林 篤 HAYASHI Atsushi

Articles:  1-6 of 6

  • 症例 心因性多飲として経過観察され,両側水腎症と巨大膀胱を呈した部分型腎性尿崩症  [in Japanese]

    宮原 史子 , 長石 純一 , 林 篤 [他]

    小児科 53(1), 119-123, 2012-01

    Ichushi Web 

  • A case of juvenile nephronophthisis in a boy who was detected at a mild proteinuria on school urinary screening  [in Japanese]

    HANADA Takuya , HAYASHI Atsushi , KAWABA Yasuo , OKADA Shin-ichi , SAITO Motoaki , KANZAKI Susumu

    症例は7歳の男児。学校検尿で尿蛋白を指摘され,精査目的で当院を受診した。高血圧,貧血,および腎機能障害があり,血尿なく蛋白尿は軽微であったが,低張尿であった。超音波検査では両腎のsizeは正常範囲だったが腎実質の輝度は上昇し,皮髄境界に数個の嚢胞が確認された。腎生検所見では大部分の糸球体が硬化し,尿細管の嚢胞状拡張など尿細管間質障害も広範囲であった。ネフロン癆による慢性腎不全と診断し,現在は腹膜透 …

    Nihon Shoni Jinzobyo Gakkai Zasshi 21(2), 167-171, 2008-11-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (8)

  • Treatment with intravesical oxybutynin chloride for neurogenic bladder in children  [in Japanese]

    HAYASHI Atsushi , SAITO Motoaki , MAEGAKI Yoshihiro , HANADA Takuya , OKADA Shin-ichi , KANZAKI Susumu

    神経因性膀胱の内科的尿路管理法としては,清潔間欠自己導尿法と抗コリン薬(塩酸オキシブチニンなど)内服併用療法が標準的治療として推奨されている。塩酸オキシブチニンはムスカリン受容体拮抗作用があり,膀胱平滑筋を弛緩させるが,全身的な抗コリン作用の問題がある。抗コリン性有害事象のため治療継続困難な症例,あるいは標準的治療にもかかわらず膀胱内圧が高く腎機能障害の懸念がある症例には膀胱拡大術が検討されること …

    Nihon Shoni Jinzobyo Gakkai Zasshi 19(2), 91-95, 2006-11-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15)

  • An Early Diagnosis of Acute Encephalopathy Using Early Clinical, Laboratory, and Neuroimaging Findings  [in Japanese]

    MAEGAKI Yoshihiro , KUROZAWA Youichi , HAYASHI Atsushi , TSUJI Yasuhiro , OKAMOTO Riina , KONDO Akiko , KAGEYAMA Hiroko , INOUE Takehiko , SUGIURA Chitose , SEKI Ayumi , SAITO Yoshiaki , KANZAKI Susumu , OHNO Kousaku

    The Journal of the Japan Pediatric Society 110(11), 1550-1557, 2006-11-01

    Ichushi Web  References (18) Cited by (6)

  • A case of hemolytic uremic syndrome with left hemiplegia is due to a right cerebral lacunar infarction  [in Japanese]

    OKADA Shinichi , HANADA Takuya , HAYASHI Atsushi , KOHDA Takayuki , SUGIURA Chitose , MAEGAKI Yoshihiro , SAKAMOTO Makoto , HAYASHIBARA Hiroshi , KANZAKI Susumu

    ベロ毒素産生腸管出血性大腸菌O157感染により溶血性尿毒症症候群(Hemolytic uremic syndrome:HUS)を発症し,脳梗塞により左片麻痺をきたした1歳女児例を報告する。下痢出現後,溶血性貧血,血小板減少,腎機能障害をきたし,意識障害,乏尿が進行したため第10病日に腹膜透析を導入した。腹膜透析導入時に右半身痙攣発作が出現,第12病日より左片麻痺が明らかとなった。頭部MRにより右ラ …

    Nihon Shoni Jinzobyo Gakkai Zasshi 19(1), 31-36, 2006-04-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • Cyclic Vomiting Syndrome  [in Japanese]

    花田 卓也 , 林 篤 , 花木 啓一

    小児科 45(9), 1593-1597, 2004-08

    Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top