシステムでは,合成フィルタ(MLSAフィルタ)を励振する際の励振源モデルとして,有声 …

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 87(8), 1565-1571, 2004-08-01

    IR  References (9) Cited by (4)

  • A pause modeling technique based on multi-space probability distribution  [in Japanese]

    OZEKI Hajime , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,統計的手法に基づいた音声合成におけるポーズのモデル化と生成について検討を行っている.文のポーズパターンはポーズ長を表す連続値,およびポーズ無しを表す離散シンボルの混合系列で表すことができる.提案手法では,この系列を多空間上の確率分布に基づいてモデル化し,音声データベースからの学習および生成を行っている.日本語入力テキストに対し,正確な形態素情報・構文情報を与えた場合の学習・生成と自動テ …

    IEICE technical report. Speech 104(30), 41-46, 2004-04-16

    References (9)

  • A control method for realizing various styles in HMM speech synthesis  [in Japanese]

    MIYANAGA Keisuke , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,多様な発話スタイルや感情表現を持つ音声を容易に生成することを目的とし,HMM音声合成のためのモデル制御法を提案している.提案手法では,任意の次元のベクトルを用いてユーザ所望のスタイル軸を設定し,このベクトルのアフィン変換により音声単位のHMMの各状態の出力分布の平均ベクトルを表現する.変換行列の学習時にはHMMのモデルパラメータと同様にEMアルゴリズムにより最尤推定を行う.音声合成時に …

    IEICE technical report. Speech 104(30), 35-40, 2004-04-16

    References (9) Cited by (7)

  • A pause modeling technique based on multi-space probability distribution  [in Japanese]

    OZEKI Hajime , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,統計的手法に基づいた音声合成におけるポーズのモデル化と生成について検討を行っている.文のポーズパターンはポーズ長を表す連続値,およびポーズ無しを表す離散シンボルの混合系列で表すことができる.提案手法では,この系列を多空間上の確率分布に基づいてモデル化し,音声データベースからの学習および生成を行っている.日本語入力テキストに対し,正確な形態素情報・構文情報を与えた場合の学習・生成と自動テ …

    Technical report of IEICE. EA 104(29), 41-46, 2004-04-16

    References (9)

  • A control method for realizing various styles in HMM speech synthesis  [in Japanese]

    MIYANAGA Keisuke , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,多様な発話スタイルや感情表現を持つ音声を容易に生成することを目的とし,HMM音声合成のためのモデル制御法を提案している.提案手法では,任意の次元のベクトルを用いてユーザ所望のスタイル軸を設定し,このベクトルのアフィン変換により音声単位のHMMの各状態の出力分布の平均ベクトルを表現する.変換行列の学習時にはHMMのモデルパラメータと同様にEMアルゴリズムにより最尤推定を行う.音声合成時に …

    Technical report of IEICE. EA 104(29), 35-40, 2004-04-16

    References (9)

  • HMM-based speech synthesis with various speaking styles using model interpolation and adaptation  [in Japanese]

    TACHIBANA Makoto , YAMAGISHI Junichi , ONISHI Koji , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,HMMに基づく音声合成システムにおいて音声の発話スタイルや感情表現の多様化を目的に,話者性の多様化手法である話者補間と話者適応の発話スタイルや感情表現への応用について検討する.まず,話者補間手法を応用して異なる複数の発話スタイルのモデルを補間することにより,中間的な発話スタイルの音声を合成する手法について検討した.主観評価試験により,「読み上げ」と「楽しげ」および「読み上げ」と「悲嘆」 …

    IEICE technical report. Speech 103(264), 37-42, 2003-08-22

    References (16) Cited by (1)

  • Speaker adaptation using context clustering decision tree for HMM-based speech synthesis  [in Japanese]

    YAMAGISHI Junichi , MASUKO Takashi , TOKUDA Keiichi , KOBAYASHI Takao

    任意の個人性や感情表現を持つ音声を合成するためには音声のフレーム単位の特徴だけではなく,複数のフレームに渡って現れるセグメント単位の特徴も考慮する必要がある.本論文では,HMM音声合成においてセグメント単位の特徴も反映した最尤線形回帰(MLLR)に基づく話者適応を実現するため,学習時に構築されたコンテキストクラスタリング決定木を回帰行列の共有に利用する手法を提案する.コンテキストクラスタリング決定 …

    IEICE technical report. Speech 103(264), 31-36, 2003-08-22

    References (13) Cited by (1)

  • A Bayesian Approach to HMM-Based Speech Synthesis  [in Japanese]

    NANKAKU Yoshihiko , ZEN Heiga , TOKUDA Keiichi , KITAMURA Tadashi , MASUKO Takashi

    本論文では,HMM音声合成に変分ベイズ法を適用し,ベイズ基準による音声のパラメータ生成アルゴリズムを導出する.HMM音声合成では,これまで,HMMの学習と音声パラメータの生成にML基準が用いられてきた.しかし,ML推定はモデルパラメータを確定的変数として点推定するため,学習データが十分に得られない場合,モデルの推定精度が低下するという問題がある.提案法は,ML基準に比べて,音声特徴をモデル化する統 …

    IEICE technical report. Speech 103(264), 19-24, 2003-08-22

    References (11) Cited by (4)

  • A Study on Average Voice Model Training Using Vocal Tract Length Normalization  [in Japanese]

    HIROHATA Makoto , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,話者正規化の技術を用いた平均声モデルの学習法について検討する.提案手法では,スペクトルのモデル化に際して,話者の声道長の違いによるホルマント周波数の変動の影響を取り除くため,スペクトル部の学習に声道長正規化の手法を導入している.提案手法により学習したモデルからは,声道長正規化導入前に比べ,山谷がはっきりしたスペクトル包絡を持つ合成音声(平均声)が得られることを確認した.また,主観評価実 …

    IEICE technical report. Speech 103(27), 69-74, 2003-04-25

    References (18)

  • A Study on Average Voice Model Training Using Vocal Tract Length Normalization  [in Japanese]

    HIROHATA Makoto , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    本論文では,話者正規化の技術を用いた平均声モデルの学習法について検討する.提案手法では,スペクトルのモデル化に際して,話者の声道長の違いによるホルマント周波数の変動の影響を取り除くため,スペクトル部の学習に声道長正規化の手法を導入している.提案手法により学習したモデルからは,声道長正規化導入前に比べ,山谷がはっきりしたスペクトル包絡を持つ合成音声(平均声)が得られることを確認した.また,主観評価実 …

    Technical report of IEICE. EA 103(25), 69-74, 2003-04-25

    References (18)

  • Audio Indexing for Speech, Music and Mixed Sounds  [in Japanese]

    IMAIDA Seiji , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 349-350, 2003-03-18

    References (2)

  • The scheme to create codebooks using decision tree in HMM-based very low bit rate speech coding  [in Japanese]

    HOSHIYA Takahiro , SAKO Shinji , ZEN Heiga , TOKUDA Keiichi , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao , KITAMURA Tadashi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 323-324, 2003-03-18

    References (6)

  • The investigation of an arbitrary voice quality HMM-based speech synthesis system using eigenvoices  [in Japanese]

    SHICHIRI Kengo , TOKUDA Keiichi , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao , KITAMURA Tadashi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 275-276, 2003-03-18

    References (4)

  • A study on adaptation technique for speech synthesis with arbitarary speaker's voice and various speaking styles  [in Japanese]

    YAMAGISHI Junichi , ONISHI Koji , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 271-272, 2003-03-18

    References (3) Cited by (1)

  • A Study on HMM-Based Emotional Speech Synthesis  [in Japanese]

    TSUDUKI Ryosuke , ZEN Heiga , TOKUDA Keiichi , KITAMURA Tadashi , MASUKO Takashi , KOBAYASHI Takao

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 269-270, 2003-03-18

    References (5)

Page Top