池脇 信直 IKEWAKI Nobunao

Articles:  1-20 of 27

  • 1 / 2
  • Analysis of the salivary levels of immune biomarkers after inhalation of a steam mixed gas containing hydrogen gas

    池脇 信直 , 園田 徹 , 東 和弘 , いけわき のぶなお , Nobunao IKEWAKI

    スイソニアから発生する水素ガス(濃度0.1~0.3%)を含む蒸気混合ガス"XEN"を鼻カニューラで吸入した。吸入後、唾液中の免疫バイオマーカーの動態を酵素抗体法(enzyme immunoassay:EIA)で解析した。その結果、"XEN"吸入15分後、唾液中のインターロイキン-1β(IL-1β)の濃度が吸入前と比較して有意に増加した(P<0.01)。一方、唾液中の可溶性CD44分子(sCD …

    九州保健福祉大学研究紀要 = Journal of Kyushu University of Health and Welfare (18), 67-72, 2017-03

    IR  Ichushi Web 

  • Serum levels of soluble CD93 in patients with chronic renal failure

    池脇 信直 , 園田 徹 , 小川 修 [他] , 右田 平八 , 丹下 佳洋 , イケワキ ノブナオ , ソノダ トオル , オガワ オサム , ミギタ ヘイハチ , タンゲ ヨシヒロ , Nobunao IKEWAKI , Tohru SONODA , Osamu OGAWA , Heihachi MIGITA , Yoshihiro TANGE

    慢性腎不全(CRF)患者における可溶性CD93(sCD93)の血清レベルを自主開発した抗ヒトCD93抗体(mNI-11)とオリジナル構築酵素抗体法(EIAキット)を用いて検討した。その結果、CRF患者血清中のsCD93は健康人と比較して有意に高値を示した。また、血清中インターロイキン-6(IL-6)もCRF患者は健康人に比較して有意に高値を示した。CRF患者血清中のsCD93と腎機能マーカーである …

    九州保健福祉大学研究紀要 (17), 81-88, 2016-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Secretion of soluble-form CD93 from human endothelial progenitor cells

    IKEWAKI Nobunao , SONODA Tohru , DOI Koutarou , OHNO Eiji

    ヒト血管内皮前駆細胞(Human endothelial progenitor cells :HEPCs)から分泌される可溶性CD93(sCD93)分子の動態を自主開発した抗ヒトCD93 抗体(mNI-11)を用いて解析した。HEPCs は低濃度であるが、sCD93 分子を培養液中に自然分泌していることがわかった。HEPCs をPKC 活性剤であるPMAで処理したところ、sCD93 分子の分泌は有 …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (16), 121-128, 2015-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Modulation of CD93 molecule in a human monocyte-like cell line (U937) treated with nickel

    IKEWAKI Nobunao , SONODA Tohru , MIGITA Heihachi

    ニッケルで処理されたヒト単球系細胞株(U937)におけるCD93 分子の動態を解析した。ニッケル処理はU937 細胞に対してインターロイキン-8(IL-8) の産生を増強しながらアポトーシスを誘導した。また、ニッケル処理によりU937 細胞表面上のCD93 分子(mCD93)の発現は有意に減少し、可溶性CD93 分子(sCD93)の産生は有意に増強した。以上の結果は、CD93 分子の動態が金属(ニ …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (15), 129-137, 2014-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Actions of Taimatsu fermented rice germ solution on human immune responses

    IKEWAKI Nobunao , SONODA Tohru , NAKAMURA Masahiko , ISHIZUKI Toru , HIGUCHI Gengou , SUGIMOTO Syunichi

    本研究では、我々が独自に開発したGABA およびIP6 含有たいまつ米胚芽発酵液(T-FRGS)のヒト末梢血単核球(PBMCs) に対する形態変化およびサイトカイン産生能を解析した。その結果、T-FRGS はPBMCs に形態変化(細胞間凝集)を誘導した。さらに、Enzyme immunoassay (EIA) を用いた解析から、T-FRGS はPBMCs からIL-1β、IL-6、IL-8、TN …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (14), 177-182, 2013-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Identification of CD93 expression on hematopoietic stem cells in human neonatal umbilical cord blood cells

    IKEWAKI Nobunao , SONODA Tohru , SATO Kaoru , INOKO Hidetoshi

    臍帯血由来造血幹細胞表面上のCD93の発現を我々が開発したCD93モノクローナル抗体(mNI-11)、既存のCD34抗体、CD45抗体を組み合わせたフローサイトメトリー法で解析した。その結果、臍帯血由来造血幹細胞(CD34+細胞およびCD34+CD45dim+細胞)表面上にはCD93が発現していることが分かった。以上の結果は、CD93が未熟な造血幹細胞の新たな細胞表面マーカーに成り得ると共に、造血 …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare -(13), 101-110, 2012-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Inhibition of tumor-associated antigens secreted from cancer cell lines by Taimatsu fermented rice germ solution containing inositol hexaphosphate (IP6)

    Ikewaki Nobunao , Ishizuki Toru , Nakamura Masahiko , Takaki Ryutarou , Kanai Miki , Higuchi Gengou , Kondo Teruyoshi

    本研究では、我々が開発したIP6含有たいまつ米胚芽発酵液(T-IP6)の癌細胞株(MKN-45およびHepG2)から分泌される腫瘍関連抗原(CEAまたはPIVKA-II)に対する影響を化学発光および電気化学発光酵素免疫測定法で解析した。その結果、T-IP6で培養したMKN-45およびHepG2細胞から分泌されるCEAまたはPIVKA-IIは、細胞の形態変化を伴いながら有意に抑制された(P<0 …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (12), 189-196, 2011-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Enhancement of CD93 expression and interleukin-8 (IL-8) production in the human monocyte-like cell line U937 in response to Taimatsu fermented rice germ gamma-amino butyric acid (GABA)

    IKEWAKI Nobunao , ISHIZUKI Toru , NAKAMURA Masahiko , HAYASHI Yuji , HIGUCHI Gengou , GOTO Makito

    たいまつ米胚芽発酵GABAによる単球系細胞株(U937)表面上のCD93抗原の発現をモノクローナル抗体を用いた酵素抗体法およびフローサイトメトリー法で解析した。その結果、たいまつ米胚芽発酵GABAで培養したU937細胞はCD93(C1qRp)の発現が有意に増強した。また、CD93の発現増強はprotein kinase C(PKC)阻害剤であるGo6976で抑制された。さらに、たいまつ米胚芽発酵G …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (11), 159-167, 2010-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A monoclonal antibody, mNI-58A, against CD11a induces homotypic cell aggregation and promotes interferon-γ production by the human NK-like cell line, KHYG-1

    IKEWAKI Nobunao , TAMAUCHI Hidekazu

    我々が開発したCD11a(LFA-1α)モノクローナル抗体(mNI-58A)のヒトNK様細胞株(KHYG-1)に与える影響を検討したところ、mNI-58A抗体はKHYG-1細胞に対して細胞間凝集を特異的に誘導した。この細胞間凝集反応は、conventional protein kinase C (cPKC)抑制剤であるGo6976とnovel protein kinase C (nPKC)抑制剤で …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (10), 217-227, 2009-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Immersion in Hot Spring Improves Cardiovascular Functions in Patients with Chronic Heart Failure

    KUDO Yoshihiro , OYAMA Jun-ichi , NISHIYAMA Yasuhiro , MAEDA Toyoki , IKEWAKI Nobunao , MAKINO Naoki

    <b>緒言</b>: 慢性心不全患者において以前より運動耐容能の低下が指摘されており、それは、心機能の低下のみならず、慢性血管反応 (拡張性) の低下、骨格筋の変化等、全身疾患として近年考えられるようになった。慢性心不全に対する非薬物治療の一つとして運動療法は以前から知られているが、近年では温熱療法が慢性心不全の自他覚症状の改善、予後の改善等に有効であることが示唆されている …

    The Journal of The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine 71(4), 234-240, 2008-08-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (21)

  • Modulation of some cell surface antigens in the monocyte-like cell line U937 in response to β-1,3-1,6 glucan derived from Aureobasidium pullulans

    IKEWAKI Nobunao , TAMAUCHI Hidekazu , INOKO Hidetoshi

    黒酵母(Aureobasidium plulluns)由来のβ-1,3-1,6 glucanによる単球系細胞株(U937)表面上のCD抗原の動態を各種モノクローナル抗体とフローサイトメトリー法を用いて解析した。その結果、β-1,3-1,6 glucanで培養したU937細胞はCD11b (C3R)、CD54(ICAM-1)、CD93(C1qRp)の発現が有意に増強した(P<0.01)。さらに …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (9), 81-91, 2008-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Decrease of CD93 expression on the human monocyte-like cell line U937 treated with anti-Fas monoclonal antibody

    IKEWAKI Nobunao , OHYA Kazuhiko

    抗Fasモノクローナル抗体処理単球系細胞株(U937)表面上の補体(C1q)レセプター(CD93)の発現を我々が開発したCD93モノクローナル抗体(医学生物学研究所で販売)とフローサイトメトリー法を用いて解析した。その結果、抗Fasモノクローナル抗体処理U937細胞はアポトーシスマーカーであるAPO2.7分子の発現を誘導すると共に、細胞表面上のCD93分子の発現を著明に低下させた。また、この発現低 …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (8), 123-131, 2007-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A 46,XX,del (20) (q11.23q13.11) with normal adenosine deaminase (ADA) activity

    SONODA Tohru , TOMIMORI Mieko , IWASHIRO Satoshi , IKEWAKI Nobunao , IWAMOTO Soutarou

    46, XX, del(20)(q11.23q13.11)の1例を報告する。症例は在胎41週1日で出生した。出生体重は3, 082g、身長51.0cm、頭囲34.2cmであった。眼球陥凹、前向き鼻孔、前額部のポートワインマーク、耳介下方付着、両側軸三叉線高位、右股関節脱臼、全身の筋緊張低下などの異常がみられた。反復性感染の既往はなかった。生後7カ月のときの発達指数は約60であった。末梢血リンパ球を …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (8), 117-121, 2007-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Expression patterns of the C1q receptor (C1qRp) on the granulocytes and monocytes in peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) from patients with liver diseases

    IKEWAKI N. , SONODA Tohru , SHIBUYA Akitaka

    肝臓疾患由来末梢血単核球(顆粒球および単球)表面上の補体レセプター(C1qRp)の発現パターンを我々が開発したC1qRpモノクローナル抗体(mNI-11)とフローサイトメトリー法を用いて解析した。その結果、肝硬変、慢性肝炎、肝細胞癌患者由来の顆粒球表面上のC1qRpの発現は、健常人に比べて有意に低下していた(P<0.01)。また、肝硬変患者由来単球表面上のC1qRpの発現も健常人に比べて有意 …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (7), 183-189, 2006-03

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Aureobasidium pullulansから産生されるβ-1.3-1.6グルカンを免疫して得られたマウス腹腔滲出細胞の特徴  [in Japanese]

    池脇 信直 , 藤井 昇 , 尾仲 隆 [他]

    Clinical immunology 43(4), 467-471, 2005-04

    Ichushi Web 

  • Immunological responses of human peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) derived from healthy donors cultured with β-1.3-1.6 glucan produced by Aureobasidium pullulans

    IKEWAKI Nobunao , FUJII Noboru , ONAKA Takashi , YAMAO Hiromichi , INOUE Hiroshi

    Aureobasidium pullulansによって産生されるβ-1.3-1.6グルカンは、ヒト末梢血単核球のトリチウムサイミジンの取り込み(細胞増殖)を優位に増強させた。この細胞増殖の増強は、CD11a(lymphocyte-function associated antigen-1: LFA-1)に対するモノクローナル抗体(mNI-58A)で完全に抑制された。さらに、β-1.3-1.6グルカ …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (6), 193-198, 2005-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Immune system for health maintenance  [in Japanese]

    池脇 信直

    九州保健福祉大学QOL研究機構研究報告書 (2), 63-65, 2005

  • Properties of the mouse peritoneal cells immunized with β-1.3-1.6 glucan produced by Aureobasidium pullulans

    IKEWAKI Nobunao , FUJII Noboru , ONAKA Takashi , FUKUMOTO Yasuho , IWAMOTO Soutarou , TAMAUCHI Hidekazu

    我々は, β-1.3-1.6グルカンが免疫系の調節に密接に関わるインターロイキン8 (IL-8) の産生を誘導することを見出し, 本誌 (3 : 5~9, 2002) に報告した. 今回は, β-1.3-1.6グルカンをマウスに免疫して得られた腹膜腔内浮遊細胞の特徴について検討したところ, 細胞数の増加, 形態変化, さらにはNK活性 (抗腫瘍作用) の上昇が認められた. また, two-colo …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (5), 167-172, 2004-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Disruption of cytoskeleton by cytochalasin E strongly induces interleukin-8 production

    IKEWAKI Nobunao , FUKUMOTO Yasuho

    我々は細胞骨格粉砕剤であるサイトカラシンEがHela細胞(cervical carcinoma cell line)にインターロイキン8(IL-8)の楽生を誘導することを見い出した。このIL-8の楽生は、プロティンキナーゼC(PKC)の阻害剤であるGo6976で完全に抑制された。 この結果は、サイトカラシンEがPKCを活性化することでIL-8変生を誘導することを示すものである。Using an e …

    Journal of Kyushu University of Health and Welfare (4), 25-29, 2003-03

    IR  DOI 

  • 話題 Aureobasidium pullulans FERM-P4257由来の新規微生物多糖の生体免疫反応に与える影響  [in Japanese]

    池脇 信直 , 藤井 昇 , 尾仲 隆 [他]

    Clinical immunology 38(3), 313-319, 2002-09

    Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top