内田 真哉 UCHIDA Masaya

ID:9000000313317

京都第二赤十字病院 耳鼻咽喉科・気管食道科 (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 64

  • 1 / 4
  • Middle ear adenoma excision via transcanal endoscopic ear surgery—a case study  [in Japanese]

    Murai Naoko , Uchida Masaya , Saito Atsushi , Murakami Rei , Morimoto Hiroki

    <p>中耳腫瘍は比較的稀な疾患であり,鼓膜所見や画像所見のみでは術前に病理組織型まで診断するのは困難なことが多い.今回,我々は経外耳道的内視鏡下耳科手術(TEES)で摘出した中耳腺腫の1例を経験した.症例は61歳男性で,左難聴と耳漏を自覚して受診し,左鼓膜から外耳道下壁に突出する腫瘍性病変を指摘された.中耳腫瘍を疑い,TEESで試験的鼓室開放術,腫瘍摘出術を行い,内視鏡下に腫瘍を全摘し …

    Otology Japan 29(4), 302-307, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 経外耳道的内視鏡下耳科手術(TEES)に関するアンケート調査 2018  [in Japanese]

    伊藤 吏 , 松本 有 , 水足 邦雄 , 蓑田 涼生 , 山内 大輔 , 欠畑 誠治 , 小島 博己 , 金丸 眞一 , 内田 真哉 , 神﨑 晶 , 小林 泰輔 , 西池 季隆 , 堀 龍介

    Otology Japan 29(3), 259-266, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Surgical treatment for intractable aspiration  [in Japanese]

    内田 真哉

    医療の進歩によって脳血管障害や急性心筋梗塞,頭頸部癌などに対する救命が可能となる一方,救命後に嚥下障害を来し,難治性の誤嚥患者が増加する現状がある.また,神経筋疾患や脳性麻痺などで病状が進行した場合も誤嚥が問題となる.こういった患者のQOL を改善するために低侵襲な誤嚥防止術が開発され,近年注目されている.誤嚥防止術は気道と食道を分離し,誤嚥を根治できる方法である.しかし,基本的には発声機能の喪失 …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (39), 9-15, 2018-12

    IR  Ichushi Web 

  • Subglottic laryngeal closure using a U-shape flap and V-Loc (SUV)  [in Japanese]

    内田 真哉 , 出島 健司 , 竹中 まり , 村上 怜 , 村井 尚子 , 水田 康博

    嚥下医学 : 日本嚥下医学会学会誌 = Deglutition : the official journal of the Society of Swallowing and Dysphagia of Japan 7(2), 216-223, 2018

    Ichushi Web 

  • Minimally invasive surgical procedure for the prevention of severe aspiration : lassification of the laryngeal closure in the subglottic area  [in Japanese]

    内田 真哉 , 乾 隆昭 , 山道 怜 [他]

    嚥下医学 : 日本嚥下医学会学会誌 = Deglutition : the official journal of the Society of Swallowing and Dysphagia of Japan 5(1), 68-75, 2016

    Ichushi Web 

  • A Case of Mucoepidermoid Carcinoma of the Subglottic Region  [in Japanese]

    Inui Takaaki , Uchida Masaya , Yamamichi Rei , Mukudai Shigeyuki , Dejima Kenji

    粘表皮癌は頭頸部領域では大小唾液腺に発生することはしばしばあるが,喉頭に発生することは非常にまれである。今回われわれは声門下に発生した喉頭粘表皮癌の1例を経験したので報告する。症例は56歳女性で嗄声を主訴に来院し,腫瘍性病変による顕著な声門下狭窄を認めた。生検した結果,粘表皮癌 (低悪性度) が疑われたため喉頭全摘術を施行した。術後病理検査の結果,粘表皮癌 (低悪性度) と確定診断され,切除断端は …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 66(3), 220-225, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Preoperative Evaluation of Surgery for Intractable Aspiration Based on the Prognostic Nutritional Index  [in Japanese]

    Uchida Masaya , Hashimoto Keiko , Mukudai Shigeyuki , Ushijima Chihisa , Dejima Kenji

    重症誤嚥患者に対する誤嚥防止手術は, 患者の QOL 改善や生命予後の改善を期待できるとされている. しかし, 本手術の適応を考える上において, 患者の予後を反映する指標についての詳細な報告は認められない.<br> O-PNI<sup>1)</sup> (Onodera-Prognostic Nutritional Index) は血清アルブミン値と末梢血総リン …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 117(12), 1457-1462, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Otitis Media with ANCA-associated Vasculitis Syndrome  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya , UEDA Masayo

    患者は66歳女性で、両側の進行性難聴と耳漏を認め、鼓膜の白色病変から真珠腫を疑われて紹介された。初診時、CRP陽性、MPO-ANCA陽性、両側肺尖部の結節性病変、両側聾などの所見を認め、ANCA関連血管炎である肉芽腫性多発血管炎 (GPA) を疑われた。肺・鼻腔からの生検では病理組織学的診断がつかずGPA疑いと判定されたが、臨床的にはGPAと考えられた。耳鼻咽喉科的にはANCA関連血管炎による中耳 …

    Otology Japan 23(2), 92-97, 2013-05-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • Two elder cases of malignant melanoma of nasal cavity with uncommon clinical courses keeping good QOL for several years  [in Japanese]

    橋本 慶子 , 牛嶋 千久 , 上田 雅代 , 内田 真哉 , 出島 健司

    頭頸部領域に発生する悪性黒色腫はまれであるが,その中では鼻副鼻腔領域に最も多いとされている.本腫瘍は悪性度が高く,局所再発や遠隔転移により予後不良であることが知られている.しかし悪性黒色腫の中にはまれに長期生存する例が報告されており,今回我々も局所のみの再発で複数回の手術にて比較的長期間経過を見ることができたまれな2 症例を経験したので報告する. 症例1 は88 歳女性,平成16 年の初回手術以降 …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (33), 56-60, 2012-12

    IR  Ichushi Web 

  • Introduction of preoperative superselective intra-arterial rapid infusion chemotherapy for external auditory canal cancer  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya , USHIJIMA Chihisa , DEJIMA Kenji

    近年,超選択的動注化学療法が各種の頭頸部癌に対して良好な成績を挙げており,外耳道癌に対しても有効例が散見されるようになってきた。当科では数年前から進行外耳道癌の術前治療として超選択的動注化学療法を導入しており,過去7年間の外耳道癌6例のうち3例に適応された。適応例の3例中2例で顎関節包付近の外科的断端が陰性となり,術前に顎関節窩への浸潤が疑われていたにもかかわらず,下顎骨関節突起を温存することが可 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 22(1), 41-45, 2012-06-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • The clinical outcomes of subjective improvement of olfactory function after endoscopic sinus surgery for chronic sinusitis with bronchial asthma  [in Japanese]

    DEJIMA Kenji , MATSUMOTO Sachie , ADACHI Yuki , BANDO Hideki , UCHIDA Masaya , USHIJIMA Chihisa

    近年,one airway, one diseaseの概念が知られるようになり,気管支喘息と慢性副鼻腔炎の関連が注目されている。喘息合併副鼻腔炎では,嗅覚障害を伴うことが多いが,その治療結果におけるエビデンスは乏しい。<br>そこで今回,自験例を元に喘息合併副鼻腔炎におけるESS術後嗅覚予後を検討した。対象は,過去7年間に当科でESSを施行した喘息合併副鼻腔炎症例82例である。一過性改 …

    Journal of Japan Society of Immunology & Allergology in Otolaryngology 29(1), 253-259, 2011-12-29

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • A Case of Schneiderian Middle-ear and Sinonasal Papilloma with Intracranial Complications  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya , OKAMOTO Kohtaro , FUJITA Tomoki , UEDA Masayo , USHIJIMA Chihisa , DEJIMA Kenji

    乳頭腫が中耳に発生することはまれであるが, 両側発生例はさらにまれで, 著者が渉猟し得た限りでは過去に一例の報告しかない. 本例は52歳, 女性で中耳・鼻副鼻腔に発生した内反性乳頭腫から感染が進展し, 急性乳様突起炎からの硬膜外膿瘍による小脳症状を来した. 当初, 乳頭腫は右中耳・右鼻副鼻腔にあり, 経過中に左中耳にも発生した. 過去の報告を集計したところ, 本例のような多発性の中耳乳頭腫は15例 …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 114(9), 768-773, 2011-09-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (27)

  • Clinical Aspects of Unilateral Chronic Sinusitis : Six Confirmed or Suspected Cases of Allergic Fungal Rhinosinusitis  [in Japanese]

    DEJIMA Kenji , MATSUMOTO Sachie , BANDO Hideki , UCHIDA Masaya , USHIJIMA Chihisa

    We studied the clinical aspects of chronic unilateral sinusitis, including allergic fungal rhinosinusitis (AFRS), newly recognized as intractable and treated by endoscopic sinus surgery (ESS) in Japan …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 104(1), 17-22, 2011-01-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • Hearing Loss and its Effect Following Decompression of the Facial Nerve  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya

    Facial N Res Jpn 29, 87-89, 2010-01-18

    Ichushi Web  References (7) Cited by (1)

  • Malignant external otitis with hypertrophic pachymeningitis  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya

    慢性中耳炎の経過中に反復する顔面神経麻痺と舌咽神経麻痺を認めた悪性外耳道炎症例を経験した。本例は82歳の男性で悪性外耳道炎から続発性肥厚性脳硬膜炎を来たした例であった。造影MRI検査にて早期に硬膜の肥厚を診断し、治療を開始することが可能であった。手術治療を含めた3回の入院治療を要したが、脳神経麻痺は回復し、その後2年を経過して再燃を認めていない。本例における顔面神経麻痺の病態および悪性外耳道炎の重 …

    Otology Japan 19(3), 191-195, 2009-08-28

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (2)

  • A case report : Auditory ossicular malformation and fixation between the stapes superstructure and facial canal  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya , ADACHI Naoko

    今回我々は、アブミ骨底板が正常で、両脚の低形成を伴った未熟なアブミ骨上部構造と顔面神経管が固着した稀な奇形を経験した。症例は65 歳、女性。20 歳頃より難聴・耳鳴を自覚していたが、左伝音難聴を指摘され当科へ紹介された。鼓膜所見は両側正常。耳介および外耳道に奇形は認めなかった。標準純音聴力検査では3分法で左気導86. 7dBの伝音難聴を認めた。ティンパノメトリーは左右ともA typeでアブミ骨筋反 …

    Otology Japan 19(1), 59-63, 2009-03-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • 耳鳴・難聴の原因と治療 (特集 耳鳴・難聴と鍼灸)  [in Japanese]

    内田 真哉

    医道の日本 = The Japanese journal of acupuncture & manual therapies : 東洋医学・鍼灸マッサージの専門誌 68(1), 196-201, 2009-01

  • 興味ある外リンパ瘻確実例の2例  [in Japanese]

    内田 真哉 , 牛嶋 千久 , 足立 直子

    Otology Japan 18(4), 540, 2008-09-16

    Ichushi Web 

  • Outcomes of Endoscopic Sinus Surgery in Chronic Sinusitis Cases Complicated/Not Complicated by Bronchial Asthma and Eosinophilic Infiltration of the Sinus Mucosa  [in Japanese]

    DEJIMA Kenji , ADACHI Naoko , OSHIMA Akihiro , NISHIMURA Yasuhiko , USHIJIMA Chihisa , UCHIDA Masaya , HAMA Takemitsu , HISA Yasuo

    慢性副鼻腔炎は, 内視鏡下鼻内手術 (Endoscopic Sinus Surgery, 以下ESSと略) とマクロライド療法の登場でその治療成績が飛躍的に進歩した. しかし, 今なお治療に抵抗する症例も少なくなく難治性副鼻腔炎と呼ばれている. 近年, 好酸球性副鼻腔炎という概念が浸透し, この副鼻腔粘膜に浸潤する好酸球が難治性を解明するために重要であるという考え方がある. 一方, 気管支喘息が合 …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 111(2), 58-64, 2008-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19) Cited by (2)

  • Aspiration Treated by Laryngeal Closure in the Subglottic Area  [in Japanese]

    UCHIDA Masaya , ADACHI Naoko , NISHIMURA Yasuhiko , USHIJIMA Chihisa , DEJIMA Kenji

    Many patients with severe dysphagia are male, the larynx has often dropped, and even tracheostomy is sometimes difficult. During surgery to prevent aspiration in such patients, techniques that can be …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 101(2), 121-126, 2008-02-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • 1 / 4
Page Top