栗原 望 KURIHARA Nozomi

ID:9000002633489

宇都宮大学農学部生物資源科学科 (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-14 of 14

  • Natural history of small cetaceans—collecting, using, and enjoying zoological specimens—  [in Japanese]

    Kurihara Nozomi

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 58(1), 157-159, 2018

    J-STAGE 

  • Making thin sections and observation of animal tissues with much fat contents

    Tajiri Rie , Kurihara Nozomi

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2015(0), 269, 2015

    J-STAGE 

  • Adaptation of the postcranial skeleton: from the viewpoints of taxonomy, functional morphology, and paleontology  [in Japanese]

    Gunji Megu , Kurihara Nozomi , Kawada Shin-ichiro , Nakajima Yasuhisa , Wada Naomi , Fujiwara Shin-ichi

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 55(1), 108-109, 2015

    J-STAGE 

  • Records of stranded or by-caught finless porpoises in Mikawa Bay, Japan  [in Japanese]

    KURIHARA Nozomi , OIKE Tatsuya , KAWADA Shi-ichiro , KOYASU Kazuhiro , ODA Sen-ichi

    三河湾で漂着あるいは混獲した44個体のスナメリについて,体長,性別,漂着時期,漂着場所を調べ,既往知見とあわせ三河湾産本種の生活史や漂着の特徴を整理・分析した.三河湾産本種の出産期は隣接する伊勢湾と同様の4~6月頃,出生体長は80 cm前後であると考えられた.雌雄の漂着数は,体長120 cm未満の幼獣ではほぼ等しかったが,より大型の個体ではオスに偏り,オスの数がメスの1.6倍以上となった.漂着数は …

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 53(1), 99-106, 2013-06-30

    J-STAGE  References (42)

  • スナメリとハセイルカの遊泳運動の理解を目的とした解剖  [in Japanese]

    吉住 健吾 , 石橋 敏章 , 立川 利幸 , 山田 格 , 栗原 望 , 和田 直己

     鯨類の遊泳運動の仕組みの解明を目的に解剖学的研究を行った.<br> 水の中で推進力を得るためには,力を水に伝えなければならない.鯨類は,尾を含めた体幹の筋肉によって力を生みだし,腱によって椎骨に伝えて尾を動かし,主に尾ひれによって力を水に伝え,推進力に変化させる.したがって,この研究においては体幹の筋肉・その腱・脊柱・尾ひれを調べることが重要であり,その結果生み出 …

    Primate Research Supplement 29(0), 151, 2013

    J-STAGE 

  • 鯨蹄類(げいているい)の生物学  [in Japanese]

    栗原 望 , 曽根 啓子 , 子安 和弘

      鯨蹄類(CETUNGULATA)は現生哺乳類の鯨偶蹄類と奇蹄類を含む単系統群である.本シンポジウムの開催により,鯨蹄類研究のさらなる発展を期待している. <br><b>演題1 キリン科における首の運動メカニズムの解明:</b><br>     郡司芽久(東京大学大学院農学生命科学研究科)・遠藤秀紀 …

    Primate Research Supplement 29(0), 56, 2013

    J-STAGE 

  • A report on the workshop "Let's enjoy specimens combined with secondary sources-Part 2-" at the Annual Meeting of Mammalogical Society of Japan 2011  [in Japanese]

    KURIHARA Nozomi

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 52(1), 124-126, 2012-06-30

    J-STAGE  References (1)

  • Let's enjoy specimens combined with the secondary source  [in Japanese]

    KURIHARA Nozomi , KAWADA Shin-ichiro , YASUDA Masatoshi , KOBAYASHI Syuji , ARITA Hiroyuki

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 51(1), 172-173, 2011-06-30

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Gross anatomical features of the brachial plexus of a Pacific white-sided dolphin (Lagenorhynchus obliquidens)  [in Japanese]

    Sekiya Shin-ichi , Nambu Hisao , Nishioka Mitsuru , Nishiwaki Kaoru , Kurihara Nozomi , Tajima Yuko , Yamada Tadasu K.

    カマイルカの頚椎と腕神経叢を、肉眼解剖学的に検討した。7個の頚椎のうち、環椎と軸椎はほぼ完全に融合していたが、第3頚椎以下は分離したままであった。腕神経叢は第3-8頚神経(C3-C8)および第1胸神経(T1)から構成された。これらの7本の神経根が合流しあい、左側で3本、右側で4本の神経幹となった。これらの神経幹が合して、一本の背腹に扁平な帯状の神経束となり、腋窩に達した後、上肢帯筋の筋枝と胸びれの …

    Japan Cetology 0(21), 1-8, 2011

    IR  J-STAGE  Cited by (1)

  • Stranding records of cetaceans in Toyama Bay, Japan, in 2009  [in Japanese]

    南部 久男 , 真柄 真実 , 栗原 望 , 山田 格 , 関 東雄 , 台蔵 正一 , 石川 雄士

    2009年に3科4種8例8個体の鯨類(漂着7例7個体で、目撃が1例1個体)を富山湾で確認した。いずれも富山湾では既知種である。カマイルカは、1月23日~6月4日にかけ、最も多い4例4個体が確認された。他にハンドウイルカ1例1個体、イシイルカ1例1個体、ミンククジラ2例2個体を確認した。

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (33), 105-108, 2010-03-15

    IR 

  • Note on a bottlenose dolphin stranded at the coast of Himi-city, Toyama Prefecture, Sea of Japan  [in Japanese]

    真柄 真実 , 栗原 望 , 山田 格 , 南部 久男 , 石川 雄士

    2009年3月に富山県氷見市で、ハンドウイルカ(Tursiops truncatus)1頭が漂着した。本個体は、比較的死後経過時間が短い個体であり、現地で計測および剖検を実施した。肉眼解剖結果から、性的に未成熟である若い雌の個体であると判断され、気管における白色泡沫状物充満および肺のうっ血水腫、豊富な胃内容物、胃腸内における寄生虫寄生を確認した。座礁および死因を特定する所見は確認できなかったが、食 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (33), 109-112, 2010-03-15

    IR 

  • Effects of size on the skull shape of the bottlenose dolphin (Tursiops truncatus)

    KURIHARA Nozomi , ODA Sen-ichi

    Mammal study 34(1), 19-32, 2009-03-01

    References (44) Cited by (1)

  • Middle Sized Balaenopterid Whale Specimens (Cetacea: Balaenopteridae) Preserved at Several Institutions in Taiwan, Thailand, and India(Natural History Researches of the Island Arcs in the Western Pacific I. Taiwan and the Philippines)

    Yamada Tadasu K. , Chou Lien-Siang , Chantrapornsyl Supot , Adulyanukosol Kanjana , Chakravarti Shyamal Kanti , Oishi Masayuki , Wada Shiro , Yao Chou-Ju , Kakuda Tsuneo , Tajima Yuko , Arai Kazumi , Umetani Ayako , Kurihara Nozomi

    台湾,タイ,インドの研究施設に保存されている中型ナガスクジラ属鯨類標本22点を調査し,骨格の形態学的特徴から,ミンククジラBalaenotera acutorostrata 4点,カツオクジラB. edeni 7点,ニタリクジラB. brydei 1点,ツノシマクジラB. omurai 10点を確認した.1970年代以来議論は提起されていたもののWada et al.(2003)が記載するまで不明 …

    Memoirs of the National Science Museum 44, 1-10, 2006

  • Presumption on the mechanism of sound reception comparing with shapes of mandible and stranding for the toothed whales  [in Japanese]

    KURIHARA N. , Koido Takashi , Takemura Akira

    ハクジラ類は、音に対する行動実験や超音波による刺激実験から、耳に音を伝えるのに下顎を使っていると考えられている。ただし、その経路については様々な説があり、下顎先端の頤孔から下顎孔内の脂肪組織を通って内耳に至る構造が音を伝えているや、歯1本1本がセンサーの役割を果たして音を増幅しているなど、これまで多くの説がある。それらの中で有力なものの一つに、音は下顎骨を通って中耳に伝わるという説がある。したがっ …

    Bulletin of the Faculty of Fisheries, Nagasaki University (84), 73-79, 2003-03

    IR  JASI  Cited by (1)

Page Top