杉木 章義 SUGIKI Akiyoshi

Articles:  1-20 of 39

  • 1 / 2
  • Building an edge-based process framework for Winter Road Information Service  [in Japanese]

    市居 遼平 , 棟朝 雅晴 , 杉木 章義

    電気学会研究会資料. ITS 2016(1-20), 83-88, 2016-03-10

  • Building an edge-based process framework for Winter Road Information Service  [in Japanese]

    市居 遼平 , 棟朝 雅晴 , 杉木 章義

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(504), 83-88, 2016-03-10

  • 筑波大学におけるMS EESライセンスの導入 : KMSライセンス認証ログの分析から (技術と社会・倫理)  [in Japanese]

    杉木 章義 , 佐藤 聡 , 和田 耕一

    筑波大学では,Microsoft EESライセンスを2013年3月より締結し,導入に向けた作業を行った.EESライセンスは国内の数多くの大学でも既に導入されているが,本学での状況に合わせて運用をカスタマイズし,学内ダウンロードによるソフトウェア配布とKMSライセンス認証を原則とした運用方針を採用した.本研究では,MS EESライセンスの導入を行った2013年3月から12月にかけての9ケ月以上にわた …

    IEICE technical report. Social Implications of Technology and Information Ethics 113(442), 171-177, 2014-02-27

  • 筑波大学におけるMS EESの導入 : KMSライセンス認証ログの分析から (インターネットアーキテクチャ)  [in Japanese]

    杉木 章義 , 佐藤 聡 , 和田 耕一

    筑波大学では,Microsoft EESライセンスを2013年3月より締結し,導入に向けた作業を行った.EESライセンスは国内の数多くの大学でも既に導入されているが,本学での状況に合わせて運用をカスタマイズし,学内ダウンロードによるソフトウェア配布とKMSライセンス認証を原則とした運用方針を採用した.本研究では,MS EESライセンスの導入を行った2013年3月から12月にかけての9ケ月以上にわた …

    IEICE technical report. Internet Architecture 113(443), 171-177, 2014-02-27

  • A Security Framework in Kumoi Cloud Platform  [in Japanese]

    SUGIKI Akiyoshi , KATO Kazuhiko

    著者らは,クラウド基盤ミドルウェアKumoiを開発している.Kumoiでは,物理計算機,仮想マシン,ネットワークなどのさまざまな資源を分散オブジェクトとして抽象化し,スクリプティングでこれらを組み合わせ,クラウドシステム全体を構成可能とすることで,カスタマイズ性と拡張性の実現を目指している.本論文では,クラウド基盤ミドルウェアに必要とされている認証・認可・課金・監査,および通信路の暗号化などの機能 …

    Computer Software 30(4), 3-17, 2013-10-25

    J-STAGE  References (18)

  • Measures and Issues of Information Infrastructure for University of Tsukuba at Tohoku Region Pacific Coast Earthquake  [in Japanese]

    佐藤 聡 , 杉木 章義 , 陳漢雄 [他] , 古瀬 一隆 , 片岸 一起 , 中井 央 , 秡川 友宏 , 前田 敦司 , 和田 耕一

    平成23年3月11日に起きた東日本大震災で,茨城県つくば市にメインキャンパスを持つ筑波大学も被災し,大学周辺地域とともに停電を体験した.これにより,筑波大学の情報インフラの運用は大きな影響を受けた.各種システムの依存関係を考慮し,限られた電源容量において稼働可能な最低限のシステムを選択し,運用するといった震災関連の対応を振り返ることにより,今後の防災対策案を検討した.その中から実施したいくつの対策 …

    情報処理学会論文誌 54(3), 1038-1049, 2013-03-15

    IPSJ  IR 

  • Maintaining Performance and Consistency in Virtual Resource Management  [in Japanese]

    杉木 章義 , 加藤 和彦

    近年,クラウドコンピューティングが注目されている.クラウドを支えるデータセンタにおいて,仮想計算機,ネットワーク,ストレージなどのさまざまな資源が用いられており,これらを効率的かつ適切に管理することは重要である.本論文では,これらを管理する仮想資源管理基盤ソフトウェアにキャッシュ機構を導入する.本機構では,さまざまな資源を分散オブジェクトとして統一的に扱うため,分散オブジェクトのキャッシュ技術をそ …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 6(1), 31-44, 2013-01-31

    IPSJ  Cited by (1)

  • A Scripting Environment for Iterative Tuning Process of Server Applications  [in Japanese]

    相川 拓也 , 杉木 章義 , 加藤 和彦

    サーバのチューニングは,性能を左右する重要なタスクである一方で,管理者にとって困難をともなう.パラメータの最適値は多くの場合, 1 回のチューニングでは求まらず,さまざまな試行錯誤を行う必要がある.また, 1 回の試行においても,サーバの設定を変更するだけではなく,複数台からなるクライアントの設定を変更し,起動するなど,煩雑な手続きが必要である.本研究では,このチューニングにおける試行錯誤の過程を …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 5(5), 138-151, 2012-10-15

    IPSJ 

  • Enhancing Cloud Availability Through Failure-Oblivious Computing  [in Japanese]

    杉木 章義 , 奥畑 聡仁 , 加藤 和彦

    近年,クラウドコンピューティングが注目されている.クラウドは多くの場合,大規模なデータセンタで運用されており,さまざまな障害にもかかわらず,全体のシステムを適切に運用する必要がある.本論文では, Failure-Oblivious Computing の概念をクラウド基盤ソフトウェアに導入し,可用性を向上させることを提案する.本方式では,全体の処理の継続を優先し,一部の障害を見逃すことでシステム全 …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 5(5), 103-117, 2012-10-15

    IPSJ  Cited by (1)

  • Enhancing Cloud Availability Through Failure-Oblivious Computing  [in Japanese]

    杉木 章義 , 奥畑 聡仁 , 加藤 和彦

    先進的計算基盤システムシンポジウム論文集 (2012), 168-175, 2012-05-09

    IPSJ 

  • A Method for Regional Switching of the Network Booting Environment using Difference of the Latency  [in Japanese]

    TAKADA SHINGO , SATO AKIRA , NAKAI HISASHI , SUGIKI AKIYOSHI , SHINJO YASUSHI

    大学のような多数の計算機を保有する組織では,その稼働率を上げることが課題となっている.本研究では,ネットワークブートされる計算機資源を有効活用するため,局所的に通常とは異なる計算機環境を配信する手法を提案する.提案手法では,ネットブートで利用されるDHCPが早い者勝ちのプロトコルであるという特徴を利用し,既存のDHCPサーバよりも早く応答するDHCPサーバをネットワークに接続し,そのサーバからの応 …

    IEICE technical report. Social Implications of Technology and Information Ethics 111(484), 65-70, 2012-03-08

    References (8)

  • A Method for Regional Switching of the Network Booting Environment using Difference of the Latency  [in Japanese]

    TAKADA SHINGO , SATO AKIRA , NAKAI HISASHI , SUGIKI AKIYOSHI , SHINJO YASUSHI

    大学のような多数の計算機を保有する組織では,その稼働率を上げることが課題となっている.本研究では,ネットワークブートされる計算機資源を有効活用するため,局所的に通常とは異なる計算機環境を配信する手法を提案する.提案手法では,ネットブートで利用されるDHCPが早い者勝ちのプロトコルであるという特徴を利用し,既存のDHCPサーバよりも早く応答するDHCPサーバをネットワークに接続し,そのサーバからの応 …

    IEICE technical report. Internet Architecture 111(485), 65-70, 2012-03-08

    References (8)

  • クラウドコンピューティング基盤を活用した災害対策用自律ミラーサイトシステムの提案  [in Japanese]

    矢野恭平 , 石井嘉明 , 廣岡誠之 , 杉木章義 , 加藤和彦

    2011年に発生した東日本大震災では,サーバへのアクセス集中などにより,地方自治体や公共交通機関において,情報伝達に不具合が発生した.これらの機関では,大規模災害時においても継続した情報サービスの提供が求められ,システムには高い可用性が必要となる.本研究では,アクセス負荷に対して自律的にスケールアウトするミラーサイトシステムをクラウドコンピューティング基盤Kumoiを機能拡張することにより開発した …

    第74回全国大会講演論文集 2012(1), 5-6, 2012-03-06

    IPSJ 

  • クライアント,ネットワーク,サーバ環境を統合したディペンダブルクラウドの検証  [in Japanese]

    廣岡誠之 , 石井嘉明 , 矢野恭平 , 杉木章義 , 加藤和彦

    近年,クラウドコンピューティングによるサービスが利用されるようになり,インターネットを通して安定したサービスの提供が求めれられている.しかし,クラウドコンピューティングを支える技術はサーバ環境を基本としており,クライアント環境やネットワーク環境についてはあまり考慮されていない.本研究では,クライアント環境,ネットワーク環境,サーバ環境を統合し,ディペンダブルなクラウドコンピューティング環境を構築し …

    第74回全国大会講演論文集 2012(1), 3-4, 2012-03-06

    IPSJ 

  • 予見化によるシームレスなスケーラビリティと統合的システム復旧を実現するクラウドシステム  [in Japanese]

    石井嘉明 , 矢野恭平 , 廣岡誠之 , 杉木章義 , 加藤和彦

    近年,クラウドコンピューティングの普及が進んでいる.クラウドコンピューティング環境では,運用効率を高めるために物理計算機を仮想化する場合が多い.仮想化技術に基づくHAやスケーラビリティといった技術は,サービスの継続性を確保する上で重要である.しかし,これらの技術はシステム全体を復旧するものではない.本研究では,クラウドコンピューティング基盤Kumoiを用い,物理・仮想計算機障害に対して,アプリケー …

    第74回全国大会講演論文集 2012(1), 1-2, 2012-03-06

    IPSJ 

  • クラウドコンピューティング基盤を活用した災害対策用自律ミラーサイトシステムの提案  [in Japanese]

    矢野恭平 , 石井嘉明 , 廣岡誠之 , 杉木章義 , 加藤和彦

    2011年に発生した東日本大震災では,サーバへのアクセス集中などにより,地方自治体や公共交通機関において,情報伝達に不具合が発生した.これらの機関では,大規模災害時においても継続した情報サービスの提供が求められ,システムには高い可用性が必要となる.本研究では,アクセス負荷に対して自律的にスケールアウトするミラーサイトシステムをクラウドコンピューティング基盤Kumoiを機能拡張することにより開発した …

    全国大会講演論文集 2012(1), 5-7, 2012-03-06

  • クライアント,ネットワーク,サーバ環境を統合したディペンダブルクラウドの検証  [in Japanese]

    廣岡誠之 , 石井嘉明 , 矢野恭平 , 杉木章義 , 加藤和彦

    近年,クラウドコンピューティングによるサービスが利用されるようになり,インターネットを通して安定したサービスの提供が求めれられている.しかし,クラウドコンピューティングを支える技術はサーバ環境を基本としており,クライアント環境やネットワーク環境についてはあまり考慮されていない.本研究では,クライアント環境,ネットワーク環境,サーバ環境を統合し,ディペンダブルなクラウドコンピューティング環境を構築し …

    全国大会講演論文集 2012(1), 3-5, 2012-03-06

  • 予見化によるシームレスなスケーラビリティと統合的システム復旧を実現するクラウドシステム  [in Japanese]

    石井嘉明 , 矢野恭平 , 廣岡誠之 , 杉木章義 , 加藤和彦

    近年,クラウドコンピューティングの普及が進んでいる.クラウドコンピューティング環境では,運用効率を高めるために物理計算機を仮想化する場合が多い.仮想化技術に基づくHAやスケーラビリティといった技術は,サービスの継続性を確保する上で重要である.しかし,これらの技術はシステム全体を復旧するものではない.本研究では,クラウドコンピューティング基盤Kumoiを用い,物理・仮想計算機障害に対して,アプリケー …

    全国大会講演論文集 2012(1), 1-3, 2012-03-06

  • A High-level Scripting Environment for Server Parameter Tuning in the Clouds  [in Japanese]

    相川 拓也 , 杉木 章義 , 加藤 和彦

    近年のクラウドコンピューティングの普及に伴い,効率的なデータセンター管理が求められている.サーバのパラメータ調整は知識と経験を必要とする難易度の高いタスクである一方で,適切に調整を行うかどうかでサーバの性能に大きな差が生じる.本研究では,サーバパラメータ調整のためのスクリプティング環境を提案する.パラメータ調整に必要なアプリケーション,クライアントなど全ての構成要素を分散オブジェクト化し,統一的な …

    研究報告 システムソフトウェアと オペレーティング・システム(OS) 2011-OS-118(11), 1-8, 2011-07-20

  • Self-Stabilizing Passive Replication for Internet Service Platforms  [in Japanese]

    大和﨑 啓 , 長谷部 浩二 , 杉木 章義 [他] , 加藤 和彦

    インターネットサービスの可用性を向上させるための方法として複製手法が挙げられる.この手法ではしばしば合意アルゴリズムが用いられるが,アルゴリズムの性質により,最大同時故障台数などに関する制限がある.本論文では,多数の計算機の同時故障にも対処可能なインターネットサービス基盤の構築を目的とする.そのために,Dolev らによって提案された自己安定性を持つ合意アルゴリズムを基にしたパッシブ複製手法を提案 …

    情報処理学会研究報告 2010年度(5), 1-8, 2011-02

  • 1 / 2
Page Top