梅田 雅士 UMEDA Masashi

Articles:  1-4 of 4

  • Regional network information system aimed at relief and safety improvement and the application  [in Japanese]

    山口 亨 , 玉井 郁夫 , 梅田 雅士 [他]

    情報インフラは整い、便利になり、そして高度化してきた。しかし、機器を活用することのできない情報弱者と呼ばれる人たちが存在し、格差が進んでいるのが現状である。そこで、障害や状況に関わらず必要とする情報を簡単に入手することができるネットワークシステムが必要である。本稿では、意図や障害を認識する動作認識モデルとそこから得た知識を共有することができるネットワークインテリジェンスを提案する。そして安心、安全 …

    Journal of urban science (1), 31-39, 2007-03

    IR 

  • Network Intelligence System Using Disaster-Prevention Ontology  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Toru , UMEDA Masashi , SAITOU Maiji , HARASHIMA Fumio

    計測自動制御学会論文集 42(6), 691-697, 2006-06-30

    References (7)

  • 防災ネットワークオントロジーによるネットワークインテリジェンスシステム  [in Japanese]

    山口 亨 , 梅田 雅士

    Memoirs of Tokyo Metropolitan Institute of Technology 19, 97-102, 2006-01

  • Developing the Support System by Network Intelligence in Case of Disaster  [in Japanese]

    山口 亨 , 齋藤 毎至 , 梅田 雅士 [他] , 小倉 泉 , 秋山 哲男

    情報インフラは整い、便利になり、そして高度化してきた。その反面、大地震などの災害時には非常に弱い。よって、既存のネットワークに機能を追加し、災害に強いネットワーク構築を行うことが必要である。また、被災状況に応じて避難経路や火災状況など必要な情報を自動的に集めてくる機能も必要である。本稿では、災害時におけるネットワークリンクのダウンを克服するための手法と、状況に応じて必要な情報を自動的に集めてくるた …

    Comprehensive urban studies (85), 69-77, 2005-03

    IR 

Page Top