松井 文 MATSUI AYA

ID:9000002647672

富山大学医学部看護学科成人看護学II School of Nursing, Toyama University (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Investigation on the actual status concerning the blood dialysis-related foot troubles and foot caring  [in Japanese]

    HARA Yukiko , YATSUZUKA Miki , MATSUI Aya

    私たちは,血液透析に関連した足病変とフットケアに関しての実態を求め,アンケート調査を行った.血液透析を受けている112人の患者から得られたアンケート結果を分析すると,患者の80%もが巻き爪,爪の肥厚化または水虫等何らかの足病変を経験することが示された.さらに,患者の年齢と足の冷えのそれぞれに比例して足病変や巻き爪の罹病率が増加することも示された.しかしながら,足病変と血液透析経験期間(年数)の関係 …

    The journal of the Nursing Society of University of Toyama 6(2), 57-64, 2007-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • The present status of the foot trouble and its care in college students  [in Japanese]

    YONEYAMA Michiyo , YATSUZUKA Miki , ISHIDA Yoko , SHINMEN Nozomi , HARA Yukiko , MATSUI Aya

    「フットケア」とは足浴,爪きり,マッサージ,ツボ押しなどの総称で,その言葉は既に我が国でも一般的であり,足の健康への関心は高まりつつある.医療分野における「フットケア」の意義や有効性に関する研究が伸展しつつあるが,健康人を対象とした研究は少なくさらに生活習慣との関連をみた研究は皆無である.そこで,健康な大学生を対象として実態調査を行い,生活習慣と足のトラブルやフットケアの関連を明らかにする目的で本 …

    The journal of the Nursing Society of University of Toyama 6(2), 27-35, 2007-03

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (3)

  • Psychological Characteristics after Far-infrared Hyperthermia Evaluated Using the Profile of Mood State (POMS)

    YATSUZUKA MIKI , WADA SHIGEHITO , HARA YUKIKO , MATSUI AYA , KOMAI NOZOMI , YASUDA TOMOMI , YOSHII MIHO , TAZAWA KENJI

    日本ハイパーサーミア学会誌 = Japanese journal of hyperthermic oncology 21(4), 231-236, 2005-12-01

    References (8)

  • Study on the delirium-inducing factors after operation in aged surgical patient  [in Japanese]

    MATSUI Aya , YATSUZUKA Miki , TAKABATAKE Satomi , MUKAIYAMA Yoriko , HASEGAWA Kaoru , TAZAWA Kenji

    本研究は,高齢手術患者のせん妄発症要因を明らかにすること,せん妄予防につながる看護を考察することを目的に行った.術前から術後5日目まで,日本語版ニーチャム混乱・錯乱スケールを用いてせん妄の測定反び,せん妄に関連すると考えられる因子について調査した.結果,対象48名中2名がせん妄を発症し,25名がせん妄高リスク群,21名が正常群であった.せん妄高リスク群と正常群の比較では,(1)手術侵襲が大きい(2 …

    The Journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University 6(1), 91-99, 2005-07

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (2)

  • Assistance results and attainment feelings in nurses' assistance action processes in scenes of daily life assistance for hemodialysis patients  [in Japanese]

    HARA Yukiko , YATSUZUKA Miki , OSANAI Shizuko , YASUDA Tomomi , YOSHII Miho , MATSUI Aya , TAZAWA Kenji

    看護は対人関係を基盤とした援助行動プロセスである.私たちは先行研究において,維持期の透析患者への援助行動プロセスは「規範」「感情」「認知」から成り立ち,【概略認知】【初期感情】【規範意識】【事態・ケースに対する認知】【援助意図の決定】【援助行動】【援助結果】【患者の行動や反応に対する感情】【揺れ動く認知】の9つに分類されたことを報告した.そこで今回は,効果的な援援助行動プロセスに繋げるために,援助 …

    The Journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University 6(1), 81-90, 2005-07

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • The category structure and contents of the processes of nurses' assistance actions for hemodialysis patients in a daily life  [in Japanese]

    HARA Yukiko , YATSUZUKA Miki , OSANAI Shizuko , YASUDA Tomomi , YOSHII Miho , MATSUI Aya , TAZAWA Kenji

    看護は対人関係を基盤とした援助行動プロセスであり,そのプロセスを分析することは,患者の問題をより具体的に理解し,看護師側からの患者への理解を深めることができる.また,看護師自身も,看護師と患者との関わりの中で無意識に行っている行動や言動を自覚することができ,看護にとって何が問題なのかを具体的に理解することが可能になり,より質の高い看護を提供することができると考え無意識に行っている援助行動プロセスに …

    The Journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University 6(1), 69-79, 2005-07

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Clinical evaluation of the self-monitoring method as nursing support to improve habitual scratching behavior in patients on with adult atopic dermatitis  [in Japanese]

    OSANAI Shizuko , YATSUZUKA Miki , HARA Yukiko , YASUDA Tomomi , YOSHII Miho , MATSUI Ata , TAZAWA Kenji , HANAKAWA Hiroyoshi

    成人型アトピー性皮膚炎(以下成人型AD)患者にはかさ〓痒の伴わない嗜癖的掻破行動の存在が指摘され,この皮膚症状は掻破行動によって悪化するためその是正が必要である.そこで成人型AD患者の掻破行動に対し看護援助としてセルフモニタリング法を用いた介入を行ない,その有効性を検討した.2003年6月から9月に外来通院した成人型AD患者52名を,介入群21名,非介入群31名の2群に割り付け,脱落例を除いた9名 …

    The Journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University 6(1), 55-67, 2005-07

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • An examination on a sudden rise in the suicide rate in Toyama Prefecture focusing on the middle-age men  [in Japanese]

    MATSUI Aya , SAKUMA Mie , TSUTSUGUCHI Yumiko

    本研究では, 富山県の自殺率急上昇の要因を明らかにすることを目的とし, どのような自殺予防対策が効果的であるかを考察した.対象は富山県の自殺率を引き上げていると思われる中高年男性に絞り, 中高年男性の持つ特性, 社会情勢, 富山県の県民性の3つの側面から, 既存の研究報告を参考にして分析した.その結果, 富山県の中高年男性は既存のうつ病の病前性格には当てはまらないが, 職場主義・実力主義などの近年 …

    The Journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University 4(2), 127-135, 2002-04

    IR  DOI  Ichushi Web 

Page Top