大西 秀明 ONISHI Hideaki

ID:1000090339953

新潟医療福祉大学運動機能医科学研究所 Niigata University of Health and Welfare Institute for Human Movement and Medical Sciences (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 91

  • 1 / 5
  • The effect of taping on pain-related somatosensory evoked potentials (pSEPs)  [in Japanese]

    Yamashiro Koya , Sato Daisuke , Onishi Hideaki , Nakazawa Sho , Shimojo Hirofumi , Yamazaki Yudai , Maruyama Atsuo

    Taping is widely used in sports medicine to prevent injury, protect affected sites post injury and relieve pain. However, it is not clear whether taping affects the perception of noxious stimulation b …

    Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 65(4), 393-400, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Effects of Afferent Inhibition Using Electrical Stimulation on Short-interval Intracortical Inhibition and Intracortical Facilitation  [in Japanese]

    KOJIMA Sho , MIYAGUCHI Shota , KOTAN Shinichi , KIRIMOTO Hikari , TAMAKI Hiroyuki , ONISHI Hideaki

    【目的】本研究の目的は,末梢電気刺激による求心性抑制が二連発磁気刺激による短間隔皮質内抑制および皮質内促通に及ぼす影響を明らかにすることとした。【方法】対象は健常成人12 名であった。磁気刺激による運動誘発電位(Motor evoked potentials;MEP)の記録条件は,二連発磁気刺激の2 条件(短間隔皮質内性抑制,皮質内促通)および求心性抑制の2 条件(短潜時求心性抑制,長潜時求心性抑 …

    Physical Therapy Japan 43(2), 82-89, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effects of word processing task on intracortical inhibition circuits in the ipsilateral primary motor cortex  [in Japanese]

    Matsumoto Takuya , Kirimoto Hikari , Miyaguchi Shota , Onishi Hideaki , Tamaki Hiroyuki

    本研究では手指運動課題が持つ目的の明確性の違いが同側一次運動野 (M1) 内の短潜時および長潜時皮質内抑制 (SICI, LICI) に及ぼす影響について検討した。10名の右利き健常被験者が右示指で机上でのタッピング, 机上に投影されたレーザーキーボードへの実単語または疑似単語の入力を行った。安静時および運動課題時に運動肢と同側M1への単発および2連発経頭蓋磁気刺激 (TMS) を行い, 左第一背 …

    Japanese Journal of Clinical Neurophysiology 43(2), 70-78, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Modulation of Cortical Excitability by Transcranial Direct Current Stimulation  [in Japanese]

    MIYAGUCHI Shota , ONISHI Hideaki , KOJIMA Sho , SUGAWARA Kazuhiro , KIRIMOTO Hikari , TAMAKI Hiroyuki , YAMAMOTO Noriaki

    【目的】本研究の目的は,電流強度および電極貼付部位の違いが経頭蓋直流電流刺激(transcranial direct current stimulation;以下,tDCS)の効果に与える影響を明らかにすることとした。【方法】対象は健常成人9名とした。tDCS介入条件は,陽極電極を左一次運動野領域に貼付し,陰極電極を対側前額部または対側一次運動野領域(bilateral tDCS)に貼付し,1.0 …

    Physical Therapy Japan 42(3), 213-219, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Fundamental Physical Therapy for Central Nervous System Lesion  [in Japanese]

    Onishi Hideaki

    Physical Therapy Japan 41(4), 184-187, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The effect of elastic-taping on long-latency somatosensory evoked potentials (SEPs)  [in Japanese]

    YAMASHIRO Koya , SATO Daisuke , YOSHIDA Takuya , ISHIKAWA Tomoji , ONISHI Hideaki , MARUYAMA Atsuo

    Taping is widely used by sports trainers to prevent injury and to protect affected sites post-injury. However, it is not clear whether taping affect the perception of somatosensory stimulation. We sou …

    Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 61(3), 307-312, 2012-06-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (27)

  • 理学療法士のキャリアモデル 教育者として (特集 理学療法士のキャリアデザイン)  [in Japanese]

    大西 秀明

    理学療法ジャーナル 46(5), 408-410, 2012-05

    Ichushi Web 

  • 近赤外分光法での脳活動計測における血圧変動の影響  [in Japanese]

    椿 淳裕 , 古沢 アドリアネ明美 , 小島 翔 , 菅原 和広 , 大西 秀明

    【目的】 リハビリテーションの分野では,非侵襲的で時間分解能に優れた近赤外線分光法(NIRS)を用いた粗大運動時の脳活動を計測する研究が行われている.この方法は,近赤外線光に対する吸光度の違いによる酸素化ヘモグロビン(O<sub>2</sub>Hb)と脱酸素化ヘモグロビンの濃度変化量によって脳活動を測定するものである.脳の神経活動をほぼリアルタイムに長時間の連続測定が可能で …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Ae0048-Ae0048, 2012

    J-STAGE 

  • 視覚提示方法の違いが運動遂行能力および運動準備過程に及ぼす影響  [in Japanese]

    菅原 和広 , 亀山 茂樹 , 大西 秀明 , 相馬 俊雄 , 大山 峰生 , 山代 幸哉 , 椿 淳裕 , 桐本 光 , 田巻 弘之 , 村上 博淳

    【はじめに、目的】 非侵襲的脳機能測定法には脳磁図(MEG)や脳波および機能的核磁気共鳴画像法,機能的近赤外分光法,陽電子放射断層撮影といった方法がある.MEGは導電率の影響を受けないため脳波に比べ空間分解能が高く,また時間分解能が著しく高いためミリ秒単位で脳活動を解析することができる.しかし,測定室内では金属類の使用ができないことなどから,運動遂行時の脳磁界に関する研究報告は少ない.随意運動時の …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Ab0433-Ab0433, 2012

    J-STAGE 

  • 能動的触覚にかかわる脳活動について  [in Japanese]

    大西 秀明 , 菅原 和広 , 大山 峰生 , 相馬 俊雄 , 桐本 光 , 田巻 弘之 , 村上 博淳 , 亀山 茂樹

    【はじめに、目的】 自発運動時の脳活動を脳磁界計測装置で計測すると「運動関連脳磁界」波形が観察される.この波形は3つの著明な振幅から構成され,それぞれ「運動磁界」,「運動誘発磁界第一成分(Movement Evoked Magnetic field 1; MEF1)」,「運動誘発磁界第二成分(MEF2)」とよばれ多くの報告がある.また,体性感覚刺激時に導出される「体性感覚誘発磁界」に関する報告も多 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Aa0890-Aa0890, 2012

    J-STAGE 

  • Effects of Mental Stress on the Pain-related SEP  [in Japanese]

    SATO Yoichi , ONISHI Hideaki

    【目的】本研究の目的は,精神的なストレスが主観的痛み感覚と大脳皮質活動に及ぼす影響をあきらかにすることである。【対象および方法】対象は健常男性20名であり,課題群10名と対象群10名に振り分けた。精神的ストレス課題として内田クレペリン試験を用い,課題前後で痛み関連体性感覚誘発電位(Pain-related Somatosensory Evoked Potential,Pain-related SE …

    Physical Therapy Japan 39(7), 404-409, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web  References (28)

  • Human Motor Cortex Oxygenation Measured by NIRS during Ergometer Exercise  [in Japanese]

    NAKABAYASHI MIYOKO , ONISHI HIDEAKI , FURUSAWA ADREANE A.

    〔目的〕本研究の目的は,近赤外光イメージング装置を用いて,軽負荷での自転車駆動中における大脳感覚運動野下肢領域の活動と運動負荷量との関係および皮質活動の時間的変化を明らかにすることである.〔方法〕対象は健常成人9名とした.運動課題は,一定の仕事率および回転数で駆動する4課題と,駆動途中で回転数のみを変化させる2課題である.全課題とも3セット連続で行い,駆動開始直後から5秒間ごとの時間区分(区間)に …

    Rigakuryoho Kagaku 26(2), 239-245, 2011-04-20

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (31)

  • 示指指神経に対する触圧覚刺激の体性感覚誘発脳磁界  [in Japanese]

    大山 峰生 , 大西 秀明 , 相馬 俊雄 [他] , 桐本 光 , 村上 博淳 , 亀山 茂樹

    The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 27(4), 355-358, 2011-01-24

    Ichushi Web  References (7)

  • 変形性股関節症患者に対する新潟股関節教室の実施とその介入効果  [in Japanese]

    地神 裕史 , 堂前 洋一郎 , 伊賀 敏朗 , 湊 泉 , 山本 智章 , 遠藤 直人 , 椿 淳裕 , 徳永 由太 , 菅原 和広 , 田巻 弘之 , 久保 雅義 , 大西 秀明 , 佐藤 大輔 , 石川 知志

    【目的】<BR> 変形性股関節症(以下,変股症)患者の保存療法の限界は観血療法を選択・実施した時点であるが,理学療法により観血療法までの期間を延長できるという報告は少ない.その要因として観血療法を決定する際には,身体機能のみならず精神機能や心理状態も大きく影響していることが考えられる.よって理学療法を実施した際のアウトカムも身体機能のみでなく,精神機能やQOLを長期的にフォローしてい …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), CcOF1048-CcOF1048, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 視覚反応課題の運動練習が大脳皮質情報処理過程に及ぼす影響  [in Japanese]

    菅原 和広 , 亀山 茂樹 , 大西 秀明 , 相馬 俊雄 , 椿 淳裕 , 地神 裕史 , 大山 峰雄 , 桐本 光 , 田巻 弘之 , 村上 博淳

    【目的】<BR> 非侵襲的脳機能測定法には脳磁図(MEG)や脳波および機能的核磁気共鳴画像法,機能的近赤外分光法,陽電子放射断層撮影といった方法がある.MEGは導電率の影響を受けないため脳波に比べ空間分解能が高く,また時間分解能が著しく高いためミリ秒単位で脳活動を解析することができる.しかし,測定室内では金属類の使用ができないことから,視覚や聴覚刺激による誘発磁界,末梢神経刺激による …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), AeOS2005-AeOS2005, 2011

    J-STAGE 

  • 他動運動時の脳磁界反応について  [in Japanese]

    大西 秀明 , 大山 峰生 , 相馬 俊雄 , 菅原 和広 , 桐本 光 , 田巻 弘之 , 村上 博淳 , 亀山 茂樹

    【目的】<BR> 他動運動時には大脳皮質体性感覚野だけでなく一次運動野も活動することが報告されているが(Terumitsu M, et al. Neuroreport, 2009.),活動のタイミングなど不明な点が多いのが現状である.我々は随意運動時の大脳皮質活動に関する研究を継続しており,運動直後の皮質活動が運動感覚を反映しているものの,その活動部位は一次運動野の可能性が高いことを …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), AcOF1019-AcOF1019, 2011

    J-STAGE 

  • 頚部の角度変化が近赤外分光法により得られたoxyHbデータに及ぼす影響  [in Japanese]

    松本 香好美 , 椿 淳裕 , 古沢 アドリアネ明美 , 菅原 和弘 , 今西 里佳 , 大西 秀明

    【目的】はじめに,近年,理学療法の分野においても脳科学に対する研究が多くなり,注目度が高まっている.特に,運動時の脳活動の変化に対する研究では近赤外分光法(NIRS:near-infrared spectroscopy)を用いた研究が多いが,NIRSは頭皮血流の影響も受けているため,様々な要因で安定した測定結果が得られないこともあり,その解釈には注意が必要である.そこで,本研究の目的は,頚部の角度 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), AbPI2080-AbPI2080, 2011

    J-STAGE 

  • Cortical Neuromagnetic Activation Follwing Tactile Stimulation and Voluntary Movement  [in Japanese]

    Onishi Hideaki , Oyama Mineo , Soma Toshio , Sugawara Kazuhiro , Murakami Hiroatsu , Kameyama Shigeki

    Physical Therapy Japan 37(8), 573-574, 2010

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (3)

  • Oxygenation Changes in Sensorimotor Cortex during Exhaustive Handgrip Task:―A Near-infrared Spectroscopy Study―  [in Japanese]

    Iwabe Tatsuya , Onishi Hideaki , Kubo Masayoshi , Furukawa Katsuya , Kirimoto Hikari

    【目的】筋疲労課題中における筋力,筋活動および大脳皮質感覚運動野領域の活動の時間的変化を明らかにすることである。【対象および方法】対象は健常男性成人7名とした。筋疲労課題は,最大収縮の50%(50%MVC)での右手指把持300秒間持続と,最大収縮(100%MVC)での右手指把持120秒間持続の2条件とした。両条件において,120秒間の安静の後に課題を遂行し,課題終了後300秒間の安静時間を設けた。 …

    Physical Therapy Japan 37(1), 35-40, 2010

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (23)

  • 1 / 5
Page Top