山村 健介 Yamamura Kensuke

Articles:  1-20 of 61

  • 1 / 4
  • Introduction of performance assessment into the "Study Skills" course and its practical problems  [in Japanese]

    小野 和宏 , 西山 秀昌 , 八木 稔 [他] , ステガロユ ロクサーナ , 重谷 佳見 , 山村 健介 , 井上 誠 , 前田 健康 , Ono Kazuhiro , Nishiyama Hideyoshi , Yagi Minoru , Stegaroiu Roxana , Shigetani Yoshimi , Yamamura Kensuke , Inoue Makoto , Maeda Takeyasu

    新潟大学歯学部では,初年次教育として大学学習法を実施している.この授業は講義・演習での知識や技能をもとに,レポート作成とプレゼンテーションを行うもので,その学習活動を通して,間題解決能力,論理的思考力,表現力の開発をねらいとしている.今回,学習成果の直接評価に向けて,パフォーマンス評価を導入すべく,レポートからこれら能力を読み解くルーブリックづくりに取り組んだ.また,この経験からみえてきたパフォー …

    新潟大学高等教育研究 1(2), 5-8, 2014

    IR 

  • Neural Basis of Eating and Swallowing  [in Japanese]

    YAMAMURA Kensuke

    近年脳血管障害の後遺症などで摂食・嚥下機能に障害をもつ患者が増加している。この私たちがふだん何気なく行っている「口から食べて飲む」という行為(摂食・嚥下)は、さまざまな運動要素が連続的・同時進行的に行われる複雑な運動である。また、それに伴いさまざまな感覚情報が生じ、これらは運動制御に利用されたり、大脳で認知され記憶にとどめられる。これらの機能を制御するのが脳であり、摂食・嚥下を営むためには脳のさま …

    KAGAKU TO SEIBUTSU 51(5), 302-309, 2013-05-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • A Summary of the Faculty Development (FD) in the Niigata University Faculty of Dentistry and Future Prospects  [in Japanese]

    AJIMA Hisao , UOSHIMA Katsumi , ONO Kazuhiro , FUJII Noritaka , INOUE Makoto , YAMAMURA Kensuke , SAITOU Isao , OKIJI Takashi , TAKAGI Ritsuo , MAEDA Takeyasu

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 26(3), 349-353, 2010-12-20

    References (6)

  • Development and research perspective of the system eliciting swallowing in humans  [in Japanese]

    山村 健介 , 北川 純一 , Yamamura Kensuke , Kitagawa Junichi

    新潟歯学会雑誌 40(2), 171-173, 2010-12

    IR  Ichushi Web 

  • The Electromyographic Activities of Jaw Musculature in Normal Feeding in the Free-moving Mouse  [in Japanese]

    KUROSE Naoko , KUROSE Masayuki , YAMAMURA Kensuke , TAKATSUJI Hanako , UTSUMI Dai , YAMADA Yoshiaki

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 20(2), 113-121, 2010-11-30

    Ichushi Web  References (18)

  • A study on health support in the health service rooms in correspondence course high schools : Problems and actual conditions of health support in the health service rooms in correspondence course high schools with full-time Yogo teachers  [in Japanese]

    増田 明美 , 山田 好秋 , 山村 健介 , Masuda Akemi , Yamada Yoshiaki , Yamamura Kensuke

    通信制高等学校保健室における課題と健康支援の実態を明らかにし,健康支援プログラム作成のための指針を得ることを目的に,通信制高等学校保健室の常勤の養護教諭12 人を対象とした半構成的面接を行った。面接内容はKJ法を使用し分類した。その結果,通信制保健室の課題として【生徒の健康状態の把握困難】【生徒の多様な健康問題】【通信制保健室体制】【健康診断】【養護教諭の健康支援】の5つが抽出された。それに対して …

    新潟歯学会雑誌 40(1), 41-51, 2010-06

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Current Status of Nursing Care and Welfare Facilities for the Elderly and its Self Evaluation by Care Staff  [in Japanese]

    鈴木 温子 , 山田 好秋 , 山村 健介 , Suzuki Atsuko , Yamada Yoshiaki , Yamamura Kensuke

    目的:厚生労働省は平成14 年,「福祉サービスにおける危機管理(リスクマネジメント)に関する取り組み指針」により,「質の高いサービスを提供することによって多くの事故が未然に回避できる」という指針を発表し,リスクマネジメントのあり方については福祉サービスの質の向上に向けた取り組みがまずは重要であると位置づけた。また,そのためには経営者の役割や責任が重要になることも指摘し,リスクマネジメントの視点を入 …

    新潟歯学会雑誌 40(1), 29-40, 2010-06

    IR  Ichushi Web 

  • Involvement of taste in swallowing reflex  [in Japanese]

    Yamada Yoshiaki , Takatsuji Hanako , Kitagawa Junichi , Yamamura Kensuke

    高齢者社会に突入した現在の日本において、食事を口腔から摂取することが困難な患者が増加していることが、しばしば医療および介護の現場で問題になっている。我々の研究室では、摂食・嚥下障害の問題を解決するための応用研究に取り組んでいる。これまでの嚥下誘発に関する動物実験を詳細に検討し、ヒト経鼻的電極を考案した。ヒトの咽頭領域へ電気刺激を与えることにより、再現性のある嚥下誘発方法を開発した。さらに、実際の食 …

    The Japanese Journal of Taste and Smell Research 17(2), 127-132, 2010

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • これからの咀嚼学の発展のために今考えておくべきこと  [in Japanese]

    山村 健介

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 19(2), 65-66, 2009-11-30

  • Various issues involving meal and health through the viewpoint of dentistry  [in Japanese]

    山村 健介

    Niigata medical journal 123(6), 281-284, 2009-06

  • Various Issues Involving Meal and Health Through the Viewpoint of Dentistry (Topics on Diet and Health)  [in Japanese]

    山村 健介 , Yamamura Kensuke

    近年の我が国の社会経済構造等の変化に伴い「食」に関する様々な問題が顕在化しているが, 歯学的な観点からこれらの問題を考えると, 内含している問題点がライフステージにより異なる. 高齢者においては平均寿命の延伸に伴い咀嚼・嚥下機能に障害を持つ要介護者が増加してきたことと, 歯の喪失を予防する歯科保健対策が不十分であったことに起因する高い歯の喪失率による咀嚼能力の低下が問題である. 一方歯科保健対策の …

    新潟医学会雑誌 123(6), 281-284, 2009-06

    IR 

  • Classification of Rice Crackers Based on Hardness  [in Japanese]

    TAKAHASHI Hajime , ITOU Akira , YAMAMURA Kensuke , ARAI Eiko , YAMADA Yoshiaki

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 19(1), 29-38, 2009-05-31

    References (17) Cited by (2)

  • 咀嚼時口腔感覚認知における大脳皮質の役割  [in Japanese]

    山村 健介

    日本病態生理学会雑誌 = Japanese journal of pathophysiology 18(1), 68-70, 2009-05-20

    References (1)

  • 口腔ケアの継続指導による味覚閾値の変化  [in Japanese]

    高野 弘子 , 松田 みどり , 山村 健介 , 黒瀬 雅之 , 藤山 理恵 , 山田 好秋

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 18(2), 187-188, 2008-11-30

  • 口腔体操の実施による障害者の口腔内状況の変化  [in Japanese]

    松田 みどり , 高野 弘子 , 山村 健介 , 黒瀬 雅之 , 山田 好秋

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 18(2), 185-186, 2008-11-30

  • 米菓の硬さについての研究  [in Japanese]

    高橋 肇 , 伊藤 彰 , 山村 健介 , 新井 映子 , 山田 好秋

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 18(2), 147-148, 2008-11-30

  • Further insights into masticatory movements  [in Japanese]

    山田 好秋 , 黒瀬 雅之 , 山村 健介 , Yamada Yoshiaki , Kurose Masayuki , Yamamura Kensuke

    新潟歯学会雑誌 38(1), 27-29, 2008-06

    IR  Ichushi Web 

  • Activity of the cerebral cortex during intraoral form-discrimination task measured by functional near-infrared spectroscopy

    Yamamura Kensuke , Kurose Masayuki , Hossain MD Zakir , Yamada Yoshiaki

    The importance of somatosensory information arising from intraoral mechanoreceptors in intraoral sensory discrimination (e.g. detecting position, consistency, size and shape of an object in the oral c …

    Proceedings of Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2008(0), 145-145, 2008

    J-STAGE 

  • 幼児・学童向け米菓の研究 : 摂食行動の認知期前頭皮質活動と咀嚼期咀嚼筋活動に及ぼす効果  [in Japanese]

    高橋 肇 , 山村 健介 , 伊藤 彰 , 泰羅 雅登 , 山田 好秋

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 17(2), 109-110, 2007-11-30

    Ichushi Web 

  • 形状の異なる米菓の口腔内形状弁別タスク時の大脳皮質血流変化  [in Japanese]

    山村 健介 , 高橋 肇 , 黒瀬 雅之 , HOSSAIN Zakir MD , 山田 好秋

    日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion 17(2), 107-108, 2007-11-30

    Ichushi Web 

  • 1 / 4
Page Top