金 明哲 Jin Mingzhe

Articles:  1-20 of 149

  • A Proposal for an Accelerated Model of Ensemble Deep Learning in Image Classification  [in Japanese]

    朴 健 , 金 明哲 , Piao Jian , Mingzhe Jin

    畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional neural network, CNN)モデルは、既存の方法と比べ分類性能が優れており、画像分類における深層学習のベースになっている。CNNモデルの正解率(Accuracy)を上げるためにアンサンブル学習方法が提案されているが、アンサンブル学習方法は複数のモデルを用いるため、訓練時間と予測時間が長くなる。本論文では、分裂畳み込みニューラル …

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 62(2), 111-116, 2021-07

    IR  DOI 

  • A Quantitative Study Using Corpora on the Use of Contractions of Conditional Forms  [in Japanese]

    入江 さやか , 金 明哲 , Sayaka IRIE , Mingzhe JIN

    同志社大学大学院 博士後期課程同志社大学音融合とは,二つ以上の単位が音の転訛などによって一つになったもので,話し言葉によく見られる特徴である。本研究では,『名大会話コーパス(名大C)』『日本語話し言葉コーパス(CSJ)』『日本語日常会話コーパスモニター公開版(CEJC)』を用いて,仮定形における音融合の使用状況について調査し,場面別・性別・年代別に音融合の使用状況にどのような差が見られるかについて …

    国立国語研究所論集 = NINJAL research papers (18), 1-16, 2020-01

    IR  DOI 

  • Author identification using function phrases as stylometric features in Japanese  [in Japanese]

    Huang Shanyu , Jin Mingzhe

    <p> 著者識別の分野では様々な特徴量が提案されている.例えば,日本語においては形態素の使用率,助詞の分布,タグのn-gram,文節パターンなどが著者の識別に有効であることが実証された.これらの特徴量は単語,品詞と文節を基本単位として集計したものであるため,著者が慣用的に使用する表現パターンを分析することが困難である.そこで,本稿では著者が慣用的に使用する表現パターン「機能フレーズ」を …

    Joho Chishiki Gakkaishi 30(3), 390-400, 2020

    J-STAGE 

  • Authorship Verification of Kikuchi Kan's <i>Junange</i>  [in Japanese]

    Liu Yejia , Jin Mingzhe

    <p>菊池寛には代筆疑惑を持つ作品がいくつか存在し,連載小説「受難華」がそのなかの1 つである.本研究の目的は,「受難華」の真の著者を明らかにすることである.「受難華」の代筆疑惑は川端康成の証言によって発覚した.川端によれば,「受難華」は横光利一の代筆であるが,他に代筆説を支持する証拠がないため,「受難華」の代筆問題が未だに解決されていない. </p><p>本稿 …

    Bulletin of Data Analysis of Japanese Classification Society 9(1), 1-11, 2020

    J-STAGE 

  • Enjoy Data Processing(3)R Language  [in Japanese]

    金 明哲

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 102(8), 822-828, 2019-08

  • Dialect Classification of Transcribed Data Based on Mora Bigrams::Are <i>Gifu</i> and <i>Aichi</i> Dialects Classified into the Eastern Type or the Western Type?  [in Japanese]

    Irie Sayaka , Jin Mingzhe

    日本の方言は,これまで多くの先行研究によって,語彙・文法・音韻などの違いから,種々に分類されてきた.構造言語学的な体系的基準による分析は当然行われるべきことであるが,現実の言語行動において,実際に使用された頻度を考慮した分類も重要であると考える.そこで,本研究では,自然談話における拍のbigramの頻度データを使用し,近隣結合法を用いた系統樹を作成して,各地方言の分類を行った.その結果,北アルプス …

    Mathematical Linguistics 32(1), 1-18, 2019

    J-STAGE 

  • Statistical Analysis about the Stylistic Imitation of <i>Mizumura Minae</i>'s <i>Zoku Meian</i>  [in Japanese]

    Li Guangwei , Jin Mingzhe

    「国民作家」と呼ばれる夏目漱石の個性的な文体は,多くの読者を魅了し,模作され続けている.水村美苗が漱石の未完の小説『明暗』を模倣して書いた『続明暗』は,その文体模倣の完成度の高さから注目を浴びた.本稿では,計量的アプローチを用いて,水村が文体模倣のためどのような点を工夫していたか,『明暗』と『続明暗』二作品の文体にどのような異同があるかをめぐって,コーパス言語学の観点から分析を展開した.文の長さ, …

    Mathematical Linguistics 32(1), 19-32, 2019

    J-STAGE 

  • Author Difference and Consistency in Writing Styles: Analysis of Academic Papers by Hierarchical Bayesian Models  [in Japanese]

    ZAITSU Wataru , JIN Mingzhe

    <p>This study examined the difference between authors and the consistency in each author's writing styles, both were the basis of authorship verification. We analyzed 88 academic papers on …

    Kodo Keiryogaku (The Japanese Journal of Behaviormetrics) 46(2), 87-95, 2019

    J-STAGE 

  • 太宰小説の方言の特徴に関する計量的分析  [in Japanese]

    尾城 奈緒子 , 入江 さやか , 金 明哲

    Proceedings of the annual meeting of Japanese Society of Computational Statistics 33(0), 39-42, 2019

    J-STAGE 

  • Multi-Loss Convolutional Neural Network for Image Classification  [in Japanese]

    朴 健 , 金 明哲

    Proceedings of the annual meeting of Japanese Society of Computational Statistics 33(0), 9-12, 2019

    J-STAGE 

  • Characteristic analysis of area along the Kansai private railway line using topic model  [in Japanese]

    MAEDA Yusuke , JIN Mingzhe

    <p> 関西都市圏は「私鉄王国」と呼ばれており,関西5私鉄(近鉄・京阪・南海・阪急・阪神)は競って沿線を開発し,関西都市圏の街づくりの一角を担ってきた.本研究では,関西5私鉄の沿線を文化的価値の側面から定量的に分析し,沿線の特徴を明らかにすることを目的とする.分析においては,どの駅勢圏にどの文化施設等が何回出現したかという頻度行列を作成し,そのカウントデータが持つ情報そのものに焦点を当 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 29(1), 3-22, 2019

    J-STAGE 

  • Writing Style Changes by Disguising an Author's Gender  [in Japanese]

    財津 亘 , 金 明哲 , Wataru Zaitsu , Mingzhe Jin

    本研究は,文章表現において性別を偽装した場合にともなう文体的特徴の変化について実験による検証を行った.実験では,実験参加者48名(男性24名,女性24名,20代から40代で等しく人数を割り当てることで性別年代を統制)が,ブログから抽出した原文を異性の文章に書き換えるといった課題を行った.分析の結果によると,男性実験参加者が女性に偽って文章を書き換えることで,「漢字」や「助詞(連体化)」,一人称代名 …

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 59(3), 181-188, 2018-10

    IR  DOI 

  • Estimating an Author's Age Group by Machine Learning for Offender Profiling  [in Japanese]

    財津 亘 , JIN Mingzhe , Wataru Zaitsu , Mingzhe Jin

    本研究では,ランダムフォレストならびにサポートベクターマシンを用いて,文章情報から著者の年齢層を推定する手法の開発を試みた.なお,本研究は,ブログを対象としたが,その目的から,分析結果が内容に依存しないように,文法機能を有する機能語などに着目して分析を行った.まず,100名のブログについて,年齢層グループ別で特徴量を検討したところ,(1)名詞,(2)読点前の「は(係助詞)」,(3)「ずっと(副詞) …

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 59(2), 57-65, 2018-07

    IR  DOI 

  • Evaluate lexical richness measures using coefficient of variation  [in Japanese]

    鄭 弯弯 , 金 明哲 , Wanwan Zheng , Mingzhe Jin

    語彙の豊富さを表す指標は多く提案されているものの、その中から文長に依存しない指標を選出するための評価法がまだ確立されていない。既存の評価方法として、各指標の元データもしくは標準化したデータの遷移曲線を用いた考察が一般的である。この方法は目視による判断がほとんどであり、指標の変化をとらえきれない欠点がある。本研究では先行研究の問題点を踏まえて、変動係数を用いた語彙の豊富さ指標の比較評価方法を提案する …

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 58(4), 230-241, 2018-01-31

    IR  DOI 

  • Evaluate Lexical Richness Measures Using Coefficient of Variation  [in Japanese]

    ZHENG Wanwan , JIN Mingzhe

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 58(4), 230-241, 2018-01

  • Author Identification Based on Rate of Usage of Words before Period:Multivariate Analyses and Scoring  [in Japanese]

    Zaitsu Wataru , Jin Mingzhe

    100名のブログを対象に,句点前の語(文末語)の使用率に基づく,ブログ筆者の識別を試みた.1名の疑問テキスト(筆者不明を想定),1名の対照テキスト(筆者が既知を想定),全く別人の4名の無関係テキスト内の文末語の使用率に着目して,①主成分分析,②多次元尺度法,③対応分析,④階層的クラスター分析を実施し,それらの分析結果に対して得点を付与し,得点を合算することで分析結果を統合した.実験条件として,疑問 …

    Mathematical Linguistics 31(6), 417-425, 2018

    J-STAGE 

  • 宇野文学の計量分析:―同時代の作家との比較を通して―  [in Japanese]

    劉 雪琴 , 金 明哲

    Proceedings of the annual meeting of Japanese Society of Computational Statistics 32(0), 2-5, 2018

    J-STAGE 

  • Accuracy and Standardized Judgment Procedures for Author Identification by Text Mining  [in Japanese]

    Zaitsu Wataru , Jin Mingzhe

    <p>This study examined the accuracy for author identification by text mining. We conducted 16 analyses (four writing styles × four multivariate analyses) across texts of 100 Bloggers, written by …

    Kodo Keiryogaku (The Japanese Journal of Behaviormetrics) 45(1), 39-47, 2018

    J-STAGE 

  • Can We Prove Criminality by Authorship Verification in the "PC Remote Control Virus" Case ?  [in Japanese]

    ZAITSU Wataru , JIN Mingzhe

    <p> 本論文は,電子掲示板の書き込みなどによるサイバー犯罪を想定し,その犯人性立証の一手法として,多変量データ解析を用いた計量的文体分析を提案するもので,実際に犯人性の立証が困難であったと思われるいわゆる「パソコン遠隔操作事件」に関する著者の識別を試みた.分析の際は,疑問文章(「パソコン遠隔操作事件」の9事件の文章),対照文章(「パソコン遠隔操作事件」の真犯人であったK氏が過去に敢行 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 28(3), 253-258, 2018

    J-STAGE 

  • Ghostwriter Verification of Yasunari Kawabata's Novel <i>Hananikki</i>  [in Japanese]

    SUN Hao , JIN Mingzhe

    <p> 川端康成の少女小説における代筆問題は昔から指摘されており,中でも『花日記』は中里恒子の代筆という疑いが強い.本研究では計量文体学の方法を用いて,この小説の代筆問題に新たな解決策を提示する.本研究では,文章から抽出した文字・記号のbigram,形態素タグのbigram,文節パターンを特徴量とし,アダブースト(AdaBoost),高次元判別分析(HDDA),ロジスティックモデルツリ …

    Joho Chishiki Gakkaishi 28(1), 3-14, 2018

    J-STAGE 

Page Top