中西 秀男 NAKANISHI Hideo

ID:1000090294818

高知大学人文社会科学系 Humanities and Sociology Cluster, Kochi University (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Sensory Perception Mechanism on Softness under Passive Touch Condition  [in Japanese]

    FUJITA Naofumi , IRIE Takashi , NAKANISHI Hideo , OHTA Manabu

    手で物に触れるときのやわらかさには,「硬さ」の次元と「弾力」の次元がある.一方,物理計測によるやわらかさ(コンプライアンス)は平衡弾性係数と緩和弾性係数を用いたマクスウェルモデルによる表現が可能である.指を軟物体に自由に押し込むアクティブタッチ条件では,「硬さ」と「弾力」の感性評価にはともに平衡弾性係数の寄与が大きく,「硬さ」には緩和弾性係数が正の寄与を,「弾力」には負の寄与をしていることが報告さ …

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 94(8), 657-665, 2011-08-01

    References (15)

  • Sensory Perception Mechanism of Soft Objects with Different Mechanical Properties in Pressing and Returning Conditions  [in Japanese]

    IRIE Takashi , NAKANISHI Hideo , URAGAKI Hiroshi , FUJITA Naofumi

    力覚呈示装置を利用して押し込むとき(往路)と返るとき(復路)の力学特性が異なる仮想軟物体を作成し,その硬さについての官能評価実験を行うことにより,往路と復路の力学情報がどのように硬さ評価に影響しているのか明らかにする.ヒトが軟物体の硬さ評価を行うときには,手指を対象物に押し込み,戻すという行為を何度か繰り返す.この押し込み運動を往路と復路に分けたとき,ヒトは往路の特性を重視して硬さ評価を行うであろ …

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 94(3), 206-213, 2011-03-01

    References (21)

  • Sensory Perception Mechanism on Softness  [in Japanese]

    IRIE Takashi , FUJITA Naofumi , NAKANISHI Hideo , OHTA Manabu

    軟物体に手で触れるときに感じるやわらかさには,「かたさ-やわらかさ」の次元と「弾力」の次元がある.これまでの研究では,心理的なやわらかさを単にばねの性質として理解することが多く,両者を区別して議論することはなかった.軟物体の力学的特性は,平衡弾性係数と緩和弾性係数を用いたマクスウェルモデルによる表現が可能である.本論文では,感性評価実験による心理量と力学特性計測による軟物体の粘弾性係数との関連につ …

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 91(1), 162-171, 2008-01-01

    References (13) Cited by (4)

  • Sensory Information Processing on Softness Under Passive Touch Condition  [in Japanese]

    FUJITA Naofumi , IRIE Takashi , NAKANISHI Hideo , OHTA Manabu

    手で物に触れる際のやわらかさには、「かたさ」の次元と「弾力」の次元がある。一方、物理計測によるやわらかさ(コンプライアンス)は平衡弾性係数と緩和弾性係数を用いたMaxwellモデルによる表現が可能である。以前の我々の報告においてアクティブタッチの条件下では、「かたさ」も「弾力」も平衡弾性係数の寄与が大きいが、「かたさ」は緩和弾性係数が正の寄与をしており、「弾力」は負の寄与をしていることがわかってい …

    IEICE technical report 107(369), 67-72, 2007-11-29

    References (9)

  • Sensory Information Processing on Softness  [in Japanese]

    FUJITA Naofumi , IRIE Takashi , NAKANISHI Hideo , OHTA Manabu

    手で物に触れる際のやわらかさには、「かたさ」の次元と「弾力」の次元がある。一方、物理計測によるやわらかさ(コンプライアンス)は平衡弾性係数と緩和弾性係数を用いたMaxwell modelによる表現が可能である。心理量と物理量の関連について調べてみると、「かたさ」も「弾力」も平衡弾性係数の寄与が大きいが、「かたさ」は緩和弾性係数が正の寄与をしており、「弾力」は負の寄与をしていることがわかった。

    IEICE technical report 105(479), 63-68, 2005-12-15

    References (7)

  • 3軸力覚プローブを用いた応力測定システム  [in Japanese]

    入江 隆 , 中西 秀男 , 藤田 尚文

    Bulltin of the Faculty of Education, Kochi University (65), 55-60, 2005-03

  • Relation between Visco-Elasticities of Soft Medium and Hardness Evaluation with Fingers  [in Japanese]

    IRIE Takashi , NAKANISHI Hideo , FUJITA Naofumi

    これまでに,手指による触診の定量化を目的とした様々な「硬さ」計測器が開発され,軟物体の「硬さ」を表す指標も数多く提案されているが,ヒトによる「硬さ」評価との対応は十分ではなかった.また,提案されている「硬さ」指標において粘性の扱いがそれぞれ異なっており,手指により知覚している「硬さ」に粘性が関与するのかについて,いまだ合意が得られていないのが現状である.手指による「硬さ」知覚と計測器による測定の最 …

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A 87(10), 1329-1338, 2004-10-01

    References (16) Cited by (3)

  • Hardness Evaluation of Soft Objects with Different Thicknesses  [in Japanese]

    Irie Takashi , Nakanishi Hideo , Fujita Naofumi

    A man applies load on a soft object with his fingers to evaluate its hardness and detects a force, deformation and touch sensation. As soft objects in our environment are finite, the boundary conditio …

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 9(1), 27-34, 2004

    J-STAGE  References (13) Cited by (1)

Page Top