小西 高志 KONISHI Takashi

Articles:  1-8 of 8

  • ポルフィリン症 (特集 神経疾患の現在とこれから) -- (診療の最前線)  [in Japanese]

    小西 高志

    内科 = Internal medicine : 臨床雑誌 123(6), 1275-1277, 2019-06

    Ichushi Web 

  • Example of families with Startle disease (Hyperexplexia) whose diagnosis was confirmed by Gene analysis  [in Japanese]

    榮本 昭仁 , 今井 昇 , 伊賀崎 翔太 , 堀内 公成 , 守屋 麻美 , 八木 宣泰 , 小西 高志 , 芹澤 正博 , 小張 昌弘

    Startle病(Hyperekplexia)は驚愕反応の亢進状態を特徴とする稀な疾患であり,聴覚・触覚性の刺激による過剰な驚愕反応は筋硬直や筋痙攣,ミオクローヌスを生じ,転倒や呼吸困難などを引き起こす.新生児期に発症することが多く,大部分が乳幼児期を過ぎると自然に軽減するが,成人になってから発症する例も存在する.原因となる染色体の異常がいくつか同定されており,グリシン受容体・輸送体の遺伝子異常が …

    静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 37(1), 15-19, 2017-12-01

    IR  Ichushi Web 

  • Etiology and risk factors for stroke in young patients  [in Japanese]

    岸田 憲弘 , 今井 昇 , 八木 宣泰 , 小西 高志 , 芹澤 正博 , 小張 昌宏

    静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 28(1), 1-4, 2009-02-01

    IR  Ichushi Web 

  • Intravenous Recombinant tissue plasminogen activator (rt-PA) for acute ischemic stroke  [in Japanese]

    杉澤 千穂 , 八木 宣泰 , 小西 高志 , 今井 昇 , 芹澤 正博 , 小張 昌宏 , 岡部 多加志

    静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 27(1), 54-58, 2007-12-01

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Acute Cardiosenic Cerebral Embolism Which showed Remarkable Responses to rt-PA Therapy  [in Japanese]

    祖父江 恭子 , 小西 高志 , 八木 宣泰 , 今井 昇 , 芹澤 正博 , 小張 昌宏 , 岡部 多加志

    症例は63歳女性.平成18年9月某日,突然発症の左片麻痺および構音障害にて当院救急外来へ搬送された.心原性脳塞栓症と診断し,発症2時間でrt PA治療を開始し著効した.脳梗塞超急性期症例ではrt PA使用を念頭に迅速な対応が必要である.また脳虚血症状に先行して両肩から後頚部にかけての違和感を認めており,心原性脳塞栓症の前駆症状の一つして注目すべきである.

    静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 26(1), 41-45, 2006-12-01

    IR  Ichushi Web 

  • A case of Spinal Cord Infarction with Transverse Myelopathy  [in Japanese]

    浅見 昌樹 , 八木 宣泰 , 芹澤 正博 , 小西 高志 , 今井 昇 , 小張 昌宏 , 岡部 多加志

    症例は75歳女性.突然発症の腰背部違和感と両下肢脱力を主訴に来院 第7胸髄(Th 7)レベル以下の温痛覚・触覚・深部感覚の消失,両下肢の完全麻痺と腱反射消失,膀洸直腸障害を認めたため,Th 7領域の横断性脊髄障害と診断した 髄液検査では軽度の蛋白増加を認めるのみで,発症6時間後に実施した脊髄MRIでは異常を認めず,身体所見や突然発症の病歴より脊髄梗塞が最も疑われた.脳梗塞の治療に準じて, エグラボ …

    静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 26(1), 33-36, 2006-12-01

    IR  Ichushi Web 

  • 症例報告 群発頭痛様の疼痛を呈したMaffucci's syndromeの1例  [in Japanese]

    北村 英二 , 今井 昇 , 小西 高志 [他]

    Brain and nerve 58(6), 514-517, 2006-06

    Ichushi Web 

  • Temporal arteritis repeatedly associated with cranial neuropathies  [in Japanese]

    OKUNO Hironobu , IMAI Noboru , KONISHI Takashi , SUZUKI Youji , SERIZAWA Masahiro , OKABE Takashi

    症例は73歳, 女性. 71歳時に側頭動脈炎を発症しステロイド内服で改善していた. その後, 脳神経障害 (動眼神経麻痺, 三叉神経第3枝知覚障害, 外転神経麻痺) を伴う再燃を2度認めたが, ステロイド投与で改善した. 側頭動脈炎で三叉神経領域の障害を起こすことは稀であり, 三叉神経第3枝知覚障害を起こした機序について解剖学的考察を加えて報告する.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 95(5), 939-941, 2006-05-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (6) Cited by (2)

Page Top