山川 理 YAMAKAWA Osamu

Articles:  1-20 of 53

  • 1 / 3
  • "Satsumamasari", a New Sweetpotato Cultivar  [in Japanese]

    片山 健二 , 甲斐 由美 , 境 哲文 [他] , 熊谷 亨 , 石黒 浩二 , 中澤 芳則 , 山川 理 , 吉永 優

    焼酎原料用サツマイモ新品種「サツママサリ」は,焼酎用の主力品種「コガネセンガン」より,いもの形状や貯蔵性,サツマイモネコブセンチュウ抵抗性が優れ,でん粉歩留が高い。焼酎を醸造する際のアルコール収得量は「コガネセンガン」より多く醸造適性に優れ,焼酎は甘くフルーティな香りとすっきりした味を特徴とする酒質を示す。

    九州沖縄農業研究センター報告 (60), 39-60, 2013-09

    IR  DOI  JASI 

  • "Akemurasaki": a new sweetpotato cultivar  [in Japanese]

    境 哲文 , 熊谷 亨 , 甲斐 由美 [他] , 石黒 浩二 , 山川 理 , 片山 健二 , 中澤 芳則 , 吉永 優

    「アケムラサキ」は、アントシアニン含量が高い色素・加工用品種「アヤムラ サキ(以後、アヤムラサキと表記)」を母、外観が優れるアントシアニン系統の「九系174」を父とする交配から選抜した色素・加工用サツマイモ品種で、「九州148号」の系統名で地域適応性を検討し、2005年9月に「アケムラサキ(かんしょ農林62号)」として命名登録された。「アケムラサキ」は「アヤムラサキ」よりいもの外観が優れ、アントシ …

    Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region (53), 1-24, 2010-03

    IR  DOI  JASI 

  • Tokimasari: a new sweetpotato cultivar  [in Japanese]

    片山 健二 , 熊谷 亨 , 山川 理 [他] , 甲斐 由美 , 吉永 優 , 石黒 浩二 , 境 哲文 , 中澤 芳則

    焼酎原料用サツマイモ新品種「ときまさり」は、既存品種「コガネセンガン」より、いもの貯蔵性、サツマイモネコブセンチュウ抵抗性が優れ、でん粉歩留が高い。焼酎を醸造する際の原料当たりのアルコール収得量は「コガネセンガン」より高くて醸造適性に優れ、焼酎は甘味とコクがあり、いもの香りが強い特徴のある酒質を示す。

    Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region (50), 111-129, 2009-02

    IR  DOI  JASI  Cited by (1)

  • "Kyuiku Kan 1 gou" and "Kyuiku Kan 2": new sweetpotato cultivars for ornamental use  [in Japanese]

    高畑 康浩 , 吉永 優 , 熊谷 亨 [他] , 山川 理 , 中澤 芳則 , 中山 博貴 , 田中 勝 , 甲斐 由美 , 石黒 浩二 , 片山 健二 , 境 哲文 , 岩城 一考 , 村上 保之 , 石原 卓朗 , 山田 将弘 , 宮崎 潔

    「九育観1号」は、地上部の紫色の着色程度が高い「99US-OR」を母、保存遺伝資源系統のうち地上部の着色程度が比較的高い10品種・系統の混合花粉を父とする交配組合せから選抜したカンショ新品種であり、「九育観2」は、「99US-OR」を母、保存遺伝資源・育成系統のうち地上部の着色程度が高い6品種・系統の混合花粉を父とする交配組合せから選抜したカンショ新品種である。両品種とも、地上部全体が濃い紫色を呈 …

    Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region (49), 19-32, 2008-03

    IR  DOI  JASI 

  • 37 Starch properties of sweet potato storage roots fed by sweet potato weevil  [in Japanese]

    Katayama Kenji , Kitani Shigekazu , Yoshinaga Makoto , Yamakawa Osamu

    Japanese Journal of Crop Science 74(別号1), 74-75, 2005-03-30

  • カンショ新品種"べにまさり"の育成  [in Japanese]

    石黒 浩二 , 山川 理 , 熊谷 亨 [他] , 吉永 優 , 甲斐 由美 , 日高 操

    べにまさり は "九州104号" を母, "九系87010-21" を父とする交配組合せから選抜したカンショ新品種であり, "九州130号" の系統名で関係各県に配布し, 2001年12月農林水産省育成品種 "かんしょ農林55号" として命名登録された。萌芽性はやや良, 草型は中, 茎の太さはやや太, 茎の長さは中である。いもの皮色は赤, 肉色は淡黄, 形状は紡錘形, 大きさは中, いもの揃いはや …

    Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region (43), 59-85, 2004-02

    IR  DOI 

  • カンショ新品種"タマオトメ"の育成  [in Japanese]

    石黒 浩二 , 山川 理 , 熊谷 亨 [他] , 吉永 優 , 日高 操 , 甲斐 由美 , 小巻 克巳 , 久木村 久

    タマオトメ は "九系70" を母, "ベニオトメ" を父とする交配組合せから選抜したカンショ新品種であり, "九州118号" の系統名で関係各県に配布し, 2001年10月農林水産省育成品種 "かんしょ農林53号" として命名登録された。萌芽性は中, 草型は匍匐型, 茎の太さは中, 茎の長さは中である。いもの皮色は赤紅, 肉色は淡黄, 形状は短紡錘形, 大きさは中, いもの揃いは中, 外観は中で …

    Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region (43), 27-58, 2004-02

    IR  DOI 

  • Evaluation of ability to control root-knot nematode in resistant sweetpotato lines by using indicator plant  [in Japanese]

    KAI Y. , NAKAZAWA Y. , MOCHIDA H. , SANO Z. , YAMAKAWA O.

    育種学研究 = Breeding research 4, 301, 2002-08-26

  • New sweetpotato cultivar "TAMAOTOME" for dried products after steaming  [in Japanese]

    ISHIGURO K. , KUMAGAI T. , KAI Y. , YAMAKAWA O. , TOYAMA J

    育種学研究 = Breeding research 4, 149, 2002-08-26

  • Characterization of a new sweetpoteto variety"SUIOH"  [in Japanese]

    ISHIGURO K. , KUMAGAI T. , KAI Y. , TOYAMA J. , NAKAZAWA Y. , YAMAKAWA O.

    育種学研究 = Breeding research 4(1), 152, 2002-03-30

  • Konahomare : A New Sweetpotato Cultivar for Starch Production  [in Japanese]

    熊谷 亨 , 山川 理 , 吉永 優 [他] , 石黒 浩二 , 日高 操 , 甲斐 由美

    "コナホマレ"は"ハイスターチ"を母、"九系82124-1"を父とする交配組合せから選抜したカンショ新品種であり、"九州126号"の系統名で関係各県に配布し、2000年8月農林水産省育成品種"かんしょ農林52号"として命名登録された。萌芽性は中、草型は匍匐型、茎はやや細く、茎の長さはやや長い。いもの皮色は淡褐、肉色は淡黄白、形状は短紡錘形、大きさは中、いもの揃いは中、外観はやや上である。いも収量、 …

    Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region (40), 1-16, 2002-03

    IR  DOI  JASI 

  • Properties and Sensory Evaluation of Noodles Added Sweetpotato Flour  [in Japanese]

    Kumazaki Toshiko , Ono Machiko , Yamakawa Osamu , Ishiguro Koji , Kai Yumi

    Journal of Nagoya Women's University,home economics・natural science (48), 73-79, 2002-03

  • 4. 南九州畑作農業の展望  [in Japanese]

    山川 理

    Japanese Journal of Crop Science 70(2), 314-316, 2001-06-05

  • 低および高アミロースサツマイモ系統の選抜とでん粉特性  [in Japanese]

    石黒 浩二 , 野田 高弘 , 佐藤 哲生 [他] , 山川 理

    サツマイモのアミロース含量とでん粉歩留について近赤外分光法により,育成中の系統を中心に,一部の既成品種および遺伝資源系統のアミロース含量を推定した。この推定値により,供試材料から低アミロース及び高アミロース品種・系統を選抜した。選抜した品種・系統について,さらにヨウ素呈色法によりアミロース含量を測定し,この値が14%以下の低アミロース14品種・系統と20%以上の高アミロース15品種・系統を選抜した …

    Bulletin of the Kyushu National Agricultural Experiment Station (38), 79-91, 2001-03

    JASI 

  • Morphological abnormalities in regenerated sweet potato plants through somatic embryos  [in Japanese]

    YOSHINAGA Masaru , YAMAKAWA Osamu

    現在, サツマイモのウイルスフリー苗生産は, 茎頂培養とシュートの増殖により行われており, 増殖率や労力等に改善の余地がある. そこで, 茎頂培養に代わる技術として胚様体を利用したより効率的な種苗生産システムが考えられる. これまでサツマイモにおいて, 胚様体の最適な誘導・増殖条件(Chee et al. 1992)や乾燥法を利用した胚様体の超低温保存(吉永ら 1994)に関する研究は行われている …

    日本作物学会九州支部会報 (67), 40-42, 2001

    NDL Digital Collections 

  • Comparison of β-Amylase Activity in Sweetpotato Progenies from High Activity Parents and Normal Activity Parents  [in Japanese]

    KAI Yumi , KUMAGAI Toru , YOSHIMOTO Makoto , YAMAKAWA Osamu

    Japanese Journal of Crop Science 69(別号2), 158-159, 2000-10-04

  • サツマイモの遺伝育種  [in Japanese]

    山川 理

    生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 78(7), 270-272, 2000-07-25

    NDL Digital Collections 

  • Selection of varieties resistant to SPFMV-S by the method of graft-inoculation to seedlings  [in Japanese]

    KAI Yumi , ONUKI Masatoshi , YAMAKAWA Osamu

    日本作物学会九州支部会報 (66), 41-43, 2000

    NDL Digital Collections 

  • Physicochemical Properties of Root Starches from New Types of Sweetpotato

    KITAHARA Kanefumi , UENO Junko , SUGANUMA Toshihiko , ISHIGURO Koji , YAMAKAWA Osamu

    調理後特徴的な性質を示す新形質サツマイモ塊根(低アミロース品種九系89376-12,高甘味品種九州127号,沖縄品種宮農36号)の澱粉の物理化学的性質を調べた.九系89376-12の澱粉はアミロース含量を除く他の構造特性はコガネセンガンのものと類似しており,両澱粉における糊化特性の相違はアミロース含量の差によるものと思われた.一方,九州127号と宮農36号は低い糊化温度と冷却時における高い粘度,高 …

    Journal of Applied Glycoscience 46(4), 391-397, 1999-12-01

    J-STAGE  JASI  References (23)

  • 高色素サツマイモの育種と利用  [in Japanese]

    山川 理

    Agriculture and horticulture 74(8), 851-856, 1999-08

  • 1 / 3
Page Top