佐藤 昭男 SATOH Akio

ID:9000001211125

横浜市衛生研究所 Yokohama City Institute of Health (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Residues of Total Mercury and Methyl Mercury in Eel Products  [in Japanese]

    SATO Naoyuki , ISHII Keiko , SATOH Akio , TANAKA Yasuo , HIDAKA Toshio , NAGAOKA Noboru

    ウナギ加工品(蒲焼,肝串焼)52検体を試料として総水銀,メチル水銀の残留調査を行った.蒲焼,肝串焼の総水銀濃度はそれぞれ平均で0.21 ppm, 0.10 ppmであり,メチル水銀濃度は平均で0.085 ppm, 0.039 ppmであった.総水銀に対するメチル水銀の割合は,蒲焼では60~80%,肝串焼では35~65% のものが多かった.蒲焼,肝串焼ともに総水銀濃度が暫定的規制値を超えた検体のメチ …

    Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi) 46(6), 298-304, 2005-12-25

    IR  J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • Analysis of Moxidectin by LC/MS and Determination of Residues in Adipose and Muscle Tissues in Commercial Beef  [in Japanese]

    SATO Naoyuki , ISHII Keiko , SATOH Akio , HIDAKA Toshio , NAGAOKA Noboru

    蛍光誘導体化を行わず,迅速で高感度な牛肉中モキシデクチンのLC/MSによる分析法について検討した.分析条件としては,イオン化モードをAPCIポジティブで行い,フラグメンター電圧を100 Vとしたとき良好な測定ができた.回収率は脂肪および筋肉組織で,それぞれ 93.3%, 96.5% であった.市販牛肉中のモキシデクチンの確認については3つのモニターイオンを用いて,保持時間とイオン強度比によって同定 …

    Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi) 44(4), 198-202, 2003-08-25

    IR  J-STAGE  References (10)

Page Top