斉藤 しのぶ

Articles:  1-18 of 18

  • Chiba University Extension Lecture : Let's learn Disaster Nursing  [in Japanese]

    宮﨑 美砂子 , 岩﨑 弥生 , 斉藤 しのぶ [他] , 和住 淑子 , 飯野 理恵

    平成23年3月11日に起きた東日本大震災のみならず,全世界では様々な災害が発生している.そのたびに災害が日常生活を瞬時に奪い去り,個人の生活だけではなく,健康問題や社会問題など様々に影響を及ぼすということを自覚させられる.千葉大学看護学研究科では,国公私立5大学共同教育課程「災害看護グローバルリーダー養成プログラム」の採択を受け,災害に関する多くの課題に的確に対応し,看護学独自の観点から人々の健康 …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 (36), 53-58, 2014-03

    IR 

  • Chiba University Extension Lecture "End of Life from the point of view of nursing"  [in Japanese]

    今村 恵美子 , 長江 弘子 , 和住 淑子 [他] , 斉藤 しのぶ

    日本ホスピス緩和ケア協会によると,エンド・オブ・ライフケアの考え方は1990年代からアメリカやカナダで提唱され始めた(http://www.hpcj.org/what/definition.html,2012年9月15日アクセス). 日本においても,終末期医療をめぐって,ケアをする人もケアを受ける人も満足することができる支援の在り方が問われる社会の動きを反映して,「エンド・オブ・ライフケア」という …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 (35), 43-47, 2013-03

    IR 

  • Systematization of career education and implementation of the career portfolio for undergraduate student in nursing  [in Japanese]

    中村 伸枝 , 谷本 真理子 , 坂上 明子 [他] , 増島 麻里子 , 斉藤 しのぶ , 小澤 治美 , 河井 伸子

    文部科学省の「キャリアガイダンスを適切に大学の教育活動に位置づける」方針に基づく大学全体の初年次キャリア教育導入を受け,看護学部教務委員会が中心となり,キャリア教育として正課内の科目と正課外の活動を1年次から4年次まで位置づけ体系化するとともに,キャリアポートフォリオを作成した.正課内のキャリア教育として,1年次4月の専門職連携Ⅰ(学部独自プログラム),および,4年次後期の看護学セミナー統合を位置 …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 (35), 21-24, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Report of Nursing Science Education of the New Curriculum : The Classes of Integrative Nursing Practicum and Comprehensive Seminar of Nursing Science in Fundamental Nursing in 2012  [in Japanese]

    川上 裕子 , 椿 祥子 , 濵田 慎 [他] , 大野 朋加 , 斉藤 しのぶ , 山本 利江

    平成20年の保健師助産師看護師学校養成所指定規則改正により「統合分野」が設けられ,「臨地実習」として「看護の統合と実践」が組み込まれた統合実習が導入された.統合実習について,実習満足度や自己評価調査,新たな実習内容の開発や学習経験の構造化はされているものの,指定規則改正の契機となった,看護基礎教育の内容と臨床現場で求められる能力の乖離に対応する,看護実践能力と看護業務遂行能力のいずれも,実習での修 …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 (35), 9-14, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Report on revision of the portfolio for self-evaluation of nursing practice  [in Japanese]

    坂上 明子 , 谷本 真理子 , 増島 麻里子 [他] , 斉藤 しのぶ , 小澤 治美

    社会の要請に応え,資質の高い看護職者を育成するためには,看護基礎教育課程における教育の質を向上させ,卒業時の看護実践能力の水準を一定に保証することが必要である.千葉大学看護学部では,学生が卒業時までに獲得することが求められる看護実践能力を育成するために,平成18年より看護実践能力自己評価ポートフォリオを活用している.これは,「看護基本技術の到達レベル自己評価編」と「実習の到達レベル自己評価編」から …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 (35), 15-20, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • A study of nursing issues for autoimmune disease patient in early stage : Analyzing method applied KAGAKUTEKI KANGORON as a nursing theory  [in Japanese]

    郡 紅菜 , 中村 愛 , 椿 祥子 , 斉藤 しのぶ , 山本 利江

    本研究の目的は,自己免疫疾患発症初期の生活過程における調和の乱れに注目し,看護上の問題を明らかにし,発症初期の自己免疫疾患患者の看護についての示唆を得ることである。対象は外来患者で,研究参加の同意が得られた4名であった。本研究は科学的看護論を理論的前提とし,外来受診に合わせて半構成的面接を行い,その逐語録および患者情報を記したフィールドノートをデータ源とした。分析の結果,自己免疫疾患発症初期の患者 …

    千葉看護学会会誌 18(2), 17-25, 2012-12

    IR  Ichushi Web 

  • A consideration of nursing education based on characteristics in the acquisition of nursing science for 3rd-year registered nurse baccalaureate students  [in Japanese]

    斉藤 しのぶ , 椿 祥子 , 和住 淑子

    本研究の目的は,看護系大学3年次編入学生の学士課程入学時における看護学修得上の特徴を踏まえ,編入学における導入教育方法を検討することである。編入学直後に書かれた編入生自身の看護実践レポートを研究対象とし,レポートから事例に対する看護者の認識,看護過程を振り返る認識を抽出,看護学修得上の特徴を質的帰納的に明らかにした。 分析の結果,1.医療現場の条件を自身の看護実践の限界と見做し,直面した問題に解決 …

    千葉看護学会会誌 17(2), 39-45, 2011-12

    IR  Ichushi Web 

  • A development of experienced nurses' ability for nursing practice after educational program that applied to nursing theory  [in Japanese]

    斉藤 しのぶ , 河部 房子 , 和住 淑子

    本研究の目的は,経験を積んだ看護師の看護実践能力の発展における看護理論活用の有用性を検討することである.認定看護師教育課程(透析看護分野)受講生に対し,看護理論を組み込んだ教育プログラムを展開し,その前後の看護過程展開における認識の変化を比較分析した.その結果,指導の前後で受講生の認識は,【内部環境の平衡状態が厳密に描かれ,透析患者の健康状態についての判断規準が詳しくなる】【生命力の消耗を最小にす …

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (30), 1-9, 2008-03

    IR  Ichushi Web 

  • Original Article  [in Japanese]

    斉藤 しのぶ

    本研究の目的は,血液透析患者の自己管理における問題解決の方向性を探る看護過程の構造を明らかにすることである。研究対象は,血液透析患者4名に対する看護過程であり,その看護過程を展開する看護者の思考過程に反映された事実である。分析は,統一体としての調和の乱れという観点から自己管理における問題を分析し,その問題に対する看護者の思考過程を明らかにした。次に,全事例の看護過程の共通性・相異性を比較検討し,研 …

    千葉看護学会会誌 12(2), 43-49, 2006-12-30

    IR  Ichushi Web 

  • CONSTRUCTING A THEORETICAL & ANALYTICAL FRAMEWORK FOR META-SYNTHESIS OF CLINICAL KNOWLEDGE OF INTERPERSONAL RELATIONSHIP IN JAPANESE NURSING  [in Japanese]

    正木 治恵 , 清水 安子 , 田所 良之 , 谷本 真理子 , 斉藤 しのぶ , 菅谷 綾子 , 榎元 美紀代 , 黒田 久美子

    The purpose of this study was to construct a theoretical & analytical framework for meta-synthesis of clinical knowledge of interpersonal relationship in Japanese nursing. We constructed the framework …

    千葉看護学会会誌 11(1), 55-62, 2005-06-30

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • FORMATIVE PROCESS FOR THE RECOGNITION OF SELF-CARE ON INTRODUCTION TO DIALYSIS  [in Japanese]

    斉藤 しのぶ

    本研究の目的は,透析導入期に患者が身体の内部環境の変化に遭遇しつつ,自己管理の認識を形成していく過程の特徴を明らかにすることである。筆者自身が関わった透析導入期患者2名への援助過程から自己管理の認識の形成に関連した場面を選択,再構成し,場面毎に自己管理の認識の特徴を読みとった。場面間のつながりを捉えつつ,各患者の自己管理の認識の形成過程を明らかにし,更にこれらを比較検討した結果,以下の特徴を明らか …

    千葉看護学会会誌 8(1), 1-7, 2002-06-30

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • 『思索への示唆』献辞から人間の発展過程に関する見方を探る試み  [in Japanese]

    斉藤 しのぶ , 和住 淑子 , 青木 好美 [他]

    Journal of Florence Nightingale studies (8), 41-52, 2002-03

  • F.ナイチンゲールにおける人間の発展過程に関する一貫した見方--『思索への示唆』献辞より  [in Japanese]

    斉藤 しのぶ , 和住 淑子 , 青木 好美 [他]

    綜合看護 37(1), 17-28, 2002-02

    Ichushi Web 

  • EXPERIENCES AND RECOGNITION OF THE NURSING STUDENTS IN THE FIRST GRADE WHO NURSE A SIMULATED PATIENT FOR THE FIRST TIME  [in Japanese]

    和住 淑子 , 山本 利江 , 斉藤 しのぶ

    本研究の目的は,模擬患者への看護を初めて体験した初年次看護学生の体験内容と認識の特徴を明らかにし,看護職者としての専門的認識を形成する上で,この体験のもつ意味を検討することである。研究対象は、初年次看護学生71名が体験後に提出したレポートである。まず,レポートからまとまった体験が記述されている部分を抽出し,その記述を,学生の体験とその体験から生じた認識を区別しながら読みとって再構成した。次に,これ …

    千葉看護学会会誌 5(2), 49-54, 1999-12

    IR  Ichushi Web  Cited by (2)

  • 模擬患者への看護を初めて体験した初年次看護学生の体験内容と認識の特徴  [in Japanese]

    和住 淑子 , 山本 利江 , 斉藤 しのぶ

    日本看護科学会誌 18(4), 254-255, 1998-12-03

    Ichushi Web 

  • モジュール方式による看護技術教育の展開 : <自己学習-グループ学習-個別指導-自己評価>システムの概要  [in Japanese]

    嘉手苅 英子 , 山本 利江 , 和住 淑子 , 斉藤 しのぶ , 山岸 仁美 , 新田 なつ子

    日本看護学教育学会誌 7(2), 198, 1997-07-01

    Ichushi Web 

  • モジュール方式による看護技術教育の展開 : 実習記録とその評価に焦点をあてて  [in Japanese]

    山岸 仁美 , 斉藤 しのぶ , 山本 利江 , 和住 淑子 , 嘉手苅 英子 , 新田 なつ子

    日本看護学教育学会誌 7(2), 197, 1997-07-01

    Ichushi Web 

  • モジュール方式による看護技術教育の展開 : 「看護方法I」のグループ学習予定の作成より  [in Japanese]

    山本 利江 , 和住 淑子 , 斉藤 しのぶ , 嘉手苅 英子 , 山岸 仁美 , 新田 なつ子

    日本看護学教育学会誌 7(2), 196, 1997-07-01

    Ichushi Web 

Page Top