樋口 栄作 HIGUCHI Eisaku

ID:9000000531880

北海道大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • Superselective Arterial Infusion and Concomitant Radiotherapy for Hypopharyngeal Cancer  [in Japanese]

    HOMMA A. , FURUTA Y. , SUZUKI F. , FURUSAWA J. , ORIDATE N. , ATAGO Y. , HIGUCHI E. , FUKUDA S.

    日本気管食道科学会会報 58(2), 130, 2007-04-10

    Ichushi Web 

  • Olfactory Neuroblastoma : The Hokkaido University Experience  [in Japanese]

    KANO Satoshi , FURUTA Yasushi , HOMMA Akihiro , ORIDATE Nobuhiko , HIGUCHI Eisaku , SUZUKI Fumiyuki , NAGAHASHI Tatsumi , SAWAMURA Yutaka , FUKUDA Satoshi

    嗅神経芽細胞腫は比較的まれな腫瘍であり,そのため,その治療法が確立されていない.今回我々は,北海道大学病院で経験した嗅神経芽細胞腫17症例に関し検討を行った.<br>対象:1980年4月-2004年3月の25年間に我々が治療を行った男性9例,女性8例,年齢は16-76歳で,平均年齢50.4歳.生存例の観察期間は1年8ヵ月-16年6ヵ月,平均7年9ヵ月であった.<br>結果: …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 109(5), 433-439, 2006-05-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (22) Cited by (4)

  • 頭頸部がんの検査とそのポイント (特集 頭頸部がん患者診療のポイント)  [in Japanese]

    樋口 榮作 , 本間 明宏 , 福田 諭

    The practice of medical oncology 2(3), 235-241, 2006

    Ichushi Web 

  • "AN IDEAL MEDICAL TEAM" FOR PATIENTS WITH HEAD AND NECK CANCER : THE ROLE OF NURSES  [in Japanese]

    HOMMA Akihiro , FURUTA Yasushi , ORIDATE Nobuhiko , NAGAHASHI Tatsumi , SUZUKI Fumiyuki , HIGUCHI Eisaku , FUKUDA Satoshi

    頭頸部癌の場合では治療方針の決定, 治療中, 治療後と一連の治療過程の中で看護師は大きな役割を果たしており, チームとして医師と看護師が連携し有機的に機能することが治療を行っていく上で非常に大切である。治療過程を治療方針の決定まで, 治療中, 治療後の3つに分けて北海道大学の実際を紹介した。<br>医師・看護師が連携しあって患者・家族の希望や病気に対する理解を把握して, 患者・家族に十 …

    Toukeibu Gan 30(3), 391-394, 2004-10-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (1)

  • 理想的なチーム医療を行うために : 北海道大学病院の実際  [in Japanese]

    本間 明宏 , 古田 康 , 折舘 伸彦 , 永橋 立望 , 鈴木 章之 , 樋口 栄作 , 福田 諭

    頭頚部腫瘍 30(2), 155, 2004-05-15

    Ichushi Web 

  • A STUDY OF TS-1 IN PATIENTS WITH RECURRENT HEAD AND NECK CANCER : REGARD AS LUNG METASTASIS  [in Japanese]

    NAGAHASHI Tatsumi , SUZUKI Fumiyuki , HIGUCHI Eisaku , HOMMA Akihiro , FURUTA Yasushi , FUKUDA Satoshi

    頭頚部腫瘍 30(1), 111-115, 2004-04-25

    Ichushi Web  References (11) Cited by (4)

  • A case of herpes zoster of a larynx  [in Japanese]

    HIGUCHI E , NAKAMARU Y , OHWATARI R , SAKASHITA T , MESUDA Y , HOMMA A , FURUTA Y , FUKUDA Y

    耳鼻咽喉科免疫アレルギー 21(2), 80-82, 2003-06-30

    Ichushi Web  References (6) Cited by (1)

  • Prognostic indicators of concurrent chemoradiotherapy  [in Japanese]

    FURUTA Y , HONMA A , HIGUCHI E , ORIDATE N , NAGAHASHI T , FUKUDA S

    耳鼻咽喉科免疫アレルギー 20(2), 42-43, 2002-06-30

    Ichushi Web 

  • OUTCOME OF HYPOPHARYNGEAL CANCER  [in Japanese]

    HIGUCHI Eisaku , IIZUKA Keiji , SHODA Hideaki , TAKEICHI Norihito

    当科で治療を行った下咽頭癌新鮮例41例の臨床的検討を行った. 当科の治療方針は, 化学療法と放射線治療, 手術療法を組み合わせた集学的治療であり, 全症例の累積5年生存率は23.0%で, stage別の5年生存率はatage Iとstage IIがそれぞれ0%, stage IIIが46.3%, stage IVが0%であった. 根治治療群25例と, 非根治療群16例の他病死を除く5年生存率は, …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 99(9), 1185-1189, 1996-09-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11) Cited by (3)

  • CLINICAL STUDY OF LARYNGEAL CANCER  [in Japanese]

    HIGUCHI Eisaku , IIZUKA Keiji , SHOUDA Hideaki , TAKEICHI Norihito

    過去10年間に当科で根治治療を行った喉頭癌74例について臨床的検討を行った. 男女比は14: 1で男性に多く, 発症平均年齢は64歳であった. 発生部位別には声門癌48例, 声門上癌21例, 声門下癌2例, 混合型癌3例であった. 累積5年生存率 (cause-specific survival rate) は82%で, 部位別には声門癌95%, 声門上癌69%, 声門下癌0%, 混合型癌50%で …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 99(3), 385-394, 1996-03-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17) Cited by (11)

  • CLINICAL STUDY OF SUBGLOTTIC CARCINOMA  [in Japanese]

    KASHIWAMURA Masaaki , FUKUDA Satoshi , MAGUCHI Shiroh , HIGUCHI Eisaku , INUYAMA Yukio

    声門下喉頭癌27例について臨床的検討を行った. 5年生存率が44%と他の部位の喉頭癌に比べ不良であった. その原因として, 放射線治療後の局所再発率の高さが第一に考えられた. さらにsalvage operationの結果がT2で低く, 声門下喉頭癌の治療は他の喉頭癌より放射線治療の適応を厳しくし, 初めから手術を念頭においた治療計画が必要と思われた. またT1でも照射終了後の化学療法を考慮すべき …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 98(2), 254-259, 1995-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17) Cited by (6)

Page Top