原田 徹 HARADA Toru

ID:9000001521997

(株)環境電磁技術研究所 Electromagnetic Compatibility Research Laboratories (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Effect of Different Termination on Crosstalk  [in Japanese]

    Mizuguchi Yukinori , Harada Toru , Shinohara Shinichi

    Proceedings of the IEICE General Conference, 305, 1998

    Cited by (2)

  • Effect of Different Terminating Impedances on Crosstalk  [in Japanese]

    Mizuguch Yukinori , Harada Toru , Shinohara Shnich

    近年の周波数の高速化や基板の高密度化に伴い、近接した線路間にクロストークが発生しやすくなっている。また、線路の終端条件も多種多様化している。本報告では、終端インピーダンス条件の違いがクロストークに与える影響の検討結果について述べる。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.通信(1), 249, 1997-08-13

  • Study of normal mode voltage induced between wires on a PCB by external field  [in Japanese]

    Harada Toru , Shinohara Shinichi , Sato Risaburo

    It is one of the effective approaches to estimate the induced voltage of wires at the design stage of printed circuit boards (PCBs) when thinking about mulfunction of equipments. This paper deals with …

    IEICE technical report. Electromagnetic compatibility 97(105), 31-36, 1997-06-19

    References (2)

  • A Study on Crosstalk in different terminations  [in Japanese]

    Mizuguchi Yukinori , Harada Toru , Shinohara Shinichi

    周波数の高速化や基板の高密度化に伴い, 近接した線路間にクロストークが発生しやすくなっている. また, 近年の動作信号レベルの低下により, わずかなクロストークでも誤動作を引き起こす原因となる. したがって, クロストーク対策は今後もより重要になる. 従来, クロストークに関する研究は, 結合2本線路として分布定数回路論として行われている. しかし, 詳細な解析とともに, 設計時により簡易に結合量 …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.通信(1), 341, 1997-03-06

  • A Study on between Two Transmission Lines Induced by Exterminal Fields  [in Japanese]

    Harada Toru , Shinohara Shinichi

    イミュニティ問題を解決するため回路基板レベルで対策を講じることが有効なアプローチの一つである^<1)>. 放射イミュニティ問題のひとつとして, 回路基板が外来電磁界に曝されたとき, 配線ごとの誘起電圧の位相差(以下, 位相差とする)に起因して配線間に電圧が生じ, ノーマルモード電流が流れる場合に着目した. 本報告では, 配線間の位相差および配線間電圧に影響を与える条件やメカニズムを明ら …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.通信(1), 340, 1997-03-06

Page Top