堀 光代 Hori Mitsuyo

Articles:  1-20 of 83

  • 1 / 5
  • The knowledge and confidence of cooking procedures for students in college and vocational school  [in Japanese]

    平島 円 , 堀 光代 , 磯部 由香 , Hirashima Madoka , HORI Mitsuyo , ISOBE Yuka

    Surveys were conducted every April to investigate the knowledge and confidence of cooking procedures of 1, 149 freshmen(age 18-20)in college and vocational school from 2010 to 2013. The knowledge and …

    三重大学教育学部研究紀要. 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学・教育実践 = BULLETIN OF THE FACULTY OF EDUCATION MIE UNIVERSITY. Natural Science,Humanities,Social Science,Education,Educational Practice (68), 149-156, 2017-03-31

    IR 

  • A Study on the Difficulty of Knife Cuts among Students in College and Vocational School  [in Japanese]

    Hirashima Madoka , Isobe Yuka , Hori Mitsuyo

    2010年から2013年の4月に「切り方」の知識と自信度について調べるため,1,149名の大学および専門学校新入生に対してアンケート調査を行った。対象者は属性によりグループ分けをした。学生の切り方に対する知識と自信度(難易度)により,20種類の切り方は3つのグループに分けられた。これらの切り方の難易度は,性別,高等学校での学科,調理頻度,調理の好き嫌い,得意料理の有無,大学での専攻により異なること …

    Journal of Cookery Science of Japan 50(3), 104-113, 2017

    J-STAGE 

  • Home cooking of Gifu prefecture:Japanese sweets using seasonal ingredients from a field or mountain  [in Japanese]

    Tsuji Michiko , Yokoyama Machiko , Hori Mitsuyo , Nishiwaki Yasuko , Kimura Takako , Nagaya Ikuko , Banno Nobuko , Nagano Hiroko , Yamazawa Kazuko , Yamane Saki

    【目的】岐阜県に伝承されている家庭料理の中で、おやつとして食べられている料理の特徴についてまとめることを目的とした。<br />【方法】日本調理科学会特別研究「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」のガイドラインに沿い、岐阜県の家庭料理について平成24年~27年に聞き書き調査を行った。調査対象地域を岐阜、西濃、中濃、東濃、飛騨の5圏域に分類した。対象者は調査地で30年以上居住し、家庭の食事作 …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 29(0), 229, 2017

    J-STAGE 

  • The preservation of local home cooking traditions in gifu prefecture(part5)hida region  [in Japanese]

    Nagaya Ikuko , Yokoyama Machiko , Nagano Hiroko , Hori Mitsuyo , Yamazawa kazuko , Kimura Takako , Tsuji Michiko , Nishiwaki Yasuko , Banno Nobuko , Yamane Saki

    【目的】日本各地にはその自然環境で育まれた食材を利用した日常食及び行事食がある。しかし現代は地域の伝統的な料理が親から子へ伝承されにくい傾向にある。そこで1960~1970年頃までに定着した岐阜県飛騨地域の郷土料理について、当地域の生活環境や時代背景とともに聞き書き調査を実施した。<br />【方法】日本調理科学会「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」聞き書き調査に参画し、飛騨地域の大野郡 …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 29(0), 114, 2017

    J-STAGE 

  • Buddhist cuisine served after <em>Hoon-ko</em> in Shirakawa-go  [in Japanese]

    Hori Mitsuyo , Yamazawa Kazuko , Nagaya Ikuko

    【目的】岐阜県大野郡白川村(白川郷)では古くから浄土真宗の信仰が厚く、最大の行事である報恩講が11月~12月にかけて行われる。「報恩講」は親しみを込めて「ほんこさま」と呼ばれている。読経、法話の後に親戚・縁者と「ほんこさま」料理を囲み、1年の無事を感謝する。近年この行事も料理屋等で行うことが多くなった。そこで現在も「ほんこさま」料理を手作りする家庭の協力を得て、地域の食材の用い方や、料理の特徴等を …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 29(0), 115, 2017

    J-STAGE 

  • Effects of cooking classes with and without role-allocation on students' acquisition of cooking skills  [in Japanese]

    Hori Mitsuyo , Shibata Erika , Hirashima Madoka , Isobe Yuka

    <b>目的</b> 我々は高校卒業後に栄養士養成施設に入学した学生に対して調理の知識や技術について継続的に調査している。調理実習は料理を実践的に学べる科目であるが、個人ではなく4人程度のグループで行うことが多いため、実習で担当しない料理もある。今回は調理実習後に料理の担当の有無による調理技術の習得効果の比較を行った。また、実習前の料理名の認知度、喫食経験、調理経験についても …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 69(0), 272, 2017

    J-STAGE 

  • The primary factors for acquiring cooking skills for meal preparation among students in college and vocational school  [in Japanese]

    平島 円 , 磯部 由香 , 堀 光代

    食生活研究 36(2), 65-78, 2016

  • The preservation of local home cooking traditions in gifu prefecture (part 3) gifu region  [in Japanese]

    Hori Mitsuyo

    【目的】日本各地域には自然環境の中から育まれた食材を中心とした日常食または行事食がある。しかし現代は地域の伝統的な料理が親から子へ伝承されにくい傾向にある。そこで1960~1970年頃までに定着した岐阜県西濃地域の郷土料理とその暮らしの背景を明らかにする目的で聞き書き調査した。<br><br>【方法】「次世代に伝え次ぐ日本の家庭料理」聞き書き調査で、岐阜県西部の海津市、大垣 …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 28(0), 124, 2016

    J-STAGE 

  • Changes of cooking awareness and skills for college and vocational school students  [in Japanese]

    Hirashima Madoka , Hori Mitsuyo , Isobe Yuka

    <b>目的 </b>大学や専門学校へ入学した当初の学生は調理が好きだが,調理をする機会が少ない.そのため,調理への意識や調理技術の低い学生の多いことがこれまでの調査でわかっている.そこで本研究では,大学や専門学校の入学時と卒業時の学生の調理に対する意識と調理技術について調べ,在学中の変化を比較検討した.<br><b>方法</b> 2007 …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 68(0), 94, 2016

    J-STAGE 

  • A study of contributing factors for lore of the new year dishes of each home  [in Japanese]

    YAMAZAWA Kazuko , HORI Mitsuyo

    【目的】行事に因んだ食の伝承基盤は家庭にあり、各家庭で行事食を大切に伝え継いでいくことは先人の知恵や行事食の由来を学び、家族の絆を深める良い機会と考えられる。本研究では、日本の伝統的行事のなかでも認知度の高い「正月」に焦点を当て「家庭の正月料理」伝承のために有効な因子を明らかとすることを目的とした。<br> 【方法】平成24及び25年1月1〜5日に正月料理の準備への関わり …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 68(0), 177, 2016

    J-STAGE 

  • The primary factors for acquiring cooking skills for meal preparation among students in college and vocational school  [in Japanese]

    平島 円 , 磯部 由香 , 堀 光代

    食生活研究 36(1), 1-14, 2015

  • Factors affecting knowledge of cutting ways and confidence in cooking operation of cutting among college and students  [in Japanese]

    Hirashima Madoka , Hori Mitsuyo , Isobe Yuka , Nagano Hiroko

    <br><br><b>【目的】</b>調理操作としての「切る」操作は,調理技術に自信を持つために重要な操作と考えられる。昨年度はアンケート結果から難易度により「切り方」を区分し,学生の専攻が「切り方」の知識と自信度に影響を及ぼすことを報告した。今回は,性別や調理頻度などの要因が学生の「切る」調理操作の知識や自信度の違いに及ぼす影響について検討した。& …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 27(0), 41, 2015

    J-STAGE 

  • The preservation of local home cooking traditions in gifu prefecture(part1)gifu region  [in Japanese]

    Kimura Takako , Yamazawa Kazuko , Hori Mitsuyo , Nagaya Ikuko , Yokoyama Machiko , Tuji Michiko , Kawada Yuka , Toki Nobuko , Nagano Hiroko , Nisiwaki Yasuko , Yamane Saki

    【目的】日本各地には、各地域の自然環境の中から育まれた食材を中心とした日常食または行事食がある。しかし現代は、地域の伝統的な料理が親から子へ伝承されにくい傾向にある。そこで1960~1970年頃までに定着してきた岐阜県岐阜地域の郷土料理と、その暮らしの背景を明らかにするために聞き書き調査を実施した。<br>【方法】日本調理科学会「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」調査に参画し、岐阜県岐阜 …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 27(0), 180, 2015

    J-STAGE 

  • The preservation of local home cooking traditions in gifu prefecture (part 2) tono region  [in Japanese]

    Toki Nobuko , Yamazawa Kazuko , Hori Mitsuyo , Yamane Saki , Nagano Hiroko , Kawada Yuka , Kimura Takako , Tuji Michiko , Nagaya Ikuko , Nisiwaki Yasuko , Yokoyama Machiko

    【目的】日本各地には、各地域の自然環境の中から育まれた食材を中心とした日常食または行事食がある。しかし現代は、地域の伝統的な料理が親から子へ伝承されにくい傾向にある。そこで1960~1970年頃までに定着してきた岐阜県東濃地域の郷土料理と、その暮らしの背景を明らかにするために聞き書き調査を実施した。<br>【方法】日本調理科学会「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」調査に参画し、岐阜県東濃 …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 27(0), 181, 2015

    J-STAGE 

  • Survey of Microbial Contamination in Commercial Pre-cut Spring onion

    Hori Mitsuyo

    <b>目的</b>野菜を生食用として用いる場合には洗浄工程や汚染状態の確認が重要となる。市販カットねぎは、家庭や飲食店等で使用され、特に麺類の薬味などに年間を通じて需要がある。今回はパック包装された市販カットねぎを試料とし、購入直後から消費期限後の細菌数の変化および気温や室温に差がみられる時期の細菌数の変化について調査した。<br><b>方法< …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 67(0), 6, 2015

    J-STAGE 

  • Cooking Habits of Freshmen in College and Vocational College  [in Japanese]

    Hirashima Madoka , Isobe Yuka , Hori Mitsuyo

    2007年から2012年の4月に大学,短大および専門学校の新入生に対して調理に対する意識について調べるためにアンケート調査を行った。対象者は合計1,611名で,18~20歳だった。性別は男性18.5%,女性81.5%だった。アンケート調査の結果より,彼らの調理頻度は低かったが,調理することが好きで,調理する機会を増やしたいと思っていることがわかった。また,対象者をアンケート項目により分類し,分析を …

    Journal of Cookery Science of Japan 48(3), 207-215, 2015

    J-STAGE 

  • Approaches to the Introduction of Locally Produced Food and Local Cuisines in School Lunch Programs in Gifu  [in Japanese]

    Nishiwaki Yasuko , Hori Mitsuyo

    Bulletin of Gifu Shotoku Gakuen University Junior College 47, 11-22, 2015

    IR 

  • The classification of cutting ways by cooking skills among college students  [in Japanese]

    Isobe Yuka , Hirashima madoka , Hori Mitsuyo , Nagano Hiroko

    <b>【目的】</b>調理の重要な操作として「切り方」が挙げられる。本研究では,大学の調理実習で「切り方」の扱うための知見を得ることを目的とし,大学生と専門学校新入生の「切り方」の知識とその操作を行う自信度について分析し,学生の調理技術について検討した。<br> <b>【方法】</b>2010~2013年に大学・短大・専門学校に入学した学 …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 26(0), 4, 2014

    J-STAGE 

  • Utilizations of Cutting Board at Home and its Bacterial Contamination

    Hori Mitsuyo

    <b>目的</b> 食中毒の予防は、食品に接触する調理器具の取り扱いによる二次汚染を防ぐことが重要となる。まな板は、包丁とともに、調理の際にさまざまな食材に接するため、洗浄、除菌、殺菌に対する注意が不可欠である。本研究では、家庭で日常的に使用しているまな板についてのアンケート調査と、調理後のまな板について微生物汚染調査を行った。<br><b>方法&l …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 66(0), 79, 2014

    J-STAGE 

  • Awareness of cooking among college students after taking cooking classes

    Hirashima Madoka , Hori Mitsuyo , Isobe Yuka , Nagano Hiroko

    <b>目的</b> 現在の大学生や短期大学生は,料理をする機会が少なく,調理への意識や調理技術が低いことは当然となりつつある.そこで本研究では,大学で行われる調理実習の履修により,調理に対する意識の変化について検討した.<br><b>方法</b> 2008~2012年の4月に大学および短期大学に入学した新入生467人を対象とし,調理の意識 …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 66(0), 229, 2014

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top