新田 隆 NITTA Takashi

ID:9000001198488

日本医科大学外科学・心臓血管外科 (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • PD-4アブレーションデバイスを用いた心房細動手術の有効性  [in Japanese]

    新田 隆 , 落 雅美 , 清水 一雄 , 栗田 二郎 , 神戸 将 , 大森 裕也 , 檜山 和弘 , 藤井 正大 , 石井 庸介 , 別所 竜蔵 , 菅野 重人

    Jinko Zoki 35(2), S55-S55, 2006

    J-STAGE 

  • 心房細動手術の現況と将来の展望  [in Japanese]

    新田 隆

    循環制御 = CIRCULATION CONTROL 23(2), 132-136, 2002-06-28

    Ichushi Web  References (19)

  • 手術・その他  [in Japanese]

    辻 隆之 , 今村 正之 , 別所 竜蔵 , 新田 隆 , 山内 茂生 , 矢島 俊巳 , 田中 茂夫 , 大島 英揮 , 村上 文彦 , 冨田 康裕 , 碓氷 章彦 , 坂本 忠弘 , 川村 光生 , 太田 耕造 , 木村 時久 , 山家 智之 , 薗部 太郎 , 永沼 滋 , 井筒 憲司 , 小林 信一 , 仁田 新一 , 吉澤 誠 , 古谷 栄光 , 小野 寺久 , 韓 秀玄 , 白神 豪太郎 , 荒木 光彦 , 前谷 俊三 , 森健 次郎

    Jinko Zoki 25(Supplement), S65-S67, 1996

    J-STAGE 

  • Myocardial oxygen supply demand ratio(SDR) to determined the in weaning frome IABP.  [in Japanese]

    KAJI M. , OSAKA S. , NINOMIYA J. , IKESITA M. , SHOUJI T. , TANAKA S. , IMURA H. , BETTUSYO R. , KUTUKATA Y. , SUGIMOTO T. , YAMAUCHI H. , NITTA T. , SASAKI K.

    IABP離脱時期決定に際して, 従来どうり, SVI, CI, PCWP等の心機能面での指標を重視する事に関しては異論がない。しかし, これら指標によるIABP離脱後, 急激に状態が悪化する症例も経験する。これに関してSDR低値に起因する心内膜下虚血が関与する可能性の有無を検討した。SVI, CI, PCWP等を指標としたIABP離脱後, 離脱不成功であった症例におけるSDRは1:4, 1:8の状 …

    Jinko Zoki 19(1), 270-273, 1990

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 心室性不整脈に対するAprindine静注の効果と心血行動態に及ぼす影響  [in Japanese]

    子島 潤 , 早川 弘一 , 洪 芳樹 , 関野 三津也 , 新田 隆 , 家所 良夫 , 洪 基哲 , 田中 啓治 , 加藤 貴雄 , 高野 照夫

    Rinsho yakuri/Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics 16(1), 15-16, 1985

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Extracorporeal ultrafiltration method for the treatment of refractory heart failure.  [in Japanese]

    TAKANO Teruo , AKIMOTO Masao , HAYAKAWA Hirokazu , OKUMURA Hidemasa , SEINO Yoshihiko , FUJII Hiroyuki , KOH Mototetsu , NITTA Takashi , ENDO Takao , TANAKA Keiji , KATOH Takao , TOMITA Masaru

    難治性心不全7例に対するextracorporeal ultrafiltration method (ECUM)の効果を検討した. ECUMによる除水量は1416.4±662.2mlで,平均肺動脈圧,肺毛細管圧,中心静脈圧はECUM施行前に比べ. ECUM後有意に低下した.また動脈血酸素分圧,血清creatinine, BUN, Na, K値はECUM前に比し, ECUM後有意に上昇 …

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 74(12), 1732-1738, 1985

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top