宇川 正治 UKAWA Masaharu

ID:9000002395478

日清丸紅飼料株式会社 Marubeni Nissin Feed Co., Ltd. (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 31

  • 1 / 2
  • Dietary Utility of Chilean Fish Meal and Pollack Liver Oil for Juvenile Pacific Bluefin Tuna

    TAKII Kenji , SEOKA Manabu , OHARA Nana , NASU Toshiro , ODA Seiji , MIYASHITA Shigeru , UKAWA Masaharu , SHIMENO Sadao , HOSOKAWA Hidetsuyo

    クロマグロ配合飼料の開発に先立ち、チリ魚粉(FM)とスケトウダラ肝油(PLO)の利用性について検討した。体重1.68gの稚魚に、対照のイカナゴ切餌と段階的にFMおよびPLOを変化させて調製した飼料1〜3で、平均体重1.68gのクロマグロ稚魚を10日間飼育したところ、飼料区では対照区より摂餌率と成長率は顕著に低く、逆に、飼料効率、タンパク効率、消化管重値、体脂質含量、消化管プロテアーゼ活性などは高い …

    Aquac Sci 55(4), 579-585, 2007-12-20

    JASI  References (38) Cited by (2)

  • Apparent Digestibility Coefficient and Energy Partition of Juvenile Pacific Bluefin Tuna, Thunnus orientalis and Chub Mackerel, Scomber japonicus

    TAKII Kenji , SEOKA Manabu , IZUMI Mitsuhiko , HOSOKAWA Hidetsuyo , SHIMENO Sadao , UKAWA Masaharu , KOHBARA Jun

    イカナゴと魚粉主体の配合飼料を同量混合したモイストペレット(MP)のタンパク質、脂質、糖質およびエネルギー消化率は、クロマグロ(PBT)では85%前後であったが、マサバ(CM)より94%と優れていた。また、異なる給餌間隔でMPを給与してエネルギー分配を調べたところ、摂取エネルギーと標準代謝エネルギーはPBTが、蓄積エネルギーはCMが顕著に高かった。これらは、PBTが加熱変性した魚粉を効率良く消化で …

    水産増殖 55(4), 571-577, 2007-12-20

    JASI  References (33)

  • Dietary Taurine Supplementation Alters Hepatic Aminotransferase Activities in Yellowtail Seriola quinqueradiata Fed on Soybean Protein Diet  [in Japanese]

    GOTO Takanobu , AKIYAMA Eri , SATO Chieko , UKAWA Masaharu , TAKAGI Shusaku

    濃縮大豆タンパク質飼料へのタウリン添加がブリ肝臓のアミノ基転移酵素活性に与える影響。これまでの高濃度の濃縮大豆タンパク質(SPC)飼料を与えたブリの緑肝症の発生と予防に関する研究で、後藤らはブリのタウリン生合成能力が低く、SPC飼料へのタウリン添加は、ブリの溶血と緑肝症の発生を抑制すること、および胆汁塩の分泌を促進することを報告した。しかし、魚類におけるタウリンの生理作用については、ヒラメで見られ …

    水産増殖 55(3), 475-476, 2007-09-20

    JASI  References (7)

  • 飼料 クロマグロ用実用飼料の開発  [in Japanese]

    宇川 正治 , 滝井 健二

    養殖 43(8), 80-82, 2006-07

  • The Green Liver Syndrome Is Caused by Taurine Deficiency in Yellowtail, Seriola quinqueradiata Fed Diets without Fishmeal

    TAKAGI Shusaku , MURATA Hisashi , GOTO Takanobu , ICHIKI Toshiaki , MUNASINGHE Deepthi MS , ENDO Makoto , MATSUMOTO Takuya , SAKURAI Akiko , HATATE Hideo , YOSHIDA Terutoyo , SAKAI Tadashi , YAMASHITA Hirofumi , UKAWA Masaharu , KURAMOTO Taiju

    ブリの無魚粉飼料給与による緑肝の発症原因を、タウリン補足量の異なる無魚粉飼料で41週間飼育したブリ稚魚における、飼料タウリン含量と体内のタウリン含量、胆汁色素含量および肝臓のタウリン合成酵素活性の関連から調べた。タウリン無補足区では、飼育成績は劣り、貧血と緑肝が高率にみられ、肝臓のタウリン含量が低く、胆汁色素含量が高かった。タウリン補足区では、これら劣悪な状況は著しく改善した。肝臓のタウリン合成酵 …

    Aquaculture Sci. 53(3), 279-290, 2005-09-20

    JASI  References (37) Cited by (8)

  • Effects of Soy Protein Concentrate on Hepatic Enzyme Activities Involved in Taurine Biosynthesis in Bluegill Lepomis macrochirus

    GOTO Takanobu , FUNATSU Hiroyuki , SUGIYAMA Hiroki , OSADA Yuko , HASUMI Fumihiko , UKAWA Masaharu , TAKAGI Shusaku

    水産増殖 52(4), 423-424, 2004-12-20

    JASI  References (13)

  • Digestive Function of Tiger Puffer Compensates for Dietary Soybean Trypsin Inhibitors and Extruded Soybean Meal

    TAKII Kenji , KAWAMURA Koji , URUSHIHARA Kaori , HANAYAMA Masahiko , NAKAMURA Motoji , MIYASHITA Shigeru , KUMAI Hidemi , UKAWA Masaharu

    平均体重43および7gのトラフグ稚魚を短期(25日)および長期(90日)に飼育して,大豆トリプシンインヒビター(SBTI)およびエクストルーデッド大豆油粕(Ex-SBM)に対する消化機能の適応について調べた。飼料のSBTI含量が増加すると,タンパク質消化率,平均体重および摂餌後の比腸内容物重値は低下し,逆に腸内容物の塩基性プロテアーゼ(BP)およびSBTI非感受性BP(TI-BP)活性は上昇する傾 …

    Suisanzoshoku 49(1), 67-76, 2001-03-20

    JASI  References (38) Cited by (1)

  • Replacement of Fish Meal by Combined Inclusion of Alternative Protein Sources in a Diet for Yearling Red Sea Bream, Pagrus major  [in Japanese]

    TAKAGI Shusaku , SHIMENO Sadao , HOSOKAWA Hidetsuyo , UKAWA Masaharu

    水産増殖 48(3), 545-552, 2000-09-20

    JASI  References (33) Cited by (2)

  • Replacement of Fish Meal by Inclusion of Alternative Protein Sources in a Diet for Juvenile Red Sea Bream, Pagrus major  [in Japanese]

    TAKAGI Shusaku , SHIMENO Sadao , HOSOKAWA Hidetsuyo , UKAWA Masaharu

    水産増殖 48(3), 523-530, 2000-09-20

    JASI  References (35) Cited by (2)

  • Utilization of Poultry By-Product Meal in a Diet for Red Sea Bream Pagrus major  [in Japanese]

    TAKAGI Shusaku , HOSOKAWA Hidetsuyo , SHIMENO Sadao , UKAWA Masaharu

    マダイ飼料へのチキンミール(PBM)の配合許容量を, 0歳魚(初期平均体重54g)および1歳魚(初期平均体重280g)を用いて調べた。0歳魚では41%以下のPBM配合区は無配合区とほぼ同等の平均増重量であったが, 53%以上の高配合区の平均増重量は劣った。1歳魚では18∿59%PBM配合区の飼育成績は無配合区のそれと同等かむしろ優れていた。したがって, マダイ飼料におけるPBM配合 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 66(3), 428-438, 2000-05-15

    JASI  J-STAGE  NDL Digital Collections  References (33) Cited by (4)

  • Utilization of Corn Gluten Meal in a Diet for Red Sea Bream Pagrus major  [in Japanese]

    TAKAGI Shusaku , HOSOKAWA Hidetsuyo , SHIMENO Sadao , UKAWA Masaharu

    マダイ飼料におけるコーングルテンミール(CGM)の配合許容量を, 0歳魚(初期平均体重53g)および1歳魚(初期平均体重280g)を用いて調べた。0歳魚では15%の, 1歳魚では36%以下のCGM配合区は, 無配合区と同等の平均増重量および飼料効率であった。しかし, 0歳魚では26%以上の, 1歳魚では47%以上のCGM高配合区の平均増重量および飼料効率は劣った。試験飼料の見かけのタンパク質消化率 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 66(3), 417-427, 2000-05-15

    JASI  J-STAGE  NDL Digital Collections  References (28) Cited by (6)

  • Inclusion of Poultry Feather Meal in Diet for Fingerling Yellowtail  [in Japanese]

    SHIMENO Sadao , MATSUMOTO Masaya , HOSOKAWA Hidetsuyo , MASUMOTO Toshiro , UKAWA Masaharu

    水産増殖 = The aquiculture 48(1), 99-104, 2000-03-20

    JASI  References (26)

  • An Attempt to Depress Jaundice of Yellowtail Infected with Causative Bacteria by Feeding High Ascorbic Acid Diet  [in Japanese]

    ITO Takafumi , MURATA Hisashi , OYAMA Tsuyoshi , YOSHIDA Terutoyo , SAKAI Tadashi , YAMAUCHI Kiyoshi , YAMAGUCHI Tokio , UKAWA Masaharu

    ブリの細菌性溶血性黄疸の症状を, アスコルビン酸(AsA)給与により軽減できることを明らかにするため, AsAカルシウム塩を94mg/100g配合されたシングルモイスト飼料(1区)を対照とし, これに外割で2%L(+)-アスコルビン酸を加えた高AsA飼料(2区)を5日間ブリに給与後, 黄疸原因菌を接種した。原因菌の接種によりすべてのブリで黄疸が発症したが, 高AsA飼料給与区の肝臓および血漿のAs …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 66(2), 298-299, 2000-03-15

    JASI  J-STAGE  NDL Digital Collections  References (9)

  • Experimentally Induced Bacterial Hemolytic Jaundice of Yellowtail and Its liver Triglyceride Hydroperoxide Level  [in Japanese]

    ITO Takafumi , KERA Akio , MURATA Hisashi , YOSHIDA Terutoyo , SAKAI Tadashi , YAMAUCHI Kiyoshi , YAMAZAKI Yoshihiro , YAMAGUCHI Tokio , UKAWA Masaharu

    細菌感染によるブリの黄疸発症と酸化ストレスとの係わりをより明らかにするため, ブリに黄疸原因菌を接種した。その結果, 著しい溶血, 肝臓および脾臓の肥大, 血漿ビリルビン含量の増加がみられ, 黄疸が発症した。その発症魚の肝臓トリグリセリドヒドロペルオキシド(TGOOH)含量は, フォスファチジルコリンヒドロペルオキシド(PCOOH)含量と同様に, 対照(原因菌非接種)区と比べ有意に増加した。すなわ …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 66(1), 122-123, 2000-01-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (10)

  • Experimentally Induced Bacterial Hemolytic Jaundice of Yellowtail and Oxdative Stress  [in Japanese]

    ITO Takafumi , KERA Akio , MURATA Hisashi , YOSHIDA Terutoyo , SAKAI Tadashi , YAMAUCHI Kiyoshi , YAMAZAKI Yoshihiro , YAMAGUCHI Tokio , UKAWA Masaharu

    ブリの細菌性溶血性黄疸と酸化ストレスとの係わりを明らかにするため, ブリに原因菌を接種後, 肝臓および血漿の脂質過酸化の程度を調べた。その結果, 著しい溶血と黄疸を引き起こした病魚は, 対照区と比較して脂質過酸化が顕著に進行していた。すなわち, 黄疸ブリは過酷な酸化ストレスを受けていた。したがって, ブリの細菌性溶血性黄疸は, 溶血による酸化ストレスの増加により発症すると考えられる。

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 66(1), 50-54, 2000-01-15

    JASI  J-STAGE  NDL Digital Collections  References (16) Cited by (1)

  • Hydrolyzing Enzyne Activity of L-Ascorbyl-2-monophosphate Magnesium Slat in Yellowtail Tissues  [in Japanese]

    SAKAI Tadashi , MAETSU Shin-ya , MURATA Hisashi , UGAWA Masaharu

    ブリ組織におけるL-アスコルビン酸-2-モノリン酸マグネシウム塩(APM)の代謝の基礎的知見を得るため, ブリの胃, 幽門垂, 腸管および肝臓中のAPM分解酵素活性の最適pH, 組織1g当たりの活性値, Km値およびリン酸阻害について検討した。各組織中のAPM分解酵素の最適pHは酸性側では3.7付近にあり, アルカリ性側では8.5付近にあった。腸管および肝臓でAPM分解酵素活性は高かった。各組織の …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 65(6), 1102-1103, 1999-11-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (7)

  • Utilization of Soy Protein Consentrate in a Diet for Red Sea Bream, Pagrus major  [in Japanese]

    TAKAGI Shusaku , HOSOKAWA Hidetsuyo , SHIMENO Sadao , MAITA Masashi , UKAWA Masaharu , UENO Shin-ichi

    Suisanzoshoku 47(1), 77-87, 1999-03-20

    JASI  References (30) Cited by (3)

  • Hyperbilirubinemia of Yellowtail Induced with an Injection of Phenylhydrazine  [in Japanese]

    ITO Takafumi , MURATA Hisashi , SAKAI Tadashi , YAMAUCHI Kiyoshi , TSUDA Tomohide , YAMAGUCHI Tokio , KERA Akio , YAMADA Takurou , UKAWA Masaharu

    ブリの黄疸が生体内脂質過酸化により引き起こされるかどうかを知るため, フェニルヒドラジン(PH)をブリに投与した。その結果, ヘモグロビン量の低下, 血漿2-チオバルビツール酸反応物質値とビリルビン量の増加およびα-トコフェロールとアスコルビン酸量の減少並びに肝臓ヘムオキシゲナーゼm-RNAの増加が, PH投与により認められた。すなわち, PH投与によるブリの高ビリルビン血症は, 強い酸化的ストレ …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 65(1), 86-91, 1999-01-15

    JASI  J-STAGE  NDL Digital Collections  References (35) Cited by (3)

  • Utilization of Soybean Proteins for Single Moist Pellet of Tiger Puffer  [in Japanese]

    UKAWA Masaharu , TAKII Kenji , NAKAMURA Motoji , KUMAI Hidemi

    魚粉の40%を生大豆油粕 (RSBM) , 市販加熱大豆油粕, エクストルーダー処理大豆油粕 (ESBM) , 濃縮大豆タンパク質 (SPC) , 分離大豆タンパク質, 大豆タンパク質ペプチドおよび加熱無脱脂大豆 (FFSB) にそれぞれ代替した飼料を, 平均体重220gのトラフグに飽食給与して43日間飼育し, 各種大豆タンパク質の利用性について検討した。<BR>ESBM, SPCおよ …

    Aquaculture Science 45(4), 547-553, 1997-12-20

    JASI  J-STAGE  References (17) Cited by (3)

  • 1 / 2
Page Top