小倉 直人 OGURA Naoto

ID:9000002394161

日本電気(株)宇宙開発事業部 (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Kalman Filtering Used in The Attitude Determination Systems for Astronomy Missions of ISAS  [in Japanese]

    NINOMIYA Keiken , HASHIMOTO Tatsuaki , IIDA Hiroshi , Uo Masashi , MURANAKA Noboru , MAEDA Ken , OGURA Naoto , SAITOH Tetsu , FUJIWARA Koetsu

    本報告書は, 宇宙科学研究所のこれまでおよび近い将来の天文観測用科学衛星の姿勢決定系に採用されてきたカルマンフィルタに関して, そのアルゴリズムおよび実用上の工夫を中心に記述する。宇宙科学研究所の天文観測用科学衛星で, 姿勢決定にカルマンフィルタがはじめて適用されたひ"ぎんが"の打ち上げ(1987年2月)から10年以上が経過した。この間に打ち上げられた天文観測衛星の飛翔ごとに, その経験にもとづい …

    宇宙科学研究所報告 (102), 1-88, 1999-02

    Cited by (2)

  • Antenna Deploy Experiment of Scientific Satellite HALCA  [in Japanese]

    HIROSAWA Haruto , NATORI Michihiro , KII Tsuneo , TAKANO Tadashi , HASHIMOTO Tatsuaki , OHNISHI Akira , INOUE Kouzaburo , MURATA Yasuhiro , MIYOSHI Kazuo , INOUE Toshio , NODA Takahiko , KURIBAYASHI Yutaka , TAJIMA Takanori , KONDOH Kumiko , SASAKI Takashi , YANAI Hideo , HAGINO Shinji , OGURA Naoto , OKAMOTO Akira , SUGIYAMA Shohtaro , NAKAGAWA Eiji

    科学衛星「はるか」は, スポース VLBI に必要な工学諸技術の実験ならびにスペース VLBI による電波天文観測を行うことを目的として, 1997年2月12日, 宇宙科学研究所の新型ロケット M-V の初号機により打ち上げられた。「はるか」では数々の工学的課題への取り組みがなされたが, それらの中で, ケーブルとメッシュからなる, 有効開口径8cmのパラボラアンテナの軌道上での展開が, 最大の工 …

    宇宙科学研究所報告 (101), 1-27, 1998-06

    Cited by (1)

Page Top