黄 仁姫 HWANG In-Hee

ID:9000000626445

北海道大学 Hokkaido university (2016年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  21件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • アンケート調査および飛灰分析によるごみ焼却排ガス中酸性ガス乾式処理の機構解明

    向山 和晃 , 仁姫 , 松尾 孝之 , 松藤 敏彦

    ごみ焼却施設における消石灰を用いた酸性ガスの除去において、HClと消石灰の反応生成物はCaCl<sub>2</sub>であると考えられてきたが、近年の研究では中間生成物のCaClOHが確認されている。この反応の進行具合によってはHClの除去量に差が生じ、排ガス処理の効率性とコストに影響を及ぼす。よって本研究では実際の焼却施設を対象として、排ガス処理に関するアンケート調査と飛 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 27(0), 357, 2016

    J-STAGE

  • リン酸化合物添加によるバグフィルター差圧低減効果に関する研究

    髙橋 滋敏 , 仁姫 , 松尾 孝之 , 松藤 敏彦 , 倉田 昌明 , 前田 典生

    ごみ焼却排ガス中のばいじんの捕集・除去やダイオキシン対策のために、バグフィルター(以下、BF)が集塵装置として広く使われている。ばいじんはろ布上で捕集されダスト層を形成するため、排ガスの通気性が低下し、BFにおいて圧量損失(以下、BF差圧)が生じる。排ガス処理プロセスでは、排ガス流量と圧力は誘引通風機によって制御されており、BF差圧増加は誘引通風機での消費電力増加につながる。 これまでに実施設の …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 27(0), 363, 2016

    J-STAGE

  • リン酸廃液の焼却炉内噴霧によるバグフィルター差圧への短期的・長期的影響

    髙橋 滋敏 , 仁姫 , 松藤 敏彦 , 角田 芳忠

    バグフィルター(BF)は廃棄物焼却の排ガス処理で広く使われている集塵装置である。しかし、排ガス処理全体の圧力損失のうち半分以上が集塵によるものである。このためBFの圧力損失(BF差圧)の上昇は、運転にかかるエネルギー増加につながる。したがってBF差圧を低減させることができれば、焼却施設運転における消費エネルギー削減を可能とする。これまで2回の実機試験より、リン酸廃液を焼却炉内に噴霧することで、BF …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 26(0), 321, 2015

    J-STAGE

  • 廃棄物焼却施設におけるリン酸廃液の炉内噴霧によるバグフィルター差圧低減に関する研究

    髙橋 滋敏 , 仁姫 , 松尾 孝之 [他] , 松藤 敏彦 , 角田 芳忠

    ある産業廃棄物焼却処理施設で炉内へのリン酸廃液噴霧時にバグフィルターの圧力損失 (BF差圧) が低下したとの事例が報告された。リン酸廃液噴霧によるBF差圧低下メカニズムを知るために,当該焼却施設でのリン酸廃液噴霧実績データを分析するとともに,BF差圧低下に関する仮説をもとにリン酸廃液の炉内噴霧実験を2回行った。実績データ分析の結果,リン酸廃液噴霧時のBF差圧低下現象には再現性があり,廃液中のリン酸 …

    廃棄物資源循環学会論文誌 26(0), 38-48, 2015

    J-STAGE

  • ごみ焼却施設におけるリン酸噴霧によるバグフィルター差圧低下に関する研究

    髙橋 滋敏 , 仁姫 , 松尾 孝之 , 松藤 敏彦 , 大上 雅晴 , 角田 芳忠

    ごみ焼却施設において,大気汚染物質排出低減のために排ガス処理が行われている。そのうちバグフィルター(BF)は高いばいじん除去率のため広く使われている。しかしBFでの圧力損失(BF差圧)は,圧力損失全体の半分以上を占め,エネルギー消費やコストの増加につながっている。ある産業廃棄物処理施設において,処理物として受け入れたリン酸廃液を焼却炉内に噴霧した際に,BF差圧が低下したと報告があった。そこでリン酸 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 25(0), 353, 2014

    J-STAGE

  • 風化促進試験による焼却主灰の風化変質がセシウムの挙動に与える影響

    東條 安匡 , 岩本 早織 , 松尾 孝之 , 松藤 敏彦 , 仁姫 , 島岡 隆行

    本研究では、Csを含有する焼却主灰を、埋立地内で起こりうる風化変質を加速する条件下に暴露し、焼却灰の変質とCsの溶出挙動を追跡した。風化加速条件として、ブランク(窒素雰囲気下)、乾燥/湿潤、凍結/融解、CO<sub>2</sub>ガス暴露の4条件を設定した。Csの溶出は、ブランクでは変化しなかった。CO<sub>2</sub>暴露系では急激な溶出量の …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 24(0), 563, 2013

    J-STAGE

  • 焼却主灰中セシウムの存在形態と溶出挙動に関する研究

    木下 亮 , 東條 安匡 , 松尾 孝之 , 仁姫 , 松藤 敏彦 , 島岡 隆行

    焼却主灰中の難溶性態Csの存在形態を明らかにし、溶出挙動が何に支配されるのかを明らかにするために、本研究では、Csを高濃度に含有する焼却主灰を対象にpH依存試験、粒径別の存在量把握、粒径別のpH依存試験を実施した。pH依存試験ではpHを1.9から10.8まで変化させた。難溶性態Csの溶出はpH依存性を示し、pHの低下に伴いSiやAlとともに溶出濃度が上昇した。これはガラス状非晶質のマトリクス内、あ …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 24(0), 575, 2013

    J-STAGE

  • 金属化合物を添加した活性白土によるごみ焼却排ガス中有機塩素化合物の脱塩素化

    仁姫 , 金森 敦 , 高橋 滋敏 , 松尾 孝之 , 松藤 敏彦 , 東條 安匡

    本研究では、活性炭の代わりに300℃の高温条件でDXNを直接分解できる、安価で安全な無機性材料として活性白土に検討を行った。活性白土中に含まれている金属成分をさらに添加することで、300℃でのMCBの脱塩素化への影響を調べた。添加した金属化合物のうち、Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>、Cuの添加によりMCB分解量が増加することが …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 24(0), 421, 2013

    J-STAGE

  • Feasibility of hydrothermal treatment for recovery of liquid fertilizer from scallop entrails

    Hwang In-Hee , Aoyama Hiroya , Matsuo Takayuki , Matsuto Toshihiko , Tojo Yasumasa

    Scallop entrails include a lot of nutrient such as nitrogen, phosphorus, and potassium, which contain toxic heavy metal such as cadmium in digestive gland. In this work, the current situation of scall …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 23(0), 619, 2012

    J-STAGE

  • 活性白土を用いたごみ焼却排ガス中クロロベンゼンの脱塩素効果に関する研究

    高橋 滋敏 , 仁姫 , 松尾 孝之 , 松藤 敏彦 , 東條 安匡

    ごみ焼却施設では、排ガス中のばいじん、酸性ガス、重金属、ダイオキシン類などの排出低減のため、様々な処理プロセスが採用されている。近年、排ガス処理システムにおいて環境汚染物質の排出抑制とともにエネルギー・コスト面での効率化が求められ、各プロセスの見直しや新たな技術開発が行われている。そのうち、セラミックフィルターを用いた高温集塵方式は、排ガス減温や再加熱などのプロセスの省略が可能となり、施設全体のエ …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 23(0), 417, 2012

    J-STAGE

  • 建設混合廃棄物破砕選別残渣中の生物分解性有機炭素の分画と硫化水素生成能

    東條 安匡 , 齋藤 隆生 , 松尾 孝之 , 仁姫 , 松藤 敏彦

    建設混合廃棄物の破砕選別処理残渣からの硫化水素生成の可能性を評価するためには,篩下残渣中に含有する有機物の生物分解性を明確にする必要がある.本研究では,篩下残渣中に含まれる有機炭素を,物理組成,有機物構成という観点から分画し,さらにメタン生成ポテンシャルを用いて微生物による利用可能性を確認した.結果として残渣中全有機炭素5.7%の約3割が木,7割が紙に由来し,リグニンが3割,セルロースが4割であり …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 22(0), 92-92, 2011

    J-STAGE

  • 亜臨界水熱処理によるホタテ内蔵からの液肥回収に関する研究

    仁姫 , 阿部 夏季 , 松藤 敏彦 , 東條 安匡 , 松尾 孝之

    本研究では、臨界点(374℃、22.1MPa)以下の亜臨界水を用い、ホタテ内蔵から液肥を回収することを目的とした。そのため、水熱処理の温度・圧力、滞留時間、固液比などの条件を変化させ、ホタテ内臓中の肥料成分を液中に効果的に抽出しながら、カドミウム等の重金属の溶出を残渣に抑える最適条件を調べた。その結果、肥料成分が最も多く液中に抽出され、阻害成分の抽出が抑えられる亜臨界水熱条件として200℃(圧力1 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 22(0), 124-124, 2011

    J-STAGE

  • 都市ごみ焼却排ガス中水銀の乾式除去に関する研究

    美濃谷 広 , 仁姫 , 松藤 敏彦 , 松尾 孝之

    UNEP(国連環境計画)では、2009年2月、水銀排出を国際協力で削減する条約を2013年まで制定することに合意し、今後、日本でも関連産業分野において、水銀の排出基準が定められる可能性がある。わが国における廃棄物焼却による大気中への水銀の排出は、全体の排出量の約35%を占めると推測されている。現在、ごみ焼却排ガス処理システムは、乾式法とダイオキシン規制により集じん装置としてバグフィルター(以下BF …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 21(0), 188-188, 2010

    J-STAGE

  • 都市ごみの水熱処理による固形燃料化に関する研究

    仁姫 , 青山 普哉 , 仲岸 達紘 , 松藤 敏彦 , 松尾 孝之

    廃棄物を固形燃料化する代表的な方法として、ごみ固形化燃料(RDF)と炭化があるが、最近、水熱処理もその一つとして挙げられている。水熱処理は、高温高圧水を用いた加水分解・熱分解により、固体からの熱水抽出、可溶化、液化、流動化など、様々な分野に応用されて来た。ごみ中の水分を乾燥しないまま、300℃、10MP前後の比較的低い温度・圧力の亜臨界水を用いることで分解させるというメリットから、廃棄物の変換利用 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 21(0), 184-184, 2010

    J-STAGE

  • 都市ごみ炭化物からの塩素除去を目的とした塩素の存在形態の把握

    西本 薫 , 仁姫 , 松藤 敏彦 , 松尾 孝之 , 上野 俊一郎 , 柴田 卓

    廃棄物由来炭化物の塩素含有量は石炭と比較して10~100倍以上も多いため、燃料として利用するためには脱塩処理が不可欠である。本研究では、都市ごみ炭化物の燃料利用のための塩素除去を目的として炭化物中の塩素形態を調べ、脱塩処理について検討した。実験試料として都市ごみRDF、水洗前炭化物、水洗後炭化物を用い、水洗、バブリング、酸抽出、熱分解実験を行った。実験結果から推定した炭化物中の塩素形態は、無機塩素 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 21(0), 179-179, 2010

    J-STAGE

  • Survey on current operating state of MSW carbonization facilities in Japan

    Nakayama Shingo , Hwang In-Hee , Kawamoto Katsuya

    In Japan, the dioxin problem with municipal solid waste (MSW) incinerators in the 1990s and the enforcement of the "Fundamental Law for Establishing a Sound Material Cycle Society" with the "Law for t …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 20(0), 285-285, 2009

    J-STAGE

  • バイオマス・プラスチック系廃棄物の熱分解・ガス化反応における生成物の物質収支および基礎特性

    仁姫 , 川本 克也

    最近、地球温暖化、化石資源の枯渇、廃棄物の適正処理・処分などの問題をめぐり、バイオマスや廃棄物に各種の熱化学的転換技術を適用して物質やエネルギーを回収しようとする研究が活発に行われている。本研究では、廃棄物の主な成分がバイオマスとプラスチックであることから、その割合が異なる廃棄物試料を用い、熱分解およびガス化反応の重要な運転パラメータであるキャリアガスと温度条件を変化させ、実験を行った。その結果、 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 20(0), 153-153, 2009

    J-STAGE

  • 無触媒脱硝法+BF方式における塩化アンモニウム生成・除去に関する研究

    仁姫 , 美濃谷 広 , 松藤 敏彦 , 松尾 孝之 , 松本 暁洋

    無触媒脱硝法はごみ焼却炉内に尿素あるいはNH3を注入し、NOをN2に還元させる方法である。この方法は触媒脱硝法に比べ設備が簡易でランニングコストが低廉という長所があるが、未反応のNH3が排ガス中のHClと反応してNH4Clを生成し、白煙が発生するという問題がある。本研究では排ガス処理システムでの白煙生成条件、およびバグフィルター(以下略BF)での薬剤の有無などによる白煙除去可能性を検討した。このた …

    廃棄物学会研究発表会講演論文集 19(0), 184-184, 2008

    J-STAGE

  • Pyrolysis Kinetics of Commingled Agricultural Plastic Films

    Hwang In-Hee , Lee Dong-Hoon , Kim Seungdo [他]

    廃棄物学会研究発表会講演論文集 14回, 4-6, 2003-10-22

  • Gasification Characteristics of Sewage Sludge in Various Operating Conditions (第12回廃棄物学会研究発表会 講演論文集2) -- (Hazardous Waste and Others)

    Choi Byung-Soon , Hwang In-Hee , Lee Dong-Hoon [他]

    廃棄物学会研究発表会講演論文集 12, 1227-1229, 2001-10-31

  • 1 / 2
ページトップへ