野木 義史 NOGI Yoshifumi

Articles:  1-19 of 19

  • 南極プレート-インド洋区の地震活動の時空間分布 (フロンティア地震学の最前線)  [in Japanese]

    金尾 政紀 , 野木 義史 , 坪井 誠司

    Chikyu monthly 28(9), 618-622, 2006-09

  • Magnetic survey in Ongul Strait, Lutzow-Holm Bay, East Antarctica

    Wakino Sadanori , Funaki Minoru , Nogi Yoshifumi

    第35次南極地域観測において, 東南極, リュツォ・ホルム湾, オングル海峡で地磁気全磁力測定を行った。オングル海峡では, 南北および北北西-南南東走行の地磁気異常が観測された。オングル海峡の南西部以外では, 負の地磁気異常が卓越する。また, 地磁気異常は, 約-100nTから80nTの間で変化している。

    Antarctic record 45(1), 43-49, 2001-03

  • Report of workshop "Future research plans for solid Earth sciences in the Antarctic Ocean" (in Japanese)  [in Japanese]

    Nogi Yoshifumi

    2000年2月17日に「南極海での地球科学的研究の将来計画」に関する研究小集会を行った。本研究小集会は, 南極海での固体地球科学の分野での現在の様々な問題点を明確にし, 国内外の観測船の動向を把握する事により, 将来の南極海での固体地球科学的調査計画の具体化を目的とした。本研究小集会を通じて, 南極海での固体地球科学的観測の重要性を再認識し, 今後, 本研究小集会参加者を中心に観測計画を現実化に向 …

    Antarctic record 44(2), 227-231, 2000-07

  • Interferometric SAR Images Derived from ERS-1/2 Tandem Mission Data Acquired at Syowa Station, Antarctica  [in Japanese]

    DOI Koichiro , SHIBUYA Kazuo , NOGI Yoshifumi , OZAWA Taku

    測地学会誌 45(4), 351-354, 1999-12-01

    References (8)

  • Report of the meeting on the Antarctic great earthquake and the evolution of the Antarctic Plate (in Japanese)  [in Japanese]

    Nogi Yoshifumi

    1999年2月12日に「1998年3月25日の南極地震と南極プレートの進化に関する研究集会」を行った。本研究集会は, ゴンドワナ分裂から今日までの南極プレートの進化, 現在の動き, 変形等を様々な側面から総合的に検証することにより, 1998年3月25日の南極プレート内の巨大地震を再検討し, この地震の原因にせまることを主たる目的とした。さらに, 南極プレートの研究の現状と問題点を明らかにし, こ …

    Antarctic record 43(2), 366-373, 1999-07

  • New seismic monitoring observation system and data accessibility at Syowa Station  [in Japanese]

    金尾 政紀 , 神沼 克伊 , 渋谷 和雄 , 野木 義史 , 根岸 弘明 , 東野 陽子 , 東 敏博 , Masaki Kanao , Katsutada Kaminuma , Kazuo Shibuya , Yoshifumi Nogi , Hiroaki Negishi , Yoko Tono , Toshihiro Higashi

    1997年度(第38次日本南極地域観測隊;以下JARE-38と略す)を中心に, これまで定常観測で行われてきた地震観測システムが, ハード及びソフト両面共に大幅に更新された。特に, 建造以来25年以上が経過し, 施設の老朽化が指摘されていた旧地震感震器室を閉じ, 器材をすべて撤収した。そして1996年度(JARE-37)に建設した新地震計室へ, 短周期(HES)及び広帯域(STS-1)地震計を移設 …

    南極資料 = Antarctic Record 43(1), 16-44, 1999-03

    IR  DOI 

  • New seismic monitoring observation system and data accessibility at Syowa Station (in Japanese)  [in Japanese]

    Kanao Masaki , Kaminuma Katsutada , Shibuya Kazuo , Nogi Yoshifumi , Negishi Hiroaki , Tono Yoko , Higashi Toshihiro

    1997年度(第38次日本南極地域観測隊;以下JARE-38と略す)を中心に, これまで定常観測で行われてきた地震観測システムが, ハード及びソフト両面共に大幅に更新された。特に, 建造以来25年以上が経過し, 施設の老朽化が指摘されていた旧地震感震器室を閉じ, 器材をすべて撤収した。そして1996年度(JARE-37)に建設した新地震計室へ, 短周期(HES)及び広帯域(STS-1)地震計を移設 …

    Antarctic record 43(1), 16-44, 1999-03

  • Block motions and intraplate deformation around Macquarie triple junction  [in Japanese]

    KUBO Atsuki , NOGI Yoshifumi

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1998(2), 1998-10-09

    References (3)

  • New seismographic room and aquisition system at Syowa Station and seismic data accessibility  [in Japanese]

    KANAO Masaki , NEGISHI Hiroaki , TONO Yoko , NAKANISHI Takashi , HIGASHI Toshihiro , NOGI Yoshifumi , KAMINUMA Katsutada , SHIBUYA Kazuo

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1998(2), 1998-10-09

  • Surveys of seamounts in the Southern Indian Ocean during the 37th and 38th Japanese Antarctic Research Expedition in 1995 and 1996  [in Japanese]

    野木 義史 , 金尾 政紀 , 神沼 克伊 , Yoshifumi Nogi , Masaki Kanao , Katsutada Kaminuma

    第37・38次南極地域観測(JARE-37,JARE-38)の航路の南インド洋で海山調査を行い, 砕氷船「しらせ」で現在までに海図に記されていない海山を同定した。1995年12月JARE-37では57°S, 98°E付近の海域で詳しい調査を行い, 56°59.41′S, 98°05.51′Eで海山の最も浅い部分, 水深約983mを記録した。この海山の海平原からの高さは3400m以上, 半径は約20 …

    南極資料 = Antarctic Record 42(1), 81-90, 1998-03

    IR  DOI 

  • Surveys of seamounts in the Southern Indian Ocean during the 37th and 38th Japanese Antarctic Research Expedition in 1995 and 1996 (in Japanese)  [in Japanese]

    Nogi Yoshifumi , Kanao Masaki , Kaminuma Katsutada

    第37・38次南極地域観測(JARE-37,JARE-38)の航路の南インド洋で海山調査を行い, 砕氷船「しらせ」で現在までに海図に記されていない海山を同定した。1995年12月JARE-37では57°S, 98°E付近の海域で詳しい調査を行い, 56°59.41′S, 98°05.51′Eで海山の最も浅い部分, 水深約983mを記録した。この海山の海平原からの高さは3400m以上, 半径は約20 …

    Antarctic record 42(1), 81-90, 1998-03

  • An intraplate earthquake occurred near Syowa station, Antarctica  [in Japanese]

    NEGISHI Hiroaki , NOGI Yoshifumi , KAMINUMA Katsutada

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1997(2), 1997-09-15

  • Gridded data of MAGSAT crustal magnetic anomalies in the Antarctic region

    渋谷 和雄 , 野木 義史 , 竹中 潤

    Antarctic record 39(3), 243-251, 1995-11

  • Transfer, Archives and Public Use of Digital Data for Solid Earth Geophysics at Syowa Station, Antarctica by Computer Network  [in Japanese]

    金尾 政紀 , 神沼 克伊 , 渋谷 和雄 , 野木 義史 , Masaki KANAO , Katsutada KAMINUMA , Kazuo SHIBUYA , Yoshifumi NOGI

    インマルサット衛星を利用した昭和基地(69.0°S, 39.6°E)の固体地球物理学データの伝送は, 第34次日本南極地域観測隊(JARE-34)から試験的に開始された。JARE-35は, 伝送用ワークステーションを地学棟に持ち込み, 国立極地研究所へのUUCP (Unix-to-Unix Copy)接続による伝送を開始した。JARE-36においては, データ伝送を継続すると共に, 観測状況などの …

    南極資料 = Antarctic Record 39(3), 303-320, 1995-11

    IR  DOI 

  • Gridded Data of MAGSAT Crustal Magnetic Anomalies in the Antarctic Region

    渋谷 和雄 , 野木 義史 , 竹中 潤 , Kazuo SHIBUYA , Yoshifumi NOGI , Jun TAKENAKA

    MAGSAT衛星の三成分フラックスゲート磁力計データを用いて合成された全磁力値から主磁場及びMPDF法により得られる極域擾乱外部磁場を除去した南極域での地殼磁気異常がJ. TAKENAKA et al. (J. Geomagn.Geoelectr., 43,525,1991)によって求められている。我々は彼らの作成した3°×3°メッシュデータをもとに, 1°×1°メッシュの内挿格子点データをGMT …

    南極資料 = Antarctic Record 39(3), 243-251, 1995-11

    IR  DOI 

  • Transfer, Archives and Public Use of Digital Data for Solid Earth Geophysics at Syowa Station, Antarctica by Computer Network  [in Japanese]

    KANAO Masaki , KAMINUMA Katsutada , SHIBUYA Kazuo , NOGI Yoshifumi

    インマルサット衛星を利用した昭和基地(69.0°S, 39.6°E)の固体地球物理学データの伝送は, 第34次日本南極地域観測隊(JARE-34)から試験的に開始された。JARE-35は, 伝送用ワークステーションを地学棟に持ち込み, 国立極地研究所へのUUCP (Unix-to-Unix Copy)接続による伝送を開始した。JARE-36においては, データ伝送を継続すると共に, 観測状況などの …

    Antarctic record 39(3), 303-320, 1995-11

  • Gridded Data of MAGSAT Crustal Magnetic Anomalies in the Antarctic Region

    SHIBUYA Kazuo , NOGI Yoshifumi , TAKENAKA Jun

    MAGSAT衛星の三成分フラックスゲート磁力計データを用いて合成された全磁力値から主磁場及びMPDF法により得られる極域擾乱外部磁場を除去した南極域での地殼磁気異常がJ. TAKENAKA et al. (J. Geomagn.Geoelectr., 43,525,1991)によって求められている。我々は彼らの作成した3°×3°メッシュデータをもとに, 1°×1°メッシュの内挿格子点データをGMT …

    Antarctic record 39(3), 243-251, 1995-11

  • Measurement of geomagnetic field at sea during JARE-30, 1988-1989  [in Japanese]

    野木 義史 , 島 伸和 , 伊勢崎 修弘 , 船木 實 , 神沼 克伊 , Yoshifumi Nogi , Nobukazu Seama , Nobuhiro Isezaki , Minoru Funaki , Katsutada Kaminuma

    第30次南極地域観測において, 船上地磁気3成分磁力計による地磁気3成分測定およびプロトン磁力計による地磁気全磁力測定の同時観測を行った。プロトン磁力計の全磁力測定から船速の違いによるノイズの変化が見られた。このノイズの変化は, 船速が速くなりセンサーが不安定になることによって引き起こされたと考えられる。船上地磁気3成分測定からは, 船の船首方位の細かな揺動による短波長のノイズが見られた。船上地磁 …

    南極資料 = Antarctic Record 34(3), 346-356, 1990-11

    IR  DOI 

  • Measurement of geomagnetic field at sea during JARE-30, 1988-1989 (in Japanese)  [in Japanese]

    Nogi Yoshifumi , Seama Nobukazu , Isezaki Nobuhiro , Funaki Minoru , Kaminuma Katsutada

    第30次南極地域観測において, 船上地磁気3成分磁力計による地磁気3成分測定およびプロトン磁力計による地磁気全磁力測定の同時観測を行った。プロトン磁力計の全磁力測定から船速の違いによるノイズの変化が見られた。このノイズの変化は, 船速が速くなりセンサーが不安定になることによって引き起こされたと考えられる。船上地磁気3成分測定からは, 船の船首方位の細かな揺動による短波長のノイズが見られた。船上地磁 …

    Antarctic record 34(3), p346-356, 1990-11

Page Top