村上 生美 Murakami Ikumi

ID:9000002366457

岡山県立大学保健福祉学部 Department of Nursing, Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 31

  • 1 / 2
  • Learning structure obtained by conducting an experiment in fundamental nursing skill practice  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , HIGO SUMIKO , TAKABAYASHI NORIKO , OGI AYAKO , MORI MASAHARU , MMURAKAMI IKUMI

    実験を導入した基礎看護学技術演習の学習を構造化し、その効果を検討した。その結果、実験を行う中での【実験方法と知識の深まり・新たな発見】は、[実験の楽しさの実感】、【科学的根拠に基づいた安全・安楽なケアの必要性】、【効果的な表現方法と学習の進化】に波及効果があった。また、実験の過程で【目標達成に向けたチーム作り】を行い、そのために必要な個人の役割や姿勢は【人間形成の高まり】に繋がっていた。そして、そ …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 16, 21-30, 2009

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Analysis of levels of attainment through earlier exposure to basic nursing skills in practical training  [in Japanese]

    OGI AYAKO , HIGO SUMIKO , OKUYAMA MAYUMI , MURAKAMI IKUMI

    本研究の目的は、早期の基礎看護学実習における看護技術の経験状況と到達度を明らかにすることである。1年次生126名を対象に5領域29項目について質問紙調査を実施した。看護技術で60%以上経験できた項目は「病床環境」「食事に関する情報収集」など6項目、60%以上未経験の項目は16項目で日常生活行動を整える看護技術を経験する機会が少ない学生が多いことが明らかになった。80%以上が未経験の項目は「尿器介助 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 15, 83-92, 2008

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Improving a Nursing Communication Training Course Using Simulated Patients and Its Effect on Learning  [in Japanese]

    奥山 真由美 , 肥後 すみ子 , 荻 あや子 , 村上 生美 , Mayumi Okuyama , Sumiko Higo , Ayako Ogi , Ikumi Murakami

    SPを導入したコミュニケーション演習を演習方法の改善を試みながら平成16年度〜平成18年度の1年次生を対象に実施した。本研究では、学生に対する3年間の演習の企画・運営とSP評価に関する調査および平成17年度と平成18年度におけるコミュニケーション技術の習得度に関する質問紙調査を行い、今後の課題について検討した。その結果、演習の企画・運営に対する評価では、病室環境をいかに設定するか、シナリオの工夫の …

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 = Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University (14), 81-89, 2007

    IR  DOI 

  • The Effects of a Communication Laboratory Program with Simulated Patients by Nursing Students on Clinical Training  [in Japanese]

    荻 あや子 , 肥後 すみ子 , 奥山 真由美 , 村上 生美 , Ayako Ogi , Sumiko Higo , Mayumi Okuyama , Ikumi Murakami

    本研究の目的は模擬患者(以下SP:Simulated Patient)によるコミュニケーション演習が基礎看護学実習2(以下実習)での看護学生(以下学生)のコミュニケーションにどのような影響をもたらしたかを明らかにすることである。SPによる演習を実習前に実施した平成16年度入学者44名【演習あり群】と、SPによる演習を実習前に実施しなかった平成17年度入学者41名【演習なし群】を対象に、コミュニケー …

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 = Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University (14), 29-39, 2007

    IR  DOI 

  • Improving a nursing communication training course using simulated patients and its effect on learning  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , HIGO SUMIKO , OGI AYAKO , MURAKAMI IKUMI

    SPを導入したコミュニケーション演習を演習方法の改善を試みながら平成16年度〜平成18年度の1年次生を対象に実施した。本研究では、学生に対する3年間の演習の企画・運営とSP評価に関する調査および平成17年度と平成18年度におけるコミュニケーション技術の習得度に関する質問紙調査を行い、今後の課題について検討した。その結果、演習の企画・運営に対する評価では、病室環境をいかに設定するか、シナリオの工夫の …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 14, 81-89, 2007

    Ichushi Web 

  • The effects of a communication laboratory program with simulated patients by nursing students on clinical training  [in Japanese]

    OGI AYAKO , HIGO SUMIKO , OKUYAMA MAYUMI , MURAKAMI IKUMI

    本研究の目的は模擬患者(以下SP:Simulated Patient)によるコミュニケーション演習が基礎看護学実習2(以下実習)での看護学生(以下学生)のコミュニケーションにどのような影響をもたらしたかを明らかにすることである。SPによる演習を実習前に実施した平成16年度入学者44名【演習あり群】と、SPによる演習を実習前に実施しなかった平成17年度入学者41名【演習なし群】を対象に、コミュニケー …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 14, 29-39, 2007

    Ichushi Web 

  • ストーマ保有者の社会活動とその関連要因  [in Japanese]

    道廣 睦子 , 村上 生美 , 小野 ツルコ [他]

    Journal of Japanese Society of Stoma Rehabilitation 22(2), 73-79, 2006-12

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • The Relationships between Personal Traits and Work Environmental Characteristics and Stoma Care Competency in General Nurses  [in Japanese]

    MICHIHIRO Mutsuko , MURAKAMI Ikumi , ONO Tsuruko

    Journal of Japan Academy of Nursing Education 15(3), 13-22, 2006-03-01

    Ichushi Web  References (18)

  • The Safety of the Hot Water Bottle in Relation to Temperature Changes of Water  [in Japanese]

    奥山 真由美 , 掛橋 千賀子 , 神宝 貴子 , 重西 桂子 , 村上 生美 , Mayumi Okuyama , Chikako Kakehashi , Takako Shinpo , Keiko Omonishi , Ikumi Murakami

    臨床や家庭で多く使用されている3種類の湯たんぽ(ゴム製、プラスチック製、金属製湯たんぽ)について、湯温の違いによる湯たんぽの表面温度の経時的変化から安全性の検討を行った。その結果、ゴム製湯たんぽは、ネルカバーを掛けた場合には湯温50℃で、パスタオルで3層に巻いた場合には湯温55℃で安全性が確認された。蓋付きのプラスチック製湯たんぽは、湯温60℃で安全であると思われたが、80℃の湯温では低温熱傷を起 …

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 = Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University (13), 57-65, 2006

    IR  DOI 

  • Current Status of Backrest Elevation from a Survey of Hospitals and Care Facilities  [in Japanese]

    OGI AYAKO , OSHIMOTO YUMI , ENDO AKEMI , KOYAMA EMIKO , MURAKAMI IKUMI , MORI MASAHARU

    近年、背上げによる「ずれ」が褥瘡の原因として注目されている。そこで、現場ではギャッチベッドによる背上げ行為がどのように行われているのか、その実態を明らかにした。病院や特別養護老人ホーム、老人保健施設で、看護や介護をしている536名を対象に、独自の質問紙調査を実施した。その結果、経口食事介助時の背上げ角度は60度が最も多く、食後の背上げも含めた合計時間の平均は約80分であった。また、経鼻経管栄養の背 …

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 = Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University (13), 1-11, 2006

    IR  DOI 

  • The safety of the hot water bottle in relation to temperature changes of water  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , KAKEHASHI CHIKAKO , SHINPO TAKAKO , OMONISHI KEIKO , MURAKAMI IKUMI

    臨床や家庭で多く使用されている3種類の湯たんぽ(ゴム製、プラスチック製、金属製湯たんぽ)について、湯温の違いによる湯たんぽの表面温度の経時的変化から安全性の検討を行った。その結果、ゴム製湯たんぽは、ネルカバーを掛けた場合には湯温50℃で、パスタオルで3層に巻いた場合には湯温55℃で安全性が確認された。蓋付きのプラスチック製湯たんぽは、湯温60℃で安全であると思われたが、80℃の湯温では低温熱傷を起 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 13, 57-65, 2006

    Ichushi Web 

  • Identifying the challenges for an effective plan to teach communication skills to nursing students  [in Japanese]

    HIGO SUMIKO , OGI AYAKO , FUTOYU YOSHIKO , MURAKAMI IKUMI

    本研究は、看護学生がコミュニケーション技術を学習するのに効果的な演習を企画するための授業評価を行い、授業の改善に資することが目的である。演習にはSimulated Patient (模擬患者:以下SP) を導入し、看護学科の1年次生を対象に2005年度から学生全員がセッションで看護学生役を体験できるようにプログラムし、演習終了後に調査を実施した。その結果、演習の企画・運営とSPに対する評価は、物理 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 13, 35-45, 2006

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Considering the Optimal Backrest Elevation Technique on the Gatch Bed about Lying Location and Knee Elevation  [in Japanese]

    ENDO Akemi , OKUYAMA Mayumi , MURAKAMI Ikumi , MORI Masaharu

    Journal of Japanese Society of Nursing Research 28(5), 47-54, 2005-12-20

    Ichushi Web  References (25) Cited by (1)

  • 看護師の個人特性ならびに職業特性とストーマ看護実践能力の関連性  [in Japanese]

    道廣 睦子 , 小野 ツルコ , 村上 生美 , 矢嶋 裕樹

    日本看護学教育学会誌 15, 229, 2005-07-01

    Ichushi Web 

  • Evaluation of Speech Driven Embodied Entrainment Characters Called InterActors in Patient-Nurse Communication  [in Japanese]

    MURAKAMI Ikumi , KATOU Hiroyo , WATANABE Tomio

    Human Interface 7(2), 93-98, 2005-05-20

    References (10)

  • Evaluation of Speech Driven Embodied Entrainment Characters Called InterActors in Patient-Nurse Communication  [in Japanese]

    Murakami Ikumi , Katou Hiroyo , Watanabe Tomio

    InterActor is the speech-driven embodied entrainment character with communicative motions and actions of speaker and listener for activating human interaction. InterActors called InterNurse and InterP …

    Technical report of IEICE. HCS 105(74), 93-98, 2005-05-13

    References (10)

  • 音声駆動型身体引き込みキャラクタInterActorを用いた患者-看護師コミュニケーション支援システム  [in Japanese]

    村上 生美 , 加藤 裕代 , 渡辺 富夫

    第67回全国大会講演論文集 2005(1), 25-26, 2005-03-02

    IPSJ 

  • Evaluation of Speech -Driven Embodied Entrainment Characters Called InterActors in the Role Play of Patient-Nurse Communication  [in Japanese]

    MURAKAMI Ikumi , WATANABE Tomio , DANBARA Ryusei

    ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface 7(1), 157-165, 2005-02-25

    References (20) Cited by (4)

  • Identifying the Goals of Nursing Education at College/University Level  [in Japanese]

    MURAKAMI IKUMI , KAKEHASHI CHIKAKO , FUTOYU YOSHIKO , TAKAHASHI KIMIKO , NINOMIYA KAZUE , KUNIKATA HIROKO , OKAZAKI YUKA , YOSHINAGA SHIGEMI , ONO TSURUKO

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 12, 75-84, 2005

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Development of the Psychological Adjustment Scale for Patients with Stoma  [in Japanese]

    MICHIHIRO MUTSUKO , YAJIMA YUKI , MURAKAMI IKUMI , ONO TSURUKO

    本研究は、ストーマ造設患者を対象に造設されたストーマとストーマ造設によって変化した生活に対する心理的適応を測定するための尺度を開発することを目的とした。調査対象は、全国のオストミー協会のうち、協力の得られた3協会とA病院のストーマ造設患者会に所属している者463名とした。結果、331名の回収票(回収率71.3%)を得た。探索的因子分析および確認的因子分析の結果、4つの因子(「将来への不安」「拒否的 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 12, 45-55, 2005

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top