汲田 泉 KUMITA Izumi

ID:9000003011495

Odawara Research Center, Nippon Soda Co., Ltd. (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Synthesis of Antifungal 2-Anilino-4-phenylthiazoles and Their Inhibitory Activities on Sterol Biosynthesis

    KUMITA Izumi , NODA Kaoru

    我々は先に, T.mentagrophytesやB.cinereraに対して高い抗菌活性を示すと同時に, それに対応した強いスクワレンエポキシダーゼ阻害活性を示す3-(2, 6-ジクロルフェニル)-5-フェニルアミノ-1, 2, 4-チアジアゾール類を見出した.スクワレンエポキシダーゼ阻害剤は二つの疎水性ドメインと, それらをつなぐスペーサーからなるというNussbaumerらのモデルを参考にして …

    Journal of pesticide science 26(2), 136-142, 2001-05-20

    JASI  NDL Digital Collections  References (14)

  • Synthesis of Antifungal 5-Anilino-1,2,4-oxadiazoles and 5-Anilino-1,2,4-thiadiazoles, and Their Inhibitory Effects on Fungal Sterol Biosynthesis

    KUMITA Izumi , NIWA Atsushi

    種々の目的で合成された化合物ライブラリーについてin vitro抗菌試験を行い, 1, 2, 4-オキサジアゾール誘導体の2化合物がT. mentagrophytesに対し比較的高い抗菌活性を示すことを見出した.これらの化合物は顕微鏡観察において菌糸の縮れた特徴的な形態変化を伴う生育抑制を示した.さらに, 薬剤を処理したCandida菌体のステロールの分析をガスクロマトグラフィーにより行うと, ス …

    Journal of pesticide science 26(1), 60-66, 2001-02-20

    JASI  NDL Digital Collections  References (10)

  • Relationships between Fungitoxic and Physicochemical Properties of N-Phenylformamidoxime Compounds  [in Japanese]

    NAKATA Akira , KUMITA Izumi , HASHIMOTO Sho , SANO Shinsuke , HAYAKAWA Koichi

    ベンゼン環およびオキシム部に種々の置換基を有する17個のN-フェニルホルムアミドキシム類のベンズイミダゾール殺菌剤耐性菌感染によるキュウリまたはインゲン灰色かび病ならびにテンサイ褐斑病に対する治療活性, 残効活性, 浸透移行活性と予防活性および化合物の疎水性との相関につき, 定量的に解析した.その結果, 両病害において, 治療活性および浸透移行活性は化合物の疎水性が低下するほど大きくなり, 残効活 …

    Journal of pesticide science 18(1), p25-29, 1993

    JASI  NDL Digital Collections 

Page Top