坂本 信 SAKAMOTO MAKOTO

ID:9000001067654

Sanwa Hospital (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • COMPARATIVE STUDY OF RANDOM AMPLIFIED POLYMORPHIC DNA OF TRYPANOSOMA CRUZI ISOLATES FROM PARAGUAY

    BABA SAYUMI , MATSUMOTO TAMAMI , KANBARA HIROJI , SAKAMOTO MAKOTO , MALDONADO MARISEL , DE ARIAS ANTONIETA ROJAS , SAYA HIDEYUKI , MIMORI TATSUYUKI

    Japanese journal of tropical medicine and hygiene 27(3), 427-431, 1999-09-01

    Ichushi Web  References (19)

  • ONCHOCERCIASIS: A STUDY ON THE RELATION BETWEEN LABORATORY DATA AND REACTIONS ELICITED BY DIETHYLCARBAMAZINE  [in Japanese]

    Sakamoto Makoto , Mimori Tatsuyuki , Korenaga Masataka , Tada Isao , Zea G.F. , Castro J.C.

    中米グアテマラ国のオンコセルカ症患者29名についてDEC(5mg/kg/day 7日間)で治療し,その時におこる臨床像の観察と治療前における検査成績より,治療時における臨床像の重症度を予測した。治療時の主な反応は掻痒感,疼痛,発疹,発赤,リンパ節腫脹,浮腫であった。これらはDEC投与による炎症性反応であると考えられた。これら炎症性反応の重症度と治療前の検査成績の関係においては末梢血中の好酸球及びO …

    Japanese journal of tropical medicine and hygiene 12(4), p231-238, 1984-12

    IR  Ichushi Web 

  • Dirofilaria immitisミクロフィラリアのマウス皮下および腹腔内への感染実験〔英文〕  [in Japanese]

    坂本 信 [他]

    Japanese journal of parasitology 33(5), p415-420, 1984-10

    Ichushi Web 

  • The Change of Blood Picture of Patients with Onchocerciasis following Administration of Diethylcarbamazine  [in Japanese]

    坂本 信 , Flores G. Z.

    オンコセル症の治療目的でDiethylcarbamazine(DEC)を経口投与した時の末梢血液像の変化を32名の患者について観察した.DECの投与により総白血球は有意に上昇し,その原因は血球分画における好中球の増加によるものと考えられる.好酸球,リンパ球の変動に有意差はみられなかった.仔虫密度のDEC投与時における末梢血液像に与える影響はあまりみられなかった.

    Tropical medicine 25(1), p47-50, 1983-03

    IR  Ichushi Web 

  • Experimental Infection of Rat with Brugia pahangi  [in Japanese]

    坂本 信 [他] , 青木 克己 , 嶋田 雅暁 , 中島 康雄

    100~300隻のB. pahangi感染幼虫をラット(Wister系)鼠径部皮下に接種し,B. pahangiに対するラットの感受性について検討した.実験ラット20匹(雄9,雌11)中6匹(雄5,雌1)の末梢血中に仔虫が検出されたが,残り14匹は接種後120日以上の観察で仔虫はみられなかった.雄ラットは雌に比しB. pahangiに対する感受性が明かに高い.感染幼虫接種より仔虫が末梢血中に出現す …

    Tropical medicine 24(3), p125-130, 1982-09

    IR  Ichushi Web 

  • Experimental Transmission of Brugia pahangi into mice  [in Japanese]

    坂本 信 , 青木 克己 , 中島 康雄

    The development of Brugia pahangi in ICR strain of mice was studied. Seventy to 200 infective larvae were inoculated subcutaneously in the inguinal region of 63 mice. One to 8 mice were killed at inte …

    Tropical medicine 24(1), p17-25, 1982-03

    IR  Ichushi Web 

Page Top