松原 みゆき Matsubara Miyuki

Articles:  1-20 of 26

  • 1 / 2
  • Nurse educators' perceptions of the practical competency required by new visiting nurses for home-care visits without assistance and factors influencing their perception formation  [in Japanese]

    松原 みゆき , 眞崎 直子 , 長尾 美香 , 中上 美恵子 , 古賀 聖典 , 榮田 絹代 , 今田 菜摘

    目的:訪問看護ステーションの教育担当者が捉える新人訪問看護師がひとりで訪問できるために必要な実践能力とその影響要因を検討することである。方法:同意の得られた中国・四国地方の訪問看護ステーションに勤務する教育担当者204人を対象に,無記名自記式質問紙調査を実施した。結果:回答数は158(77.5%)で,121(76.6%)を分析対象とした。教育担当者が,「かなりできる」必要があると捉えた割合が高かっ …

    日本赤十字広島看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Hiroshima College of Nursing 19, 13-22, 2019

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Competencies required by new visiting nurses to make a visit without assistance : A comparison of attitudes among new home-visiting nurses and nurse managers  [in Japanese]

    松原 みゆき , 眞﨑 直子

    目的:訪問看護ステーションの新人訪問看護師と管理者が捉える新人訪問看護師が「ひとりで訪問できる」実践能力の必要性の捉え方を比較することである。方法:同意の得られた56 ヵ所の訪問看護ステーションに勤務する新人訪問看護師60 名と管理者56 名に,無記名自記式質問紙調査を実施した。結果:回収率は 75.8%( 回収数 88 人)であり,新人訪問看護師 43 人,管理者 41 人を分析対象とした。両者 …

    日本赤十字広島看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Hiroshima College of Nursing 17, 43-52, 2017

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • 高齢者たちの選択 : ラオスの一事例の報告  [in Japanese]

    松原 みゆき

    看護学統合研究 17(2), 51-55, 2016-03

    IR 

  • Students' Awareness of Personal Growth and Challenges as a result of Pre-Graduation OSCE  [in Japanese]

    中村 もとゑ , 渡邉 聡美 , 戸田 由美子 , 笹本 美佐 , 中信 利恵子 , 山﨑 歩 , 山本 加奈子 , 鈴木 香苗 , 松原 みゆき , 川西 美佐 , 眞崎 直子

    卒業前OSCE を受けた学生が認識した成長と課題について明らかにすることを目的に,A 大学の4年生全員を対象に自作の無記名式質問紙調査を行い,成長と課題に関する自由記述部分の内容分析を行った。その結果,「成長」は8カテゴリー,「課題」は10 カテゴリーが抽出された。記録単位の割合が高い順に4カテゴリーを示す。「成長」では【専門職としてのコミュニケーション力】,【見通しを立てる力】,【緊張のコントロ …

    日本赤十字広島看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Hiroshima College of Nursing 16, 67-76, 2016

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Changes in the attitudes of hospital nurses towards discharge support after participating in home nursing visits  [in Japanese]

    松原 みゆき , 森山 薫

    目的:訪問看護の同行訪問を経験した病棟看護師の退院支援に対する認識の変化を明らかにする。方法:病棟看護師5名に,訪問看護への同行訪問前後に半構成的面接を行い,質的帰納的に分析した。結果:病棟看護師の退院支援の関わり方の認識は,訪問前は,【患者・家族の思いの表出】【退院の方向性を決定する支援】【ソーシャルワーカーとの連携】,訪問後は,【病棟看護師が在宅移行を考えて支援】【病棟看護師の患者の家族との積 …

    日本赤十字広島看護大学紀要 15, 11-19, 2015

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Changes in attitude about child-raising and family development in nursing students with advancing levels of education  [in Japanese]

    眞崎 直子 , 松原 みゆき , 森本 千代子 [他] , 西地 令子 , 森 マツヱ , 林 真二 , 三徳 和子 , 尾形 由起子

    【目的】看護大学生の子育てや家庭づくりへの意識の実態と子育て体験による変化について検討し,看護大学生の子育て・家庭づくりを促進することを目的とする。【方法】対象は,A 看護大学生359 名(男女比1.4:98.6)であり,結婚,子育て,家庭づくりに対する意識を把握し,学年間の意識,子育て体験による介入後の,養護性,子どものイメージの変化を見た。【結果】学年ごとの子育てに対する意識では,学年が上がる …

    日本赤十字広島看護大学紀要 15, 87-94, 2015

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Factors affecting the sense of worthwhileness and difficulties experienced by directors of visiting nursing stations  [in Japanese]

    松原 みゆき

    本研究の目的は,訪問看護ステーションに勤務する管理者のやりがいと困難を構成する要素を明らかにすることであった。管理者9名を対象に,半構成的面接を行った。管理者のやりがいは[訪問看護ケアの提供から得られる喜び]を根底とし,[スタッフから得られる喜び],[よい評価をされる喜び],運営・経営まで[全てのことを采配できるおもしろさ]で構成された。困難を構成する要素は,[スタッフ管理の難しさ],[母体法人と …

    日本赤十字広島看護大学紀要 14, 37-46, 2014

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A study on a comprehensive regional cooperation model for Red Cross Hospital A : analysis of community health issues through community diagnosis and focus group interviews  [in Japanese]

    眞崎 直子 , 松原 みゆき , 森本 千代子 [他] , 雛倉 恵美 , 片山 覚 , 森 マツヱ , 林 真二

    急速な高齢化が進み,医療崩壊に直面した地域における医療・保健・福祉の連携推進体制を明らかにすることを目的とした。方法は,コミュニティ・アズ・パートナーモデルによる地域診断およびA赤十字病院職員10名へのフォーカス・グループインタビュー(FGI)による質的記述的研究である。地域診断では,T二次医療圏では少子高齢化が進んでおり,医師不足により,診療機能が低下していたが,行政との協働による医療を守る地域 …

    日本赤十字広島看護大学紀要 14, 85-93, 2014

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Factors facilitating the network of community care systems : focusing on differences between a direct management type and a trust type in community comprehensive support centers  [in Japanese]

    眞崎 直子 , 飯村 富子 , 松原 みゆき [他] , 森本 千代子 , 森田 深雪

    本研究の目的は,地域ケアシステムを構築するために,ネットワークを推進する要因を明らかにすることである。設立主体が行政直営型と行政からの委託型である2地域における地域包括支援センターの職員に対し,フォーカスグループインタビューを行い,地域ケアシステム構築のためのネットワーク推進に関連する内容を抽出し,カテゴリー化を行った。分析の結果をカテゴリーを【】,サブカテゴリーを〈〉で示す。直営型では,〈住民〉 …

    日本赤十字広島看護大学紀要 12, 27-36, 2012

    IR  Ichushi Web 

  • A Study of Factors that Promote "Ability for Better Living" for Elderly Male Caregivers  [in Japanese]

    Nakamura Motoe , Nagai Mayumi , Matsubara Miyuki

    本研究は,認知症高齢者を介護する向老期・老年期にある男性介護者のよりよく生きる力とそれを育む要因を明らかにすることを目的に,認知症高齢者を自宅で介護している男性12人に半構成的面接を行った.その結果,よりよく生きる力として「主体者になる力」「バランスを保つ力」「学習・自己成長する力」の3カテゴリー,それを構成する8サブカテゴリーが抽出された.よりよく生きる力を育む要因については,内的要因として「愛 …

    Journal of Japan Academy of Gerontological Nursing 16(1), 104-110, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • Present conditions and issues among residents in temporary housing who suffered from the Noto Peninsula Earthquake during the disaster cycle  [in Japanese]

    松原 みゆき , 岡田 淳子 , 迫田 綾子

    Journal of Japan Society of Disaster Nursing 11(3), 47-57, 2010-05

    Ichushi Web 

  • 認知症介護を担う男性介護者のサクセスフル・エイジングをめざす準備教育プログラムの開発  [in Japanese]

    永井 眞由美 [研究代表] , 中村 もとゑ [共同研究] , 松原 みゆき [共同研究]

    豊かな高齢社会の探究 調査研究報告書 17, 1-22, 2009-07

  • An investigation into the need for certified programs in dysphasia nursing  [in Japanese]

    迫田 綾子 , 松原 みゆき , 村田 由香

    本研究は,本学において認定看護師教育を開始するために,摂食・嚥下障害看護認定看護師の教育ニーズを把握することを目的とした。調査方法は,全国赤十字病院,H 県内全病院を対象とし,認定看護師教育ニーズに関する質問紙を配布し回収した。【調査1】全国赤十字病院で摂食・嚥下障害看護認定看護師の希望する施設は,79%であった。摂食・嚥下障害等のチームは,76%の施設で活動があった。種類は,NST,口腔ケア,摂 …

    Bulletin of the Japanese Red Cross Hiroshima College of Nursing 9, 39-45, 2009

    IR  Ichushi Web 

  • A report on the investigation of ICT education systems: the applicability of using ICT as a foundation for nursing skills education  [in Japanese]

    松原 みゆき , 小野 裕子 , 迫田 綾子 [他]

    日本医療情報学会看護学術大会論文集 9, 183-187, 2008-07-05

    Ichushi Web 

  • 成人看護学臨地実習における看護技術修得状況の実態調査報告  [in Japanese]

    佐々木 秀美 , 松井 英俊 , 金子 潔子 [他] , 岩本 由美 , 松原 みゆき , 田村 和恵 , 迫田 千加子 , 中井 芙美子

    成人看護学領域において臨地実習で修得した看護技術の実態調査を行い,学内での看護技術教育のあり方と,臨地実習における技術教育の在り方に対して実質的な検討を行った結果,学生の経験した技術項目は少ないことが分かった。これは臨地実習で受け持ち患者を通して学ぶ看護技術のレベルと,教員側と学生側の"経験した"と認識している項目の内容に差がある,現状の受け持ち患者を通しての実習には技術力の向上よりは思考能力の育 …

    看護学統合研究 9(2), 19-29, 2008-03

    IR  Ichushi Web 

  • ライフスタイルにおける健康増進のための教育プログラム--学外演習実施における看護学生と地域住民の意識調査結果からの教育評価  [in Japanese]

    佐々木 秀美 , 松井 英俊 , 金子 潔子 [他] , 岩本 由美 , 松原 みゆき , 紀 成子 , 田村 和恵 , 迫田 千加子 , 中井 芙美子

    ライフスタイルと健康との関連は近年,大きくクローズアップされ,ライフスタイルにおける健康増進は,全ての国民が健やかに活力あるための施策としてわが国の重要な課題である。平成16年度以降,本学成人看護学領域で実施している活動報告とライフスタイルにおける健康増進のための教育プログラムが有効であるかどうかを,学外演習実施時看護学生あるいは地域住民に対して質問紙による調査を行った結果,地域住民に対して骨密度 …

    看護学統合研究 9(1), 15-30, 2007-09

    IR  Ichushi Web 

  • International Council of Nursing 2007に参加して  [in Japanese]

    松原 みゆき

    看護学統合研究 9(1), 31-35, 2007-09

    IR 

  • 看護技術マトリックスの構築--看護学部学生の看護技術到達度の把握に向けて  [in Japanese]

    松原 みゆき , 佐々木 秀美 , 山内 京子 [他] , 加藤 重子 , 藤原 芳美

    近年,看護学生を取り巻く医療や社会の環境は大きく変化している。呉大学看護学部においても,各看護学講座において,看護教育及び看護の実践の場で広く適用されている,看護過程を取り入れた臨地実習を行っている。そこでは看護過程と看護技術を結び付けて学習することが必要である。なぜなら,ただ看護技術がわかったり,実践できたりするのではなく,看護過程の一連の流れのなかに,看護技術は位置づけられているからである。さ …

    看護学統合研究 8(1), 56-66, 2006-09

    IR  Ichushi Web 

  • 患者さんのみかた 術後の経過に不安を抱いている患者さんの看護  [in Japanese]

    松原 みゆき

    クリニカルスタディ 26(11), 824-830, 2005-10

    Ichushi Web 

  • 医学英語を効果的に教育するための一考察--看護英語の取り組み  [in Japanese]

    信谷 美智子 , 松原 みゆき

    近年医療分野にも国際化の必要性が高まっている。そのため医療看護の第一線で働く人は,専門家として人種,宗教,文化の違いを超えて,疾病を抱える人々に接する使命を持つと考える。そこで特殊な領域と考えられがちな医学分野の英語,とりわけ看護領域の英語をいかに学生に身近に,平易に習得させるか,その方法として一例を示した。通常の授業では,専門職として必須の用語とその概念の習得,そしてコミュニケーション能力育成の …

    看護学統合研究 7(1), 19-22, 2005-09

    IR  Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top