青木 研一 AOKI Kenichi

ID:9000003072450

福井県農業試験場 Fukui Agricultural Experiment Station (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Evaluation of the Seedling Emergence Characteristics of 'Etsunan242' Direct Seeded under Submerged Conditions  [in Japanese]

    FURUHATA Masami , TANOI Makoto , TOMITA Katsura , KOBAYASHI Asako , SEKI Masahiro

    越南242号」は,対照品種に比べて,湛水土中播種条件での出芽速度および嫌気発芽条件での鞘葉伸長速度が顕著に速く,最終的な出芽率も高かった.このことから,「越南242号」では低酸素となる湛水土中播種条件では出芽が早まり,最終的な出芽率が高いことに結びついていることが推察された.

    The Hokuriku Crop Science 48(0), 15-17, 2013

    J-STAGE 

  • The flower opening rate of cleistogamous rice lines carrying spw1-cls mutation cultivated in various places of Tohoku, Kanto, Tokai and Hokuriku region  [in Japanese]

    OHMORI Shinnosuke , SATO Hiroichi , OKAMOTO Kazuyuki , YAMAZAKI Shuichiro , TAKAHASHI Toshikazu , MOCHIZUKI Atsushi , NOMURA Ken , UENO Naoya , HOSOI Jun , ARAI Toshinao , SUZUKI Toru , SATO Hideto , KATO Mitsuru , MIZUKAMI Yuko , YAMAKAWA Tomohiro , MATSUI Takaaki , EBITANI Takeshi , KOBAYASHI Daiki , TANOI Makoto , YATOU Osamu , YOSHIDA Hitoshi

    日本作物學會紀事 81, 328-329, 2012-09-09

    References (4)

  • Seedling emergence characteristics of Etsunan 242 and good-tasting rice cultivars in the Hokkaido, Tohoku and Hokuriku district  [in Japanese]

    FURUHATA Masami , TANOI Makoto , TOMITA Katsura , KOBAYASHI Asako , SEKI Masahiro

    日本作物學會紀事 81, 50-51, 2012-09-09

    References (3)

  • Breeding of a Rice Line which has High Seedling Emergence Rate under Submerged Soil Conditions  [in Japanese]

    TANOI Makoto , TOMITA Katsura , KOBAYASHI Asako , HAYASHI Takeshi

    福井県農業試験場において土中出芽性に優れ,酸素補給用のコーティング剤を施さずに播種できる直播用系統の育成を目的として,短桿で食味の良い「越南176号」(後のイクヒカリ)を母本に,中国品種「Ta Hung Ku」由来の土中出芽性を有する「北陸PL3」を父本として2004年に人工交配を行った.2010年に「北陸PL3」に近い土中出芽性を有し,品質,食味,穂発芽性を改良した「福系10323」を育成した.

    The Hokuriku Crop Science 46(0), 4-8, 2011

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Heat Tolerance and Grain Quality of a New Rice Cultivar "Akisakari"  [in Japanese]

    TANOI Makoto , TOMITA Katsura , KOBAYASHI Asako , HAYASHI Takeshi

    福井県において2008年に奨励品種に採用された「あきさかり」の高温登熟耐性を調査した.圃場およびビニルハウス内での栽培試験の結果,「あきさかり」は登熟期間に強い高温ストレスを与えた場合,「コシヒカリ」,「キヌヒカリ」,「どんとこい」に比べ有意に玄米外観品質が良いことから,これらの品種より高温登熟耐性が強いことが示唆された.

    The Hokuriku Crop Science 45(0), 3-6, 2010

    J-STAGE 

  • "Akisakari", a new rice cultivar  [in Japanese]

    冨田 桂 , 堀内 久満 , 小林 麻子 [他] , 田野井 真 , 田中 勲 , 見延 敏幸 , 神田 謹爾 , 林 猛 , 寺田 和弘 , 杉本 明夫 , 鹿子嶋 力 , 堀内 謙一

    北陸159号(後の「あわみのり」)/越南173号の交配組み合わせから育成した「越南208号」は,2008年に「あきさかり」と命名された。本品種は「コシヒカリ」に比べ,出穂期で5日,成熟期で7日遅く,育成地の位置する北陸南部では晩生の早に属する粳種である。稈長は「コシヒカリ」に比べて20cm短く,耐倒伏性は"強"である。草型は穂長がやや短く,穂数が多い"偏穂数型"である。収量は「コシヒカリ」と比較し …

    Bulletin of the Fukui Agricultural Experiment Station (46), 1-21, 2009-03

    JASI 

  • Relationship between Temperature for Ripening and Rice-Cake Hardening Rate of New Glutinous Rice Cultivar 'Manpuku-mochi'  [in Japanese]

    HAYASHI Takeshi , TANOI Makoto

    福井県農業試験場で育成された水稲糯品種「まんぷくもち」の餅硬化性への登熟気温の影響を調査した.5月15日に移植した「まんぷくもち」の餅硬化性は,同時期に移植した「滋賀羽二重糯」より高く,「恵糯」より低かった.また,「まんぷくもち」の餅硬度および,澱粉の糊化開始温度は登熟気温が26〜28℃においては比較的低かったが,登熟気温が29℃を越えるといずれの値も高くなった.「まんぷくもち」の餅硬化性は移植期 …

    The Hokuriku Crop Science 43(0), 73-76, 2008

    J-STAGE 

  • Breeding Process and Characteristics of a New Rice Variety "HANAECHIZEN"  [in Japanese]

    HORIUCHI Hisamitsu , ISIKAWA Bunoho , FUKUDA Tadao , MIZUNO Susumu , NAKAGAWA Nobuoki , TERADA Kazuhiro , TOMITA Katsura , IKEDA Ikumi , AOKI Kenichi , MINOBE Toshiyuki , TANOI Makoto

    The Hokuriku Crop Science 27(0), 1-4, 1992

    J-STAGE 

Page Top