牧山 繁生 MAKIYAMA Shigeo

ID:9000003044150

東松浦農業改良普及センター Saga Pref. Agr. Exp. Res. Cent. (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-14 of 14

  • Stabilization of seedling establishments by the molybdenum coating in paddy rice wet direct seeding cultivation in a Saga flat heavy clay soil area  [in Japanese]

    HIDESHIMA Yoshitomo , HARA Yoshitaka , ISEMURA Koji , KIKUCHI Masao , ASAKAWA Masaaki , MAKIYAMA Shigeo

    有明海沿岸部重粘土地帯(細粒灰色低地土)において,麦稈を全量還元し,硫黄成分を含んだ化学肥料を用いて鉄コーティング湛水直播を行った場合のモリブデン資材による苗立ち向上効果を検討した.この結果,モリブデンを添加しなかった場合と比べて,明らかに苗立ちが向上し,一般に使用されている酸素発生剤(カルパー)よりも高い苗立ち改善効果が認められた.また,種子にモリブデン資材と鉄をコーティングする方法として,酸化 …

    日本作物学会九州支部会報 (80), 7-9, 2014

    NDL Digital Collections 

  • Effects of the straw incineration of winter cereals on weed incidence and growth of rice plant in double cropping paddy field  [in Japanese]

    HIDESHIMA Yoshitomo , MAKIYAMA Shigeo , MORI Keisuke , ASAKAWA Masaaki , HIROTA Yuji , OTSUKA Norio , INADA Minoru

    日本作物學會紀事 82, 34-35, 2013-09-09

  • Consider the amount of fertilizer that is suitable for no-tillage cultivation wheat : Effects of amount of fertilizer application on growth and yield of wheat under the different previous work conditions  [in Japanese]

    HIDESHIMA Yoshitomo , MAKIYAMA Shigeo , ASAKAWA Masaaki , MORI Keisuke , ICHIMARU Yoshihisa

    有明海沿岸部重粘土地帯(細粒灰色低地土)での麦作のより一層の省力安定栽培を図るために,麦の不耕起栽培技術の確立を目的として,前作の異なる圃場条件下において不耕起栽培に適した施肥方法の検討を行った.この結果,慣行の耕起栽培の施肥基準量(県基準)に加えて,水稲後では1月に1.5kg程度または3月に1.5kg~3.0kg程度増肥することで,また大豆後では1月または3月に2kg程度増肥することで,倒伏や成 …

    日本作物学会九州支部会報 (79), 39-42, 2013

    NDL Digital Collections 

  • Analysis of the factors limiting the seed yield of late maturing soybean in south western Japan : The case of 30 years standard cultivation in Saga prefecture  [in Japanese]

    ZHENG Shao-Hui , MAKIYAMA Shigeo , HIDESHIMA Yoshitomo , MORI Keisuke

    日本作物學會紀事 81, 396-397, 2012-03-29

  • Effect of field drainage and sowing density on growth and yield of soybean in the flat and no-tillage cultivation  [in Japanese]

    HIDESHIMA Yoshitomo , MAKIYAMA Shigeo , MORI Keisuke , ICHIMARU Yoshihisa

    現在,佐賀県で普及している「麦畦を利用した大豆不耕起播種栽培技術」のより一層の省力化を図るために,排水性が異なる圃場において,"平畦不耕起無培土栽培"の栽植密度等について耕起畦立ての慣行栽培と比較して検討を行った.この結果,圃場排水性が比較的良好な圃場では,7月中旬播種で15本~20本/m^2程度の播種密度が適当であると考えられた.また,排水性が悪い場合でも播種密度を多く設定することで,慣行栽培並 …

    日本作物学会九州支部会報 (78), 16-18, 2012

    NDL Digital Collections 

  • Effects of seeding rate and amount of fertilizer application on growth and yield of wheat under no-tillage cultivation in flat land of Saga  [in Japanese]

    MAKIYAMA Shigeo , HIDESHIMA Yoshitomo , MORI Keisuke , ICHIMARU Yoshihisa , YOKOH Hiroaki , MIHARA Minoru

    米麦及び大豆の輪作体系において,更なる省力安定生産が求められており,畦立てしない平畦無中耕無培土の不耕起栽培技術を確立するため,圃場排水機能を高めた条件で不耕起栽培における小麦の播種量及び施肥について検討した.不耕起栽培では耕起栽培に比べ,3月上旬の草丈が低く,出穂期,成熟期は2~3日程度遅れ,上麦重はやや少ない傾向が見られた.しかし,水稲後作の小麦の不耕起栽培では,穂数や1穂粒数の増加に対する追 …

    日本作物学会九州支部会報 (78), 13-15, 2012

    NDL Digital Collections 

  • Short-term seedling in rice transplanting culture  [in Japanese]

    MORI Keisuke , ICHIMARU Yoshihisa , MAKIYAMA Shigeo , HIDESHIMA Yoshitomo , HASHIGUCHI Tomoyo

    水稲移植栽培における省力技術として短期苗の育苗法の開発を目指した.1.播種量は育苗箱1箱当たり催芽籾280g程度,被覆期間中に黒色不織布を二重被覆することにより,約14日程度の育苗期間で機械移植可能な苗をつくることができた.2.短期苗を用いた場合でも,稚苗と比べて桿長,穂数にほとんど差はみられず,収量,品質とも同程度であった.3.短期苗を用いた場合,10a当たりの使用苗箱数は稚苗移植の約6割に低減 …

    日本作物学会九州支部会報 (78), 10-12, 2012

    NDL Digital Collections 

  • Growth diagnosis at full heading date for protein content control of wheat cultivar "Chikugoizumi"  [in Japanese]

    MAKIYAMA Shigeo , ICHIMARU Yoshihisa , YOKOH Hiroaki , MIHARA Minoru , ASAKAWA Masaaki

    コムギ品種「チクゴイズミ」の子実タンパク質含有率は,穂揃期の生育量によって窒素追肥によるタンパク質含有率の向上効果が異なることから,タンパク質含有率を目的変数に,生育量を表す説明変数を用いた重回帰分析を行うと,穂揃期の葉色(SPAD値)と追肥窒素量(kg/10a)を穂数(本/m^2)で除した1穂当たり追肥窒素量を説明変数とする,回帰式が得られた.得られた回帰式に葉色(SPAD値)と穂数を測定して変 …

    日本作物学会九州支部会報 (76), 18-21, 2010

    NDL Digital Collections 

  • Characteristic of promising rice variaty "Satojiman" for hilly and mountainous area  [in Japanese]

    MATSUMOTO Kazuhiro , MAKIYAMA Shigeo , JYOJIMA Makiko

    佐賀県農業試験研究センター三瀬分場では,「さとじまん」を中山間地向きの有望な早生品種として選定しその特性を検討した.1.当県三瀬分場における「さとじまん」の早晩性は"早生の中"であった.2.「さとじまん」は玄米千粒重が重く大粒で,収量性が高く,品質も優れた.3.「さとじまん」は「コシヒカリ」よりいもち病に明らかに強く,優れたいもち病圃場抵抗性を持つ.4.「さとじまん」の食味は,食味官能評価で「コシ …

    日本作物学会九州支部会報 (76), 5-8, 2010

    NDL Digital Collections 

  • The damage to rice cultivares "Hinohikari" and "Hiyoku-mochi" by salty winds of typhoon in Saga prefecture in 2006  [in Japanese]

    ASAKAWA Masaaki , MORI Noriko , YOKOH Hiroaki , MIHARA Minoru , MAKIYAMA Shigeo

    2006年の台風13号の潮風により,「ヒノヒカリ」「ヒヨクモチ」は大きな被害を受けた.減収の要因は不稔籾数の増加と,枝梗の枯れによる登熟歩合の著しい低下によるものと考えられ,玄米の粒厚は過去の台風被害と比較しても薄く,被害が大きかった.品質については充実不足のためほとんどが規格外となり, 3等を確保するふるい目での収量は,防風区の1割以下となった.

    日本作物学会九州支部会報 (74), 9-10, 2008

    NDL Digital Collections 

  • QTL Analyses for the outer appearances of polished and cooked rice grains, and the protein content in polished rice  [in Japanese]

    MAKIYAMA Shigeo , YANAGIHARA Tetsuji , UMEMOTO Takayuki , MARUYAMA Sachio

    日本作物学会九州支部会報 (70), 4-6, 2004

    NDL Digital Collections 

  • The investigation of briny wind damage to rice plants caused by the 17th typhoon in 1991  [in Japanese]

    ICHIMARU Yoshihisa , MAKIYAMA Shigeo , MIZUTA Norimi , TSUCHIHASHI Toshinori , KUGIM0T0 Tadato , IWATA Seiichirou

    水稲潮風害の実態調査を実施し,以下の事を明らかにした。1.NaCl付着は,海岸から8�q地点まで広範囲に認められた。水稲に対する付着の様相は一定しており,穂に付着する割合は,10%であった。2.一穂当たりNaCl付着量は,海岸線付近で2.5�rを超え,2.5�q地点までは0.5�r以上の値であった。3.収量調査の結果,0.3�rが潮風害発生限界濃度と推察された。4.今回の水稲の生育ステージ(出穂後 …

    日本作物学会九州支部会報 (59), 13-15, 1992

    NDL Digital Collections  Cited by (5)

  • On the Experimental Cultivation of Corn (Zea mays L.) Plants by Rockwool Pot Water Culture System  [in Japanese]

    KUBOTA Fumitake , TANAKA Noriyuki , ARIMA Susumu , MAKIYAMA Sigeo

    根系処理に対する植物体の生育反応を観察,測定するための実験手法としてロックウール・ポット水耕装置を創出した.本装置は, ロックウール・ブロックを挿入した鉄製ポットと水耕液槽から成る. ポットの水耕液槽への着脱は容易であり, また,植物体もポットごと容易に移動できる. ここでは,水耕液に木村氏A液を使用し, トウモロコシの栽培実験を試みた. 発芽後10日を過ぎると葉の黄化現象がみられたが,水耕液のM …

    Japanese Journal of Crop Science 60(1), p42-46, 1991-03

    JASI 

  • 91 トウモロコシのロックウール・ポット栽培および2、3の処理に伴う光合成・蒸散速度の変化  [in Japanese]

    窪田 文武 , 田中 典幸 , 有馬 進 , 牧山 繁生

    ロックウールを用いてトウモロコシの液肥栽培実験を行った. 葉重/根重比に伴う光合成・蒸散速度の変化を検討した.

    Japanese Journal of Crop Science 57(別号2), 181-182, 1988-10-01

Page Top