久保田 信雄 KUBOTA Nobuo

ID:9000001564554

株式会社ポーラファルマ医薬研究所 R&D Laboratories, POLA PHARMA INC. (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Comparison of Characteristics of Two Topical Therapeutic Agents for Onychomycosis  [in Japanese]

    Shimamura Tsuyoshi , Miyamae Akiko , Imai Ami , Hirayanagi Kozue , Iwanaga Tomoyuki , Kubota Nobuo , Shibuya Kazutoshi

    近年,外用爪白癬治療薬が次々に開発・上市され,長年抗真菌薬の経口投与に限られていた爪白癬治療法に新たな選択肢が増えてきている.本研究では,わが国で上市されている5%ルリコナゾール外用液および10%エフィナコナゾール外用液の特性把握のため,薬剤塗布後の爪中薬物濃度および爪中薬物の抗真菌活性を比較した.<I>In vitro</I>ヒト爪薬物透過性試験では,薬剤をヒト爪に単回投 …

    Medical Mycology Journal 57(4), J141-J147, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Distribution of Luliconazole in Nail Plate by <I>In Vitro</I> Permeation and Efficacy by Zone of Inhibition Test after Treatment of Luliconazole Nail Solution  [in Japanese]

    Shimamura Tsuyoshi , Miyamae Akiko , Arai Masakazu , Minemura Aya , Nozawa Akira , Kubota Nobuo

    外用爪白癬治療薬として創出したルリコナゾール爪外用液について, 製剤特性を検証するため, 爪中の薬物濃度分布測定および抗真菌活性評価を行った. <I>In vitro</I>爪薬物透過性試験では, 薬剤塗布後の爪を爪甲表面から爪床側に向けて水平にスライスし, 爪の深さごとに薬物濃度を測定し, 製剤濃度依存性, 爪の厚さへの影響および投与期間の関係を検証した. 0.2, 1, …

    Medical Mycology Journal 57(1), J19-J25, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Antifungal Activity of Luliconazole Nail Solution on <I>in vitro</I> and <I>in vivo</I> Onychomycosis Model  [in Japanese]

    Shimamura Tsuyoshi , Hasegawa Nami , Kubota Nobuo

    外用爪白癬治療薬として創出したルリコナゾール爪外用液について, 2つの感染モデルを用いて抗真菌効果の評価を行った. まず, <I>Trichophyton mentagrophytes</I>の菌液をヒト爪サンプルの爪床側に接種し, フランツセルに固定して9日間培養を行い<I>in vitro</I>爪白癬モデルを作製した. 培養後, ルリコナゾール …

    Medical Mycology Journal 57(1), J13-J18, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effects of PR-000608, a novel dopamine uptake inhibitor, in MPTP-treated mice  [in Japanese]

    KUBOTA Nobuo , INAZU Masato , MASUDA Tomoko , NAKANO Hiroyuki

    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 17(6), 328, 1997-12-25

    Ichushi Web  References (2)

Page Top