当間 孝子 TOMA Takako

ID:9000002393473

(現)宝酒造株式会社中央研究所 (1973年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • On the transamination reaction of taurine with pyruvate in the cell suspension of a soil bacterium (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , MIYAZATO Koshin , TOMA Takako , SODA Kenji

    土壌などの試料から分離した細菌, W-64菌株の菌体懸濁液を酵素液としてタウリンーピルビン酸アミノ基転移反応を触媒する酵素について調べ, 次の結果を得た。1.菌体のタウリンーピルビン酸アミノ基転移反応活性は培地にβ-アラニンを加えることによって著しく増大した。2.酵素反応におけるα-アラニンの生成にはタウリンおよびピルビン酸の両基質が必要であった。生成するα-アラニンの量は反応時間および酵素量に比 …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (20), 105-113, 1973-12

    IR  Ichushi Web 

  • Isolation and some growth conditions of taurine utilizing bacteria (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , TOMA Takako , MIYAZATO Koshin

    タウリンを含む培地に生育する細菌を分離するとともに生育条件を検討し次の結果を得た。1.土壌などの試料からタウリンを唯一の炭素源および窒素源として生育する細菌10株が分離された。タウリンを含む培地で分離菌株が生育すると培地のpHが低下し生育が阻害される。グリセリンおよびペプトンを含む培地における分離菌株の生育は良好であつた。2.タウリンを含む培地で比較的生育が良好であつた分離菌W-64菌株について生 …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (20), 95-103, 1973-12

    IR  Ichushi Web 

Page Top