山本 直人 YAMAMOTO Naoto

ID:9000000648558

コニカ株式会社 技術研究所磁気記録メディアグループ Magnetic Recording Media Laboratory, Research and Development Center, Konica Corporation (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • The Structures and Rheological Properties of Magnetic Tapes Prepared Using Iron Oxide and Metal Magnetic Powders  [in Japanese]

    KENPO Tsutomu , YAMAMOTO Naoto

    酸化鉄粉 (OP) およびメタル粉 (MP) 磁気テープの動的粘弾性 (E'およびE") の温度依存性を測走した。さらに周波数分散曲線を「時間-温度換算則」を用いて合成曲線として求めることにより, 架橋剤添加の有無熱処理の有無による粘弾性的性質の変化を比較検討した。その結果, OPテープのE'およびE" は架橋剤添加後熱処理後いずれもMPと比較して大きい値を示した。また, 合成曲線を求める際に用い …

    Journal of the Japan Society of Colour Material 67(3), 145-153, 1994-03-20

    J-STAGE  References (16)

  • The Performances of Magnetic Tapes and Rheological Properties of Magnetic Paints and Coatings Prepared Using Metal Magnetic Powders with Different Water Contents  [in Japanese]

    KENPO Tsutomu , YAMAMOTO Naoto

    水分被着量の異なるメタル磁性粉を用いて調製された磁性塗料のみかけ粘度η<SUB>a</SUB>、のせん断応力依存性 (流動曲線), 動的粘弾性の角周波数依存性およびせん断応力依存性を測定した。水分量の多い磁性粉を用いた塗料はη<SUB>a</SUB>, 貯蔵弾性率G'および損失弾性率G" が小さく, せん断応力依存性も小さい傾向が観察された。すなわち …

    Journal of the Japan Society of Colour Material 67(1), 14-23, 1994-01-20

    J-STAGE  References (8) Cited by (1)

  • The Structure and Rheological Properties for Magnetic Paints and Magnetic Tapes  [in Japanese]

    KENPO Tsutomu , YAMAMOTO Naoto , MORI Takahiro

    磁性塗料および磁性塗膜のキャラクタリゼーションをレオロジー的手法を用いて行った。バインダーと磁性粉の比率 (B/P) の異なる塗料を作成し, 応力制御式レオメータを用いて, 流動曲線, 動的粘弾性の応力依存性, クリープおよびクリープ回復の測定を各々一定条件下で行った。得られた知見をバインダー吸着量の測定結果と比較, 検討したところ, B/Pが大きくなるとバインダー吸着量, 未吸着量が共に増加傾向 …

    Journal of the Japan Society of Colour Material 66(3), 131-141, 1993-03-20

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

Page Top