庄司 宏 SHOJI Hiroshi

ID:9000002632507

丸善石油化学(株) (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • 研究室の想い出  [in Japanese]

    庄司 宏

    触媒 44(3), 220-221, 2002-04-10

  • Synthesis of FAU-EMT Zeolites Using Various Prepararion Conditions for Precursor Gel  [in Japanese]

    Nagata Hideo , Yamauchi Masahiro , Shoji Hiroshi

    佐世保工業高等専門学校研究報告 (38), 33-36, 2001-12

  • Environments of Ga in MFI-Type Ga-Silicates and Their Catalytic Performances  [in Japanese]

    NAGATA Hideo , TAKIYAMA Yoshihiro , HIGASHIDA Kenji , OTSUKA Shuhei , SHOJI Hiroshi , KISHIDA Masahiro , WAKABAYASHI Katsuhiko

    Journal of the Japan Petroleum Institute 41(4), 258-263, 1998-07-01

    References (19)

  • Synthesis of ZSN-5 Type Zeolites using 1-Butanol and their Properties  [in Japanese]

    ARAZAKI Shuichi , KASUNO Takekazu , SANO Tsuneji , KAWAKAMI Yusuke , SHOJI Hiroshi

    テトラプロピルアンモニウムプロミド(TPABr)のように有機カチオンとしてではなく中性分子として作用し,かつ比較的分子構造が簡単な脂肪族アルコールを結晶化調整剤としてZSM-5型ゼオライト合成を行い,TPABrを用いて合成したZSM-5ゼオライトとその物性を比較することにより,結晶化調整剤としての脂肪族アルコールの役割について検討した.得られたゼオライトの結晶化度は用いたアルコールの種類に依存し, …

    NIPPON KAGAKU KAISHI 1995(8), 606-614, 1995-08-10

    IR  J-STAGE  References (34)

  • Hydrocracking of Benzene over Various Zeolite Catalysts  [in Japanese]

    佐野 庸治 [他] , 庄司 宏 , 岡部 清美 , 斉藤 健二 , 萩原 弘之 , 細矢 忠資 , 高谷 晴生

    ZSM-5, モルデナイトなどの強酸点を有するゼオライト触媒上でベンゼンの水素化分解が進行することを明らかにした。水素化分解活性は用いたゼオライト触媒の種類およびSiO2/Al2O3比に大きく依存し, H-ZSM-5およびH-モルデナイト触媒は高い活性を示したが, H-Y, H-ZSM-34および無定形シリカ•アルミナ触媒は低い活性であった。生成物としては, 分解生成物であるメタン, エタン, プ …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 29(3), p257-261, 1986-05

    IR 

  • Direct Synthesis of Light Olefins from Synthesis Gas Utilizing Composite Catalyst of Methanol Synthesis Catalyst and Zeolite  [in Japanese]

    佐野 庸治 [他] , 岡部 清美 , 庄司 宏 , 斉藤 健二 , 岡戸 秀夫 , 安本 義郎 , 萩原 弘之 , 高谷 晴生

    メタノール合成触媒と各種ZSM-5型ゼオライト触媒とを機械的に混合した複合触媒による合成ガスからの低級オレフィン合成について検討した。その結果, アルカリ土類金属で修飾しオレフィン水素化能を抑制したH-ZSM-5型触媒を用いることにより, (C=2+C=3) 選択率が増加することがわかった。また, イソ合成触媒とこれらのアルカリ土類金属修飾H-ZSM-5型触媒との複合触媒においても, 比較的高い …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 29(2), p178-182, 1986-03

    IR 

Page Top