宮田 正年 MIYATA Masatoshi

Articles:  1-10 of 10

  • 当院での消化器悪性腫瘍に対する化学療法におけるB 型肝炎ウイルス再活性化対策への教育的介入の効果について  [in Japanese]

    盛田 篤広 , 宇野 耕治 , 東 祐圭 , 小川 智也 , 雨宮 可奈 , 猪上 尚徳 , 白川 敦史 , 岡田 雄介 , 真田 香澄 , 鈴木 安曇 , 中瀬 浩二朗 , 萬代 晃一朗 , 河村 卓二 , 河端 秀明 , 宮田 正年 , 田中 聖人 , 安田 健治朗 , 川勝 雪乃 , 藤井 康智

    B 型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化は癌化学療法において注意するべき合併症の一つである.HBV既往感染の状態ではHBVは排除されていると考えられていたが,肝細胞内や末梢血単核球内において,HBVが微量に存在することが明らかとなっている.HBV 再活性化の報告の多くは,悪性リンパ腫におけるステロイド併用,Rituximab 併用のレジメン及び関節リウマチに対するtumornecrosis fact …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (36), 59-66, 2015-12

    IR  Ichushi Web 

  • Characteristics of blood test and ultrasonography findings for detecting TS1 pancreatic ductal cancer  [in Japanese]

    河端 秀明 , 猪上 尚徳 , 雨宮 可奈 , 川勝 雪乃 , 藤井 康智 , 碕山 直邦 , 上田 悠揮 , 白川 敦史 , 岡田 雄介 , 真田 香澄 , 鈴木 安曇 , 中瀬 浩二朗 , 萬代 晃一朗 , 河村 卓二 , 宮田 正年 , 盛田 篤広 , 田中 聖人 , 宇野 耕治 , 安田 健治朗

    pTS1膵管癌22切除例を対象とし、血液検査および腹部超音波検査(US)の特徴を解析した。27.2%に肝胆道系酵素高値、31.8%に血清アミラーゼ高値、61.9%に腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)高値を認め、血液検査異常陽性率は77.2%であった。USでの腫瘤描出率は63.6%であり、11例に主膵管拡張、1例に嚢胞、また6例に総胆管拡張を認め、US所見異常陽性率は95.4%であった。頭部病変、 …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (35), 29-34, 2014-12

    IR  Ichushi Web 

  • A case of early large cell neuroendocrine carcinoma of the stomach  [in Japanese]

    岡田 雄介 , 川勝 雪乃 , 藤井 康智 , 和田 浩典 , 上田 悠揮 , 白川 敦史 , 真田 香澄 , 萬代 晃一朗 , 中瀬 浩二朗 , 鈴木 安曇 , 河村 卓二 , 河端 秀明 , 盛田 篤広 , 宮田 正年 , 田中 聖人 , 宇野 耕治 , 安田 健治朗 , 柿原 直樹 , 谷口 弘毅 , 竹中 温 , 山野 剛 , 桂 奏

    症例は77歳、男性.健診の上部消化管内視鏡検査で胃体上部大彎に隆起性病変を認め、胃癌が疑われたため当院を紹介され受診した.当院での内視鏡検査にて胃の隆起性病変は、粘膜下腫瘍様で表面が白苔で覆われており、内視鏡下生検の結果は大細胞型内分泌細胞癌であった.超音波内視鏡検査で腫瘍は内部不均一な低エコー域として描出され、粘膜下層は一部で途絶していた.噴門側胃切除術、D2リンパ節郭清を施行し、進行度はT1b …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (34), 66-71, 2013-12-31

    IR  Ichushi Web 

  • A case of esophageal endocrine cell carcinoma detected by esophagogastroduodenoscopy during a health check-up  [in Japanese]

    MOCHIZUKI Naomi , KOBAYASHI Masao , NISHIOJI Kenichi , MIYATA Masatoshi , UNO Koji , KATSURA Kanade

    The patient was a 61-year-old man. An elevated lesion measuring approximately 2 cm in diameter was detected in the middle esophagus by esophagogastroduodenoscopy during a health check-up. The tumor ha …

    Nihon Shoukaki Gan Kenshin Gakkai zasshi 51(5), 557-563, 2013-09-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • Therapeutic strategy of common bile duct (CBD) stones in oldest old patients  [in Japanese]

    真田 香澄 , 島本 真里 , 影山 真理 , 平田 祐一 , 白川 敦史 , 岡田 雄介 , 中瀬 浩二朗 , 萬代 晃一朗 , 鈴木 安曇 , 森川 宗一郎 , 河村 卓二 , 河端 秀明 , 盛田 篤広 , 宮田 正年 , 田中 聖人 , 宇野 耕治 , 安田 健治朗

    総胆管結石のため当院に入院し内視鏡的結石除去術あるいは内視鏡的胆管ステント留置術を試みた85 歳以上の182 例について検討した.内視鏡的に完全切石した症例(66 例)を完全切石群とし,完全切石を行わず,胆管ステントを留置して経過観察している症例(116 例)をステント留置群とした.両群の平均入院期間は19 日および16 日であった.経過観察が可能であった症例での検討では,両群ともに約半数に再発を …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (33), 39-45, 2012-12

    IR  Ichushi Web 

  • A CASE OF SUCCESSFUL MANAGEMENT OF A MEDIASTINAL PANCREATIC PSEUDOCYST WITH ENDOSCOPIC TRANSPAPILLARY DRAINAGE WITHOUT RECURRENCE AFTER THE REMOVAL OF A STENT  [in Japanese]

    DOI Toshifumi , CHO Eisai , FUJII Kota , MIYATA Masatoshi , OGISO Kiyoshi , KAJI Noriko , SANADA Kasumi , TAKAYA Hiroki , MASUZAWA Akira , TAKAMI Shiro

    A 75-year-old man with a past history of chronic pancreatitis presented with dyspnea and general fatigue. CT images showed massive left pleural effusion and a large pancreatic pseudocyst extending to …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 54(2), 288-295, 2012-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (22)

  • Clinical Evaluation of Pediatric Colonoscopy  [in Japanese]

    KAWAMURA T. , CHO E. , MIYATA M. , SAKATA M. , KAWABATA H. , KORI Y. , OGAWA M. , MORIKAWA S. , ASHIHARA T.

    We performed pediatric colonoscopy a total of 143 times in 32 patients between August 1988 and August 2004. Colonoscopic examinations were done for 30 patients using sedative drugs in endoscopy rooms …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 60(3), 142-145, 2007-03-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • 悪性胆道狭窄  [in Japanese]

    宇野 耕治 , 中島 正継 , 安田 健治朗 [他] , 趙 栄済 , 田中 聖人 , 上田 モオセ , 川口 義明 , 宮田 正年 , 酒田 宗博

    十二指腸内視鏡下にドレナージチューブ(ステント)を胆管に留置する内視鏡的逆行性胆管ドレナージ術(ERBD)は,閉塞性黄疸に対する低侵襲の減黄法であり,今日ではこの分野の第一選択の手段として広く応用されている.本法の主な適応は肝門部を含む肝外胆管狭窄であるが,特に悪性胆道狭窄における手術前の一時的減黄や切除不能例での長期の減黄維持に極めて有用な手段である.しかしながら,本法の手技的な面や器具的な面に …

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 92(1), 99-103, 2003-01-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (5)

  • A Case of Malignant Lymphoma Accompanied with Repeated Bleeding from the Gastric and Duodenal Lesions Treated by Endoscopic Hemostasis  [in Japanese]

    KAWAMURA Takuji , KORI Yasuhiro , KAWABATA Hideaki , SAKATA Munehiro , UENOYAMA Yoshito , HASEGAWA Kazunori , MIYATA Masatoshi , OEDA Moose , TUKADA Keiko , ONO Koji , TANAKA Kiyohito , MOCHIZUKI Naomi , HAYAKUMO Takanobu , CHO Eisai , YASUDA Kenjiro , NAKAJIMA Masatugu , KATO Genichi

    Gastroenterol Endosc. 41(12), 2526-2532, 1999-12-20

    Ichushi Web  References (14) Cited by (2)

  • A Case of liver amiloidosis diagnosed by hepatic imaging features  [in Japanese]

    TANAKA Kiyohito , MIYATA Masatoshi , UEDA Moose , TSUKADA Keiko , YAZAKI Tomoko , TOMIOKA Hideo , TOJO Masahide , UNO Koji , MOCHIZUKI Naomi , HIRANO Seiichi , ASHIHARA Toru , HAYAKUMO Takanobu , MUKAI Hidekazu , CHO Eisai , YASUDA Kenjiro , NAKAJIMA Masatsugu

    患者は68歳女性で, 右季肋下で5横指, 心窩部で4横指にわたる肝腫大を認めた. 血液検査成績では, 血清アルブミンの著しい低下と胆道系酵素の上昇を認めた. 腹部造影CT検査にて肝右葉と左葉の一部に造影効果の乏しい部分を認め, dynamic MRIでも同様の部位に著しい造影効果の低下を示した. また, <SUP>99m</SUP>Tc-PYP (ピロ燐酸) シンチグラムに …

    Kanzo 39(2), 89-96, 1998-02-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

Page Top