荒井 他嘉司 Arai Takashi

ID:9000002880668

結核予防会複十字病院 (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 95

  • 1 / 5
  • インドネシアの呼吸器外科領域における国際技術協力(国際医療貢献について, 第22回日本呼吸器外科学会総会)  [in Japanese]

    荒井 他嘉司

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 19(3), 290, 2005

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • W6-6 特別発言 結核性気道病変(<ワークショップ6>結核性気道病変)(第28回 日本呼吸器内視鏡学会総会)  [in Japanese]

    荒井 他嘉司

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 27(3), 188, 2005

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 故 武野良仁 先生を偲んで  [in Japanese]

    荒井 他嘉司

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 23(7), 588-589, 2001

    J-STAGE 

  • The 71st Annual Meeting Symposium

    ARAI Takashi

    Kekkaku(Tuberculosis) 72(1), 21-56, 1997

    J-STAGE 

  • 第 20 回気管支学会総会を主催するにあたり  [in Japanese]

    荒井 他嘉司

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 19(4), i, 1997

    J-STAGE 

  • Evaluation of the streptomycin twice weekly with INH and RFP for initial therapy of pulmonary tuberculosis.  [in Japanese]

    TOYOTA Emiko , SUZUKI Tuneo , TAGAWA Keiko , TAKAHARA Makoto , ITO Michinari , ARAI Takasi , KABE Junsaburou , BABA Harukata

    For the purpose to compare the effectiveness of SM and EB as a third drug in the standard regimens and to know whether the addition of SM twice weekly to INH and RFP could be acceptable for the treatm …

    Kekkaku(Tuberculosis) 69(9), 559-563, 1994

    J-STAGE 

  • Surgical treatment of bronchiectasis.  [in Japanese]

    Maehara Takamitsu , Arai Takashi , Inagaki Keizou , Morita Takatomo , Yano Makoto , Ito Hideyiki , Nomura Tomokiyo , Kojima Kouji , Fujii Yuji

    当院にて1979年から1991年の間に手術療法を施行した気管支拡張症25例の遠隔成績をもとに外科治療の意義につき検討した.手術適応は血痰, 反復性肺炎, 膿性痰であり, いずれも保存的治療は長期に及んでいた.術式は, 1葉切除が16例, 2葉切除が2例, 全摘除が6例, 区域切除が1例であった.病巣完全切除の14例中12例は無症状となり, 残り2例は症状軽快した (100%改善).両側性気管支拡張 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 8(5), 585-589, 1994

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Surgical management of pulmonary atypical mycobacteriosis.  [in Japanese]

    Miyazawa Hideki , Arai Takashi , Inagaki Keizo , Morita Takatomo , Yano Makoto

    過去10年間の外科療法症例23例を対象に, 術前化学療法期間, 術式および予後について検討し, その手術適応時期を考察した.菌型はI群の1例以外は全て多剤耐牲のIII群であった.術前に排菌のあった症例は20例で, 3例は切除標本から診断された.20例の術前化学療法期間は3ヵ月~12年6ヵ月で平均29ヵ月, 中央値16ヵ月であった.一葉切除術群 (n=14) の化療期間は平均17ヵ月 (中央値9ヵ月 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 7(4), 436-441, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (4)

  • Localization of lung cancer with positron emission tomography(PET) using 11C-methionine; report of two cases.  [in Japanese]

    Miyazawa Hideki , Iio Masaaki , Arai Takashi , Inagaki Keizou , Morita Takatomo , Yano Makoto , Sato Hideyuki , Nomura Tomokiyo , Takeuchi Shigeru , Hara Toshihiko

    従来の胸部X線写真やCTで癌局在診断に難渋した肺癌の2例に対し, <SUP>11</SUP>C-メチオニンを用いたPET (Positron Emission Tomography) で診断を試みた.PETにおける空間分解能の改善と解剖学的位置関係の把握を目的として, 呼吸波同期scanとpositron angiographyを併用した.症例1は肺癌切除後残存肺の化膿症と …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 6(4), 497-502, 1992

    J-STAGE 

  • Mediastinal tuberculous lymphadenitis; a clinical study of twelve cases.  [in Japanese]

    Arai Takashi , Inagaki Keizo , Morita Takatomo , Yano Makoto , Miyazawa Hideki , Nonaka Makoto , Sato Hideyuki , Ohuchi Motofumi

    縦隔リンパ節結核は比較的稀な疾患である.自験12例を対象に臨床的問題, 特に開胸術の適応と手技上の問題点について検討した.男女差はなく, 平均年齢は33歳と比較的若年に多かった.病巣部位は右10例, 左2例と圧倒的に右に多く, 右の全例が傍気管に, 左の2例はそれぞれボタロ, 前縦隔であった.診断上は悪性リンパ腫や縦隔腫瘍との鑑別が問題となった.診断確定には右縦隔では縦隔鏡, 左縦隔では傍胸骨切開 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 6(2), 112-119, 1992

    J-STAGE 

  • Two Cases of Broncholithiasis Removed by Bronchofiberscopy.  [in Japanese]

    Nonaka Makoto , Toyoda Emiko , Arai Takashi , Inagaki Keizou , Yano Makoto , Miyazawa Hideki , Sato Hideyuki , Ohuchi Motofumi , Ohtani Naoji , Suzuki Tsuneo

    気管支鏡下に摘出し得た気管支結石の2例を経験した. 症例1は38歳, 女性. 喀血を主訴に入院, 気管支鏡で右B<sup>4</sup>に気管支結石を認めた. 結石は気管支壁よりカリフラワー状に突出, 気管支鏡下に摘出した. 成分分析では炭酸カルシウムが98%以上を占めた. 症例2は75歳, 男性. 13年来の右上葉無気肺影, 繰り返す咳嗽・喀痰を主訴に入院し, X線所見よ …

    The Japanese journal of thoracic diseases 30(3), 491-494, 1992

    J-STAGE 

  • 気道狭窄の診断に関するラジオアイソトープ (RI) によるアプローチ(気道狭窄の診断と治療に関する新しいアプローチ)  [in Japanese]

    鈴木 恒雄 , 荒井 他嘉司

    気道狭窄の診断は疑うことから始まり気管支ファイバースコープによる検査により確定診断はなされる。疑いを持たせるためにRI(ラジオアイソトープ)検査が有用かどうかを検討した。検査はTc-99m MAAによる肺血流シンチおよびPETとN-13ガスによる肺胞気量, 換気量検査である。その結果, 狭窄より末梢の肺の血流は低下し, 換気は狭窄の程度におおじて低下し, 肺胞気量も軽度低下していた。肺血流シンチは …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 14(8), 783-785, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • S-II-2 気道狭窄の診断に関するラヂオアイソトープ (RI) によるアプローチ(気道狭窄の診断と治療に関する新しいアプローチ)  [in Japanese]

    鈴木 恒雄 , 荒井 他嘉司

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 14(3), 226, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • S-II 司会のことば(気道狭窄の診断と治療に関する新しいアプローチ)  [in Japanese]

    荒井 他嘉司 , 日野原 正

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 14(3), 226, 1992

    J-STAGE 

  • 第6回肺癌集検セミナー : II-4 大都市における集検  [in Japanese]

    荒井 他嘉司

    Japanese Journal of Lung Cancer 31(2), 304, 1991-04-20

  • Analysis of surgically treated chest wall tuberculosis.  [in Japanese]

    Nonaka Makoto , Niino Hitoshi , Arai Takashi , Inagaki Keizou , Morita Takatorno , Yano Makoto , Miyazawa Hideki , Sato Hideyuki , Ohuchi Motofumi , Tajima Yo

    過去10年間に当院で施行した結核性胸壁膿瘍手術症例20例について検討した.症例数の年次推移は特に傾向はなかった.初発年齢は26~73歳 (平均48歳) で, 入院時X線所見で胸膜病変あるいは肺内病変を全く認めなかったのは1例にすぎなかった.発生部位は左右差なく, 前方では高位, 側~後方では中~低位肋骨周囲に生じる傾向があった.膿瘍内容物から結核菌を検出したのは12例で, うち塗抹陽性は7例にすぎ …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 5(7), 724-727, 1991

    J-STAGE 

  • Aspergilloma after intracardiac repair of tetralogy of Fallot; a case report

    Abe Yoshiaki , Kurisu Sumiho , Komagata Kiyonori , Ogawa Nobuo , Yano Makoto , Morita Takatomo , Inagaki Keizou , Arai Takashi , Miyaji Sumiki

    ファロー四徴症根治術後に合併した肺アスペルギルス症の手術報告例は本邦ではない.最初の喀血から喀疾中にアスペルギルス菌体を証明するまで5年を費やしその間の胸部X線写真上興味ある経過を呈した症例に対し肺全摘術を施行し良好な結果を得た.また, 胸壁から肺尖部菌塊へかなりの異常血管を認め, 左肺動脈は完全閉塞しており, 組織学的に左下葉肺には高血圧性変化が見られた。アスペルギルス症の診断はアスペルギルス菌 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 5(6), 653-658, 1991

    J-STAGE 

  • Primary lung cancer of the right middle lobe:survival after resection of non-small cell cancer

    Nonaka Makoto , Arai Takashi , Inagaki Keizou , Morita Takatorno , Yana Makoto , Miyazawa Hideki , Sato Hideyuki , Ohuchi Motofumi

    中葉原発肺癌は解剖生理学的特徴から切除後の予後が不良とするのが一般的である.今回当院における中葉原発肺癌切除症例につき検討した.過去10年間の当院における原発性非小細胞肺癌切除363例のうち, 中葉原発例は19例 (5.2%) であった.平均年齢は61歳で, 男性13例, 女性6例, 腺癌11例, 扁平上皮癌5例, 大細胞癌3例, p-stageでは1期7例, II期2例, IIIA期5例, IV …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 5(5), 514-519, 1991

    J-STAGE 

  • A CASE OF RAPIDLY ENLARGED HEMATOMA IN THE CHEST WALL GROWING AT THE THORACOPLASTIC REGION OF 30 YEARS AGO

    OGAWA Nobuo , ARAI Takashi , INAGAKI Keizo

    症例は62歳,男性. 32歳時に肺結核に対して右胸郭成形術を受けている.右腋窩部の腫脹を主訴として入院した後,右上肢の疼痛,しびれ感が出現した. CT上,腋窩からいわゆる胸成遺残腔にかけて腫瘤性病変を認めたが,諸検査で確診がつかなかった.急速な増大傾向を示し,腫瘍も否定できなかったため,腫瘤摘出術を施行した.病理では,腫瘤は器質化,壊死,炎症,毛細血管の増生を伴った血腫であった. CT及び手術所見 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 52(6), 1259-1264, 1991

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • The 66 th Annual Meeting Symposium:I. MANAGEMENT OF INH AND RFP-RESISTANT REFRACTORY TUBERCULOSIS

    KAMEDA Kazuhiko , 池田 宣昭 , 益田 典幸 , 五十里 明 , 徳田 均 , 荒井 他嘉司 , 森 亨

    Kekkaku(Tuberculosis) 66(10), 687-706, 1991

    J-STAGE  Cited by (1)

  • 1 / 5
Page Top