諏佐 信行 SUSA Nobuyuki

ID:9000003007017

北里大・獣医・公衆衛生 Kitasato University, Veterinary Public Health (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • Induction of Radiation Resistance by Chitosan : 3. Effects of Chitosan on DNA Damage Induced by X-ray Irradiation in Mice  [in Japanese]

    UENO Shunji , KASHIMOTO Takashige , SUSA Nobuyuki , NISHIMURA Yoshikazu , KIM Hee Sun , WATANABE Yoshito , TAKEDA Shino , UEDA Jun-ichi

    キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 8(2), 206-207, 2002-07-01

  • Detection of DNA damage induced by hexavalent chromium in vitro and in vivo : Comparison of comet assay, alkaline elution method and K-SDS precipitation method  [in Japanese]

    UENO Shunji , YAMAGUCHI Mio , FUKUSHIMA Takuya , MATSUDA Tomoyuki , SUSA Nobuyuki , FURUKAWA Yoshinori , SUGIYAMA Masayasu , SASAKI Yu. F.

    Hexavalent chromium-induced DNA damage in vitro and in vivo was evaluated by the alkaline single cell gel assay (comet assay) , the alkaline elution method and by the K-SDS precipitation method. The c …

    Environmental mutagen research communications 21(2), 219-223, 1999-07-12

    NDL Digital Collections  Ichushi Web  References (12)

  • The influence of antioxidants on cigarette smoke-induced DHA damage in mouse organ : A study with the comet assay  [in Japanese]

    TSUDA Shuji , MATSUSAKA Naonori , UENO Shunji , SUSA Nobuyuki , SASAKI Yu F.

    日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (28), 116, 1999

    NDL Digital Collections 

  • Protective Effect of Diethyldithiocarbamate Pretreatment on Chromium (VI)-Induced Cytotoxicity and Lipid Peroxidation in Primary Cultures of Rat Hepatocytes

    SUSA Nobuyuki , UENO Shunji , FURUKAWA Yoshinori

    初代培養ラット肝細胞に対するジエチルジチオカルバミン酸ナトリウム (DDTC) の前処理は, 6価クロム (K_2Cr_2O_7) が誘起する細胞毒性および脂質過酸化を阻止した. さらに, DDTCの前処理は6価クロムによる細胞内ビタミンE含有量の減少を抑制したが, グルタチオンおよびビタミンC含有量あるいはグルタチオンリダクターゼ, グルタチオンペルオキシダーゼ, スーパーオキシドジスムターゼお …

    The Journal of veterinary medical science 60(1), 71-76, 1998-01-25

    Ichushi Web  References (48)

  • P-92(O-12) 重粒子線およびX線照射マウスの多臓器におけるDNA損傷のComet assayによる検出  [in Japanese]

    和田 成一 , 太田 茂徳 , 上野 俊治 , 諏佐 信行 , 夏堀 雅宏 , 伊藤 伸彦 , 古澤 佳也 , 西村 義一 , 津田 修治 , 松坂 尚典 , 佐々木 有

    日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (27), 122, 1998

    NDL Digital Collections 

  • Determination of Butyltin Metabolites in the Mouse Liver by Flameless Atomic Absorption Spectrophotometry

    UNEO Shunji , SUSA Nobuyuki , FURUKAWA Yoshinori

    ブチルスズ化合物投与マウスの肝臓におけるスズ化合物の分析力法を検討した. スズ化合物は肝臓ホモジネートから酢酸エチルで抽出し, 有機溶媒による分別抽出とカラムクロマトグラフィーで精製後, 薄層クロマトグラフイーで同定した. さらに薄層上のスズ化合物を酸処理によって抽出し, スズ量を原子吸光法で測定した. 本方法は生体内におけるブチルスズ化合物の代謝過程を観察する目的に十分に適用できることが示唆され …

    The Journal of veterinary medical science 57(4), 789-791, 1995-08-15

    Ichushi Web  References (11) Cited by (1)

  • Protective Effects of Thiol Compounds on Chromate-Induced Cytotoxicity in HeLa Cells  [in Japanese]

    SUSA Nobuyuki , UENO Shunji , FURUKAWA Yoshinori

    HeLa細胞を用いて, 6価クロム(K_2Cr_2O_7)の増殖抑制効果および細胞のクロム取込みに対する6種のチオール化合物の影響について検討し, 以下の成績を得た. 1)6価クロム2.5μM処理3日後における細胞の増殖抑制の程度は, チオール化合物25-100μM との同時併用処理により軽減された. 2)6価クロム(10μM)およびチオール化合物(12.5〜100μM)含有水溶液中において, 6 …

    The Journal of veterinary medical science 54(2), p281-288, 1992-04

    Ichushi Web 

  • Induction of Lipid Peroxidation in Mice by Hexavalent Chromium and its Relation to the Toxicity  [in Japanese]

    SUSA Nobuyuki , UENO Shunji , FURUKAWA Yoshinori , MICHIBA Naoki , MINOURA Seijiro

    6価(K_2Cr_2O_7)および3価クロム(Cr(NO_3)_3)を腹腔内投与(20mgCr/kg)したマウスにおける, 組織内の脂質過酸化(チオバルビツール酸反応物質)と組織障害との関連性について検討し, 以下の成績を得た. (1) 6価クロムは, 肝臓内脂質過酸化を著明に促進し, 腎臓内のこれを僅かに促進したが, 3価クロムは, これらを促進し得なかった. (2) 6価クロム投与マウスの肝お …

    The Japanese journal of veterinary science 51(6), p1103-1110, 1989-12

    JASI  Ichushi Web 

  • Cellular Injury and Lipid Peroxidation Induced by Hexavalent Chromium in Isolated Rat Hepatocytes  [in Japanese]

    UENO Shunji , SUSA Nobuyuki , FURUKAWA Yoshinori , AIKAWA Katuhiro , ITAGAKI Iori

    6価クロム(K_2Cr_2O_7; Cr VI)による細胞障害と脂質過酸化との関係を調べるため,活性酸素スカベンジャー,抗酸化剤,抗クロム剤を添加した遊離肝細胞を1mMのCr VIとともに培養した.抽出脂質の過酸化はチオバルビツール酸法で測定し,細胞障害は肝細胞から培養液中へのLDH遊出を指標として検討した.また,細胞内グルタチオン(GSH)の代謝に関連する酵素活性への影響についても検討した結果, …

    The Japanese journal of veterinary science 51(1), p137-145, 1989-02

    JASI  Ichushi Web 

  • Effect of Chromium on Lipid Peroxidation in Isolated Rat Hepatocytes  [in Japanese]

    UENO Shunji , SUSA Nobuyuki , FURUKAWA Yoshinori , AIKAWA Katuhiro , ITAGAKI Iori , KOMIYAMA Takeshi , TAKASHIMA Yuka

    遊離ラット肝細胞の脂質過酸化に対する6価(Cr VI)及び3価クロム(Cr III)の影響を調べるため,遊離肝細胞を種々濃度の各種クロム化合物とともに37℃,60分間培養し,脂質過酸化をチオバルビツール酸法で測定,細胞障害を培養液中へのLDH遊出により検討した結果,次の成績を得た. 1) 遊離肝細胞の脂質過酸化は,125〜1000μM濃度のCr III添加により抑制された. Cr VIは低濃度(1 …

    The Japanese journal of veterinary science 50(1), p45-52, 1988-02

    JASI  Ichushi Web 

  • Antagonistic Effect of DL-Penicillamine of Chromium Toxicity in HeLa Cells  [in Japanese]

    SUSA Nobuyuki

    HeLa細胞を用いて, 6価クロム化合物 (重クロム酸カリウム) の細胞毒性に及ぼす各種キレート剤 (DL-ペニシラミン, グルタチオン, L-システイン, BAL, EDTA) 添加の影響を, 処理後の増殖率および細胞のクロム含量から検討した結果, 次の成績を得た。1) 重クロム酸カリウム3.4μM単独処理3日後では, 細胞増殖率が対照例の約15%にとどまった。これに対して, DL-ペニシラミン …

    The Japanese journal of veterinary science 46(1), p89-98, 1984-01

    JASI  Ichushi Web 

Page Top