後藤田 康夫 GOTODA Yasuo

Articles:  1-6 of 6

  • A study on the usefulness of metallic stents for malignant colorectal stenosis compared to that of transanal ileus tube  [in Japanese]

    中野 佑哉 , 沖津 宏 , 増田 有理 , 藏本 俊輔 , 松本 大資 , 富林 敦司 , 後藤 正和 , 浜田 陽子 , 湯浅 康弘 , 川中 妙子 , 石倉 久嗣 , 木村 秀 , 阪田 章聖 , 上田 紗代 , 辻 真一郎 , 宮本 佳彦 , 中井 陽 , 山本 英司 , 桑山 泰治 , 島田 直 , 野々木 理子 , 後藤田 康夫 , 佐藤 幸一

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 13-16, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical Analysis of 21Patients with Diabetes Mellitus Admitted to the Tokushima Red Cross Hospital Critical Care Center because of Diabetic Hypoglycemic Coma  [in Japanese]

    宮 恵子 , 近藤 絵里 , 金崎 淑子 , 新谷 保実 , 宮井 優 , 中井 陽 , 別宮 浩史 , 山本 英司 , 島田 直 , 桑山 泰治 , 野々木 理子 , 後藤田 康夫 , 佐藤 幸一 , 長田 淳一 , 箕田 直治 , 當別當 庸子 , 若松 成知 , 福田 靖 , 加藤 道久 , 郷 律子 , 神山 有史

    2008年4月~2009年3月の間に,当院救命救急センターに入院した糖尿病性低血糖性昏睡21例(男10人:女11人)の臨床像を検討した.平均年齢は76.9±12.5(Mean±SD)歳,救急車要請時のJCS>100が20人,JCS30が1人であった.来院時の血糖値は28.6±9.7mg/dl,回復に要した時間は17.5±12.6時間,使用したブトウ糖は101±67.5gであった.直近の治療薬が経口 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 21-25, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Review of 121Cases of Acute Pancreatitis Admitted to Our Hospital during the Past 4Years  [in Japanese]

    一宮 理子 , 桑山 泰治 , 島田 直 , 近藤 絵里 , 原 朋子 , 後藤田 康夫 , 金崎 淑子 , 吉田 智則 , 尾崎 敬治 , 新谷 保実 , 佐藤 幸一 , 後藤 哲也 , 宮 恵子 , 長田 淳一

    急性膵炎は重症例で高い死亡率を示す疾患であり,早期に重症度判定を行い,重症例には全身管理のもと集中治療が必要である.当院では輸液,抗菌薬,蛋白分解酵素阻害剤の投与といった一般的な治療に加え,胆石症例には速やかな内視鏡治療を行い,重症例には蛋白分解酵素阻害剤・抗菌薬持続動注療法や持続的血液濾過透析(CHDF)等の特殊治療を併用している.今回,2003年4月~2007年3月に当科で入院加療を行った12 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 13(1), 5-9, 2008-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Hypertrophic pachymeningitis with cranial nerve palsy spreading subsequently  [in Japanese]

    MIHARA Ai , MASUDA Kenjiro , MIYAGI Junko , GOTODA Yasuo , SATO Koichi , NAGATA Junichi , MIYAKE Hajimu

    患者は65歳,女性.嗄声・嚥下障害で発症し,順次脳神経症状が上行拡大した後,意識障害を呈した. Gd造影頭部MRIで著明に肥厚した脳硬膜を認め,硬膜生検より肥厚性硬膜炎と診断した.ステロイドパルス療法により意識障害は速やかに回復し,脳神経麻痺も眼球運動から順次改善した.各種の自己抗体が陽性で,ステロイドが著効を示したことより,発症に自己免疫の関与が示唆された.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 93(11), 2413-2415, 2004-11-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (8)

  • Guillain-Barre Syndrome and Related Diseases Treated in Our Hospital  [in Japanese]

    増田 健二郎 , 佐藤 幸一 , 後藤田 康夫 , 宮 恵子 , 藤野 修 , 後藤 哲也 , 長田 淳一 , 川井 恵子 , 原田 真 , 市原 寿江 , 黒川 千鶴 , 大島 三佳 , 山村 篤司郎 , 郷 律子 , 阪田 章聖 , 真鍋 仁志 , 長田 浩彰 , 森 紘治 , 美馬 豊 , 木村 律子

    当院におけるギラン・バレー症候群(GBS)GBS)および類縁疾患の最近6.5年間の状況について述べた。症例数は20例で、女性8 名、男性1 2名で若干男性に多かった。発症年齢は若年成人と55歳以上の比較的高齢者が多く、30~55歳の壮年には少ない。急性のもの(広義のGBS)は17例でうち3例はFisher症候群(MFS)であった。他の3例は慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)と考えられた。8割以 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 8(1), 37-43, 2003-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Long-Term Steroid Therapy of Autoimmune Hepatitis Associated with HCV Infection  [in Japanese]

    後藤田 康夫 , 長田 淳一 , 黒川 千鶴 , 佐藤 幸一

    小松島赤十字病院医学雑誌 6(1), 113-117, 2001-03-01

    IR 

Page Top