福田 健二 FUKUDA Kenji

ID:9000001960660

帯広畜産大学大学院畜産学研究科 (2012年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  6件中 1-6 を表示

  • ウシをはじめとする家畜ミルクオリゴ糖研究の最近の進歩

    浦島 匡 , 朝隈 貞樹 , 福田 健二 [他] , 齋藤 忠夫

    人乳にはラクトース以外のミルクオリゴ糖が初乳で22~24 g/L,常乳で12~13 g/L含まれ,これまでに115種類もの構造が解析されている.一方でウシでは分娩直後の初乳で1 g/L以上のミルクオリゴ糖が含まれ,そのうちの70%は3'-シアリルラクトースなどの酸性オリゴ糖が占めるが,とくに酸性オリゴ糖の含有量は分娩後48時間以降の乳では急減し,常乳中にはごく少量しか含まれていない.ウシミルクオリ …

    化学と生物 50(7), 498-509, 2012-07-01

    J-STAGE 参考文献59件

  • 腸管細胞株HT-29におけるヒトミルクオリゴ糖の Toll 様受容体2, 4およびMD2遺伝子発現に及ぼす影響

    朝隈 貞樹 , 横山 朋子 , 木村 一雅 [他] , 渡邊 陽子 , 中村 正 , 福田 健二 , 浦島 匡

    ヒトミルクオリゴ糖は新生児の腸管において,病原菌や毒素に結合することで感染を防ぐという間接的作用が明らかになっている.一方,ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の腸管への直接的作用はほとんど研究されていない.そこで本研究は,主要なHMOである中性ヒトミルクオリゴ糖画分(nHMO),対照としての市販のガラクトオリゴ糖画分(GO),さらにはそれぞれの画分を構成するオリゴ糖単独の腸管免疫調節への直接的作用を検討 …

    Journal of applied glycoscience 57(3), 177-183, 2010-07-20

    日本農学文献記事索引 J-STAGE 医中誌Web 参考文献48件

  • 乳業用乳酸菌の生産する細胞外多糖

    福田 健二 , 浦島 匡

    Lactic acid bacteria (LAB) are commonly used in food industries,especially for the production of fermented dairy products. During fermentation process,some dairy LAB produce exopolysaccharide(EPS),pro …

    乳業技術 60, 66-92, 2010

    機関リポジトリ

  • ヒトミルクオリゴ糖の生理作用 (「乳業技術」号)

    浦島 匡 , 朝隈 貞樹 , 福田 健二

    人乳は約7%の糖質を含むが、そのうちの80%をラクトース(Gal(β1-4)Glc)が、20%をミルクオリゴ糖といわれる130種類から成るオリゴ糖群が占めている。ヒトミルクオリゴ糖は現在までに93種類が構造決定されているが、コア骨格に基づいて12系列に分類されている。大半のミルクオリゴ糖は、乳児腸管で消化されないことにより、ビフィズス菌の定着、増殖を促進する、病原菌やウィルスが腸管へ付着するのを阻 …

    ミルクサイエンス 56(4), 155-176, 2008-03

    日本農学文献記事索引 被引用文献1件

  • Lactobacillus fermentum TDS030603 株の生産する中性多糖の構造研究

    レオ フィアメ , 橋田 修吉 , 熊谷 大樹 [他] , 内田 健治 , 元島 英正 , 荒井 威吉 , 朝隈 貞樹 , 福田 健二 , 浦島 匡

    <i>Lactobacillus fermentum</i> TDS030603株の生産する中性多糖を,培養上清から精製し,単糖組成分析,メチル化分析および<sup>1</sup>H-NMRで構造解析した.チーズホエーを原料とする培地ならびにMRS培地で培養した場合の,同菌株による多糖生産の至適条件を検討した.多糖は1 : 2.5の割合で単糖として& …

    Journal of applied glycoscience 54(4), 223-229, 2007-10-20

    機関リポジトリ J-STAGE 参考文献28件

ページトップへ