三阪 和徳 Misaka Kazunori

ID:9000002446934

日本獣医畜産大学家畜病院研究室 Research Laboratory, Veterinary Medical Teaching Hospital, School of veterinary medicine, Nippon Veterinary andAnimal Science University (2001年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  21件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 犬のAzeotrope低体温麻酔時における至適azeotrope濃度の検討

    三阪 和徳 , 鷲巣 誠

    犬におけるazeotrope麻酔による表面冷却単純低体温麻酔法を確立するため、30頭の犬を用いて基礎的実験を行い、麻酔経過および循環動態の変化より低体温麻酔中の至適azeotrope濃度を検討した。ハロタン麻酔気化器のダイアルは麻酔導入時:2.0%、冷却35℃:1.9%、30℃:1.4%、25℃:0.8%、最低体温時(20~21℃):0.3%、復温25℃:1.3%、30℃:1.8%、35℃および3 …

    日本獣医畜産大学研究報告 50, 1-17, 2001-12

    日本農学文献記事索引 医中誌Web

  • 横隔膜ヘルニアに対するパッチグラフト素材の検討

    三阪 和徳 , 中村 誠一 , 長嶋 和範 [他] , 関根 淳仁 , 森田 研美 , 斉藤 久美子 , 藤倉 勉

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 29(2), 33-44, 1998-04-30

    医中誌Web 参考文献22件

  • 横隔膜ヘルニアに対するパッチグラフト素材の検討

    三阪 和徳 , 中村 誠一 , 長嶋 和範 , 関根 淳仁 , 森田 研美 , 斉藤 久美子 , 藤倉 勉

    横隔膜ヘルニア修復のパッチグラフト素材を検討するため, グルタール処理犬心膜 (グルタール心膜) , デナコール処理犬心膜 (デナコール心膜) , キチン・ポリエステル不織布複合体 (キチンシート) , ポリエステル不織布を用いた。ネコの横隔膜に3×3cmのヘルニア欠損孔を実験的に作成し, それぞれのパッチグラフトをポリプロピレン縫合糸で結節縫合した。その後グルタール心膜とデナコール心膜 (バイオ …

    獣医麻酔外科学雑誌 29(2), 33-44, 1998

    J-STAGE

  • 股関節脱臼整復手術 : 長嶋式ワイヤー固定法

    長嶋 和範 , 中村 誠一 , 関根 淳仁 , 三阪 和徳 , 森田 研美 , 斉藤 久美子 , 藤倉 勉

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 27, 59, 1996-06-01

    医中誌Web

  • 猫の乳糜胸に胸腔・腹腔シャント術を施した1例

    三阪 和徳 , 田川 雅代 , 斉藤 久美子 , 森 千秋 , 中西 真紀子

    動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 3(2), 45-50, 1995-03-20

    参考文献9件

  • 右心バイパス法によるdibutyryl cyclic AMP と milrinone の犬の心血管系におよぼす影響の比較

    近藤 元紀 [他] , 鷲巣 誠 , 木下 現 , 松倉 克仁 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 織間 博光 , 鷲巣 月美 , 本好 茂一

    Dibutyryl cyclic AMP (DBcAMP) と milrinone の心血管系におよぼす影響を, 麻酔下の犬に右心バイパス法を用いて比較した. 実験中は左室の前負荷を一定に保ち, DBcAMP と milrinone の心収縮力および左室後負荷におよぼす影響を評価した. DBcAMP と milrinone はともに著明な陽性変時作用, 陽性変力作用, 血管拡張作用および利尿作用を …

    日本獣医学雑誌 56(5), 923-928, 1994-10-15

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web

  • 犬と猫におけるグルタール処理心膜による横隔膜ヘルニアの修復

    堅木 道夫 , 関根 淳仁 , 三阪 和徳 , 森田 研美 , 長嶋 和範 , 斉藤 久美子 , 藤倉 勉

    猫3例, 犬1例の横隔膜に実験的に作ったヘルニア欠損孔をグルタールアルデヒド処理した犬心膜でパッチ縫合した. 猫で1~3ヵ月後, 犬で1年後に肉眼的・組織学的変化を観察したところ, 心膜に対する炎症反応および癒着は軽度で, レシピエントの組織との一体化が示された. この方法は, 猫の横隔膜ヘルニア2症例についても良好な成績が得られた

    日本獣医師会雑誌 47(7), 491-495, 1994

    J-STAGE

  • Cardiovascular Effects of Dibutyryl Cyclic AMP and Milrinone under Right Heart Bypass in Anesthetized Dog.

    近藤 元紀 , 鷲巣 誠 , 木下 現 , 松倉 克仁 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 織間 博光 , 鷲巣 月美 , 本好 茂一

    Dibutyryl cyclic AMP (DBcAMP) と milrinone の心血管系におよぼす影響を, 麻酔下の犬に右心バイパス法を用いて比較した. 実験中は左室の前負荷を一定に保ち, DBcAMP と milrinone の心収縮力および左室後負荷におよぼす影響を評価した. DBcAMP と milrinone はともに著明な陽性変時作用, 陽性変力作用, 血管拡張作用および利尿作用を …

    Journal of Veterinary Medical Science 56(5), 923-928, 1994

    J-STAGE

  • ドブタミンの犬の肝臓循環に及ぼす影響に関する研究

    土井 公明 , 鷲巣 誠 , 木下 現 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 鷲巣 月美 , 織間 博光 , 本好 茂一

    Effect of intravenous infusion of dobutamine on hepatic circulation at doses of 5, 10, and 15μg/kg/min were studied in 6 mongrel dogs under pentobarbital sodium anesthesia. Hepatic arterial and portal …

    動物の循環器 26(1), 17-23, 1993

    J-STAGE

  • ドパミンの犬の肝臓循環に及ぼす影響に関する研究

    山本 充哉 , 鷲巣 誠 , 木下 現 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 鷲巣 月美 , 織間 博光 , 本好 茂一

    We studied the effects of the intravenous infusion of dopmine on hepatic circulation at doses of 3, 7 and 15μg/kg/min. Six mongrel dogs weighing 19.1±6.1kg were studied under sodium pentobarbital anes …

    動物の循環器 26(1), 10-16, 1993

    J-STAGE

  • ネコにおける肝嚢胞の手術例

    鷲巣 誠 [他] , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 木下 現 , 近藤 元紀 , 青木 忍 , 識間 博光 , 鷲巣 月美

    日本ネコ(2歳, 雌, 体重3.6kg)が腹部膨満を主訴に来院した. 身体検査, レントゲン及びCT検査で肝嚢胞と診断された. 外科的に嚢胞を形成する膜の辺縁部分のみを切除した結果, 術後の経過も良く, 半年後の検査でも再発は認められなかった. 嚢胞内液の胆汁酸濃度は血清総胆汁酸濃度とほぼ同様の値であった.

    日本獣医学雑誌 54(5), 1051-1053, 1992-10-15

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web

  • Surgery of Hepatic Cysts in a Cat.

    鷲巣 誠 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 木下 現 , 近藤 元紀 , 青木 忍 , 識間 博光 , 鷲巣 月美

    日本ネコ(2歳, 雌, 体重3.6kg)が腹部膨満を主訴に来院した. 身体検査, レントゲン及びCT検査で肝嚢胞と診断された. 外科的に嚢胞を形成する膜の辺縁部分のみを切除した結果, 術後の経過も良く, 半年後の検査でも再発は認められなかった. 嚢胞内液の胆汁酸濃度は血清総胆汁酸濃度とほぼ同様の値であった.

    Journal of Veterinary Medical Science 54(5), 1051-1053, 1992

    J-STAGE

  • 動脈管開存矯正術時の著明な血圧上昇に対する血圧の降下処置

    近藤 元紀 , 鷲巣 誠 , 木下 現 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 織間 博光 , 本好 茂一

    1) PDAの矯正術時,動脈管の仮結紮によって著明に動脈圧が上昇した症例に遭遇した。この症例では著しい高血圧のために,徐脈と心室性不整脈が発現した。2) この症例に対して血管拡張剤であるアセプロマジンと利尿剤であるフロセミドを用いて血圧の降下処置を行った。再び動脈管を仮結紮した直後は著しい高血圧を示したが,約10分後に動脈圧は正常域に復帰した。また徐脈,および心室性不整脈は認められなかった。3)以 …

    動物の循環器 24(24), 20-26, 1991

    J-STAGE

  • 肺動脈狭窄症の手術後に著明な運動機能の改善が認められたシェパード犬の一例(短報)

    鷲巣 誠 [他] , 川村 正道 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 青木 忍 , 藤田 道郎 , 織間 博光 , 本好 茂一 , 友田 勇

    激しい運動時のみ失神が起こるシェパード犬の心機能を評価したところ,肺動脈狭窄症であった.パッチワークによる肺動脈拡張手術で著明な心機能の改善および運動時の失神の消失が見られた.

    日本獣医学雑誌 51(2), 441-443, 1989-04-15

    CiNii PDF - オープンアクセス  日本農学文献記事索引 医中誌Web

  • ハセロシ麻酔下の犬におけるDopamineの不整脈誘発性及び血行動態に及ぼす影響について

    佐藤 隆 [他] , 鷲巣 誠 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 織間 博光 , 本好 茂一

    ハセロン吸入麻酔下の犬にDopamine 3〜15μg/kg/minの臨床薬用量を30分間投与し,不整脈誘発性,血行動態及び利尿効果について用量依存性の変化の有無並びに不整脈の有無による変化の差について検討した結果以下の成績を得た.1) 不整脈出現率は用量依存性に増大した.また,用量に関わらず投与時間の延長に伴い不整脈の発生を見た.2) 心拍数及び心筋酸素消費量の指標であるdouble-produ …

    日本獣医学雑誌 51(2), 396-402, 1989-04-15

    CiNii PDF - オープンアクセス  日本農学文献記事索引 医中誌Web 被引用文献1件

  • Arrhythmogenicity of dopamine and its effects on hemodynamics in dogs under halothane anesthesia.

    佐藤 隆 , 鷲巣 誠 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 織間 博光 , 本好 茂一

    ハセロン吸入麻酔下の犬にDopamine 3~15μg/kg/minの臨床薬用量を30分間投与し,不整脈誘発性,血行動態及び利尿効果について用量依存性の変化の有無並びに不整脈の有無による変化の差について検討した結果以下の成績を得た.1) 不整脈出現率は用量依存性に増大した.また,用量に関わらず投与時間の延長に伴い不整脈の発生を見た.2) 心拍数及び心筋酸素消費量の指標であるdouble-produ …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(2), 396-402, 1989

    J-STAGE

  • Improved heavy exercise tolerance after correction of mild pulmonic stenosis.

    鷲巣 誠 , 川村 正道 , 小林 圀仁 , 三阪 和徳 , 林 太郎 , 青木 忍 , 藤田 道郎 , 織間 博光 , 本好 茂一 , 友田 勇

    激しい運動時のみ失神が起こるシェパード犬の心機能を評価したところ,肺動脈狭窄症であった.パッチワークによる肺動脈拡張手術で著明な心機能の改善および運動時の失神の消失が見られた.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(2), 441-443, 1989

    J-STAGE

  • Venae Cavae Syndromeに伴う肺水腫に対する経皮的胆管ドレナージの応用

    三阪 和徳 , 笠井 出美 , 長嶋 和範 , 堅木 敬夫 , 森田 研美 , 藤倉 勉 , 最上 義典 , 三阪

    Venae Cavae Syndr 0meに続発した肺水腫の治療に対し, 経皮的胆管ドレナージを輪状気管靱帯より気管支内に挿入し, 酸素を供給する方法を考察し, その効果と安全性を検討した.<BR>その結果, 従来から行われている治療法と比較しきわめて良好な成績が得られ, また安全性が高いことがわかった.

    日本獣医師会雑誌 39(1), 19-23, 1986

    J-STAGE

  • 雄犬の尿道結石における一手術法の検討ならびにその臨床応用

    佐藤 剛 , 三阪 和徳

    雄犬の尿道結石に対して包皮底部尿道瘻作成術を実験犬を用いて行い, 4週間後の病理組織学的検査を行ったところ, 尿道瘻作成における最も大きな難点である創口の縮少があまりなく, 陰茎白膜と尿道粘膜の癒合状態が良いことから臨床に応用した.

    日本獣医師会雑誌 35(10), 593-596, 1982

    J-STAGE

  • 1 / 2
ページトップへ