生越 剛司 OGOSE Takeshi

Articles:  1-11 of 11

  • A case of posterior reversible encephalopathy syndrome complicated by Epstein-Barr virus-hemophagocytic lymphohistiocytosis  [in Japanese]

    久保田 真理 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 中津 忠則 , 山下 理子 , 木村 聡

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 99-102, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of neonates as outpatients and then were hospitalized  [in Japanese]

    七條 光市 , 久保田 真理 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 高橋 昭良 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 7-12, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • 当院小児科におけるマイコプラズマ肺炎入院症例の検討  [in Japanese]

    七條 光市 , 久保田 真理 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 高橋 昭良 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則

    2011年1月から2012年8月までに当院小児科に入院したマイコプラズマ肺炎45例について検討した.うち44例が入院時に発熱を認めた.酸素投与を要した重症肺炎は11例(24%)であった.全体の約4分の3が8歳未満のミノサイクリンを使用しづらい年齢の児であった.大部分の症例は入院後ミノサイクリンやステロイド投与により速やかに状態改善した.マイコプラズマ肺炎の治療には,マイコプラズマの病態を理解するこ …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 18(1), 6-9, 2013-03-25

    IR 

  • Analysis of Undiagnosed Pediatric Hematologic and Oncologic Diseases in our Emergency Room(ER)  [in Japanese]

    富本 亜由美 , 渡邉 力 , 久保田 真理 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 生越 剛司 , 中津 忠則

    当院は2002年4月から小児科医24時間在の救急外来を開設し,2007年4月からは血液腫瘍疾患の治療も開始した基幹病院である.この10年間(2002~2011年)のER 時間外患者数は年平均13,100名(7,800~20,181名)で,ER 初診の腫瘍性血液疾患8例(急性リンパ性白血病5例,急性骨髄性白血病2例,慢性活動性EB ウイ7ス感染症1例),非腫瘍性血液疾患26例(特発性血小板減少症11 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 18(1), 1-5, 2013-03-25

    IR 

  • Periodic Fever with Aphthous Stomatitis, Pharyngitis and Cervical Adenitis (PFAPA) Syndrome, an Autoinflammatory Disease Treated with Tonsillectomy  [in Japanese]

    NAKANO Seiichi , SHIZUKU Haruhiko , AKIZUKI Hironori , IWASAKI Hidetaka , SHICHIJOU Koichi , OGOSE Takeshi , WATANABE Tsutomu , NAKATSU Tadanori , TAKEDA Noriaki

    We report a case of PFAPA (Periodic fever with aphthous stomatitis, pharyngitis and cervical adenitis). A 5-year-old boy admitted for idiopathic fever 12 times within 8-months. Fever of >38°C o …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 104(5), 347-352, 2011-05-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (2)

  • A case of acute encephalopathy with febrile convulsive status epilepticus  [in Japanese]

    高橋 昭良 , 近藤 梨恵子 , 七條 光市 , 梅本 多嘉子 , 杉本 真弓 , 松下 正民 , 生越 剛司 , 東田 栄子 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    症例は2歳9ヵ月の女児.有熱性けいれん重積で発症し,一過性回復期を経て6病日にけいれん群発を認めるという二相性の臨床経過を呈した.MRI でも特徴的なbright tree appearanceを認め,けいれん重積型急性脳症と診断した.7病日よりエダラボンやビタミンB6の投与にて加療したが,知能面で重度の後遺症を認めた.サイトカイン解析では髄液IL-6のみが上昇しており,本脳症に適合する所見と考え …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 58-63, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of Pandemic Influenza A(H1N1)2009 at Our Hospital  [in Japanese]

    七條 光市 , 近藤 梨恵子 , 梅本 多嘉子 , 杉本 真弓 , 松下 正民 , 高橋 昭良 , 東田 栄子 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    2009年10月から2010年4月までの当院小児科におけるパンデミックインフルエンザA(H1N1)2009入院症例を検討した.11月から12月にかけて流行のピークがあり,入院総数は114例(男61例,女53例)であった.年齢は5~7歳で特に多かった.入院理由としては呼吸障害が最も多く,発熱後早期に呼吸困難となる症例が目立った.ICU入院を要したのは2例であり,いずれも肺炎であった.酸素投与を要した …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 5-11, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Cooperation between Pediatricians and Clinical Psychologists at the Psychosomatic Outpatient Unit of Our Hospital :Analysis of 133 Cases Treated over Two Years  [in Japanese]

    高芝 朋子 , 藤河 周作 , 近藤 梨恵子 , 七條 光市 , 梅本 多嘉子 , 杉本 真弓 , 東田 栄子 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    当院小児科心身症外来では,医師が保護者を,臨床心理士が子どもを担当し,別室での親子並行面接を標準的な治療形態としている.H19年4月1日からH21年3月31日に当院小児科心身症外来を受診した患者133例(未就学児5例,小学生65例,中学生52例,高校生以上11例)を対象とし,診断,転帰をまとめて検討した.診断は,身体表現性障害と適応障害で約6割を占めていた.転帰は,全体の約半数が,治療回数10回未 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 15(1), 9-12, 2010-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Successful Treatment with Cyclosporin A in Two Patients with Refractory Idiopathic Thrombocytopenic Purpura  [in Japanese]

    OGOSE Takeshi , SHINAHARA Kumi , MANABE Tetsuya , KANEKO Masaya , HONJO Kinji , FUNAI Mamoru , KAWAKAMI Koichiro

    The Journal of the Japan Pediatric Society 111(11), 1415-1420, 2007-11-01

    Ichushi Web  References (21)

  • 症例 ガンマグロブリン大量療法が奏効した重症アデノウイルス7型肺炎の1例  [in Japanese]

    生越 剛司 , 峯田 一秀 , 眞鍋 哲也 [他]

    小児科 47(12), 1955-1959, 2006-11

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • A Case Report of Cat Scratch Disease with Retinal White Spots Presenting as Acute Enterocolitis  [in Japanese]

    武市 知己 , 生越 剛司 , 若田 好史 [他]

    小児科 44(5), 874-878, 2003-04

    Ichushi Web 

Page Top