森川 宗一郎 MORIKAWA S.

Articles:  1-5 of 5

  • Therapeutic strategy of common bile duct (CBD) stones in oldest old patients  [in Japanese]

    真田 香澄 , 島本 真里 , 影山 真理 , 平田 祐一 , 白川 敦史 , 岡田 雄介 , 中瀬 浩二朗 , 萬代 晃一朗 , 鈴木 安曇 , 森川 宗一郎 , 河村 卓二 , 河端 秀明 , 盛田 篤広 , 宮田 正年 , 田中 聖人 , 宇野 耕治 , 安田 健治朗

    総胆管結石のため当院に入院し内視鏡的結石除去術あるいは内視鏡的胆管ステント留置術を試みた85 歳以上の182 例について検討した.内視鏡的に完全切石した症例(66 例)を完全切石群とし,完全切石を行わず,胆管ステントを留置して経過観察している症例(116 例)をステント留置群とした.両群の平均入院期間は19 日および16 日であった.経過観察が可能であった症例での検討では,両群ともに約半数に再発を …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (33), 39-45, 2012-12

    IR  Ichushi Web 

  • Three Cases of Collagenous Colitis with Longitudinal Ulcers  [in Japanese]

    KAWAMURA Takuji , YASUDA Kenjiro , MOCHIZUKI Naomi , TANAKA Kiyohito , UNO Koji , UEDA Moose , KAWABATA Hideaki , KAMAGUCHI Mai , MORIKAWA Soichiro , KATSURA Kanade

    慢性の下痢や軟便を主訴に大腸内視鏡を施行し,S状結腸・下行結腸に縦走潰瘍を認めたcollagenous colitisの3例を報告した.縦走潰瘍部からの生検にて大腸粘膜上皮直下にcollagen bandの肥厚を認めた.3例はともに5~16カ月前よりランソプラゾールを内服していた.服用を中止した1例は速やかに下痢が改善し,服用を継続した2例は2~8カ月の間症状が持続したのちに休薬なしに改善した.

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 52(4), 1261-1266, 2010-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (1)

  • Clinical Evaluation of Pediatric Colonoscopy  [in Japanese]

    KAWAMURA T. , CHO E. , MIYATA M. , SAKATA M. , KAWABATA H. , KORI Y. , OGAWA M. , MORIKAWA S. , ASHIHARA T.

    1988年8月から2004年8月までの16年間に, 当科において15歳以下の小児32症例に全大腸内視鏡検査47回を含む計143回の大腸内視鏡検査を施行した. 30例は鎮静剤の静脈投与を用いて内視鏡室で, 2例は全身麻酔を用いて手術室でそれぞれ施行した. 挿入および観察は無透視一人法で行った. 血便症例は22例で, 内視鏡施行により15例 (68.2%) で出血源の同定が可能であった. 全大腸内視鏡 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 60(3), 142-145, 2007-03-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • 疾患 十二指腸憩室出血 (特集 消化管出血と緊急内視鏡)  [in Japanese]

    森川 宗一郎 , 安田 健治朗

    The Japanese journal of acute medicine 28(6), 689-691, 2004-06

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • 食道癌に対する放射線化学療法の治療成績(第56回日本食道疾患研究会)  [in Japanese]

    釜口 麻衣 , 趙 栄済 , 安田 健治朗 , 真崎 竜邦 , 本田 真希 , 森川 宗一郎 , 貴田 雅也 , 小山 真 , 河村 卓二 , 郡 靖裕 , 河端 秀明 , 上野山 義人 , 川口 義明 , 田中 聖人 , 中島 正継

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 36(10), 1441-1442, 2003-10-01

    Ichushi Web 

Page Top