青木 修 AOKI Osamu

ID:9000000682425

日本装蹄師会研究部 (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • 現代装蹄考 : その実状と将来  [in Japanese]

    青木 修

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(10), 638-641, 2006-10-20

    J-STAGE 

  • The Effects of One-Time Hoof Trimming on Blood Biochemical Composition, Milk Yield, and Milk Composition in Dairy Cows

    NISHIMORI Kazuhiro , OKADA Keiji , IKUTA Kentarou , AOKI Osamu , SAKAI Takeo , YASUDA Jun

    健康で蹄病のない泌乳牛への1回の削蹄が生産性に及ぼす効果を検討した.泌乳中期から後期の乳牛11頭に削蹄を実施し,削蹄前と削蹄後3週間に代謝プロファイルテストと牛群検定を実施した.削蹄の実施により代謝プロファイルテストではアルブミン,血中尿素態窒素,アンモニア,グルコースおよびβ-ヒドロキシ酪酸に変化が認められ,削蹄によって採食量が増加してルーメン発酵の安定化したことが示唆された.乳量に変化は認めら …

    Journal of Veterinary Medical Science 68(3), 267-270, 2006-03-25

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (2)

  • Effects of Hoof Trimming on Hematological and Biochemical Variables during Transport-induced Stress in Japanese Black Cattle  [in Japanese]

    MISUMI Kazuhiro , SHINSATO Takeshi , AOKI Osamu , SETOYAMA kentaroh , MIURA Naoki , YANAGITA Kohichi , SAKAMOTO Hiroshi

    肉用牛の輸送ストレスに及ぼす削蹄の効果について検討した。黒毛和種肥育牛41頭を削蹄群(27頭)と無削蹄群(14頭)に分けた。削蹄群は6ヵ月ごとに削蹄され、出荷3ヵ月前に最後の削蹄を行った一方で、無削蹄群は肥育期間中にまったく削蹄されなかった。出荷に伴うトラック輸送(距離57.8km、4時間)の前後で、体重測定と血液および血液化学検査を行った。クレアチンホスホキナーゼ(CK)活性およびコルチゾール値 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 54(11), 837-840, 2001-11-20

    JASI  Ichushi Web  References (18)

  • Effects of Trimming on Hoof Growth, Hoof-disease Occurrence, and Productivity in Japanese Black Beef Cattle  [in Japanese]

    MISUMI Kazuhiro , TORII Tetsutaroh , AOKI Osamu , FUJIKI Makoto , MIURA Naoki , YANAGITA Kohichi , SAKAMOTO Hiroshi

    肥育牛における蹄の生長、蹄疾患の発生や生産性と削蹄との関係について検討した。肥育期の黒毛和種16頭(13.0±2.0ヵ月齢、体重308.0±30.8kg、去勢牛)を削蹄間隔により3、6および12ヵ月削蹄群ならびに無削蹄群の4群に分け、以後19ヵ月間、蹄計測、蹄形め変化を記録した。と殺後、蹄病変を観察し、枝肉成績を記録した。削蹄間隔の延長に伴い、蹄角度は小さく、蹄壁・蹄踵長は長くなった。12ヵ月削蹄 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 54(11), 829-836, 2001-11-20

    JASI  Ichushi Web  References (19)

Page Top