中根 貞雄 NAKANE Sadao

論文一覧:  26件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • Differential Induction of Chromosomal Aberrations by Topoisomerase Inhibitors in Cultured Chinese Hamster Cells.

    鈴木 洋 , 中根 貞雄

    The inducibility of chromosomal aberration was studied using five mammalian topoisomerase inhibitors in Chinese hamster lung fibroblastic cells (CHL) in two protocols involving 6 and 24 h treatment, w …

    Biological and Pharmaceutical Bulletin 17(2), 222-226, 1994

    J-STAGE

  • TE-031の毒性研究 (第12報)抗原性試験

    阿部 訓志 , 岩城 理進 , 関根 礼子 , 中根 貞雄

    TE-031の抗原性をモルモット, ウサギおよびマウスを用いて検討し, 以下の結果を得た。<BR>1. TE-031をFreund's complete adjuvant (FCA) とともに筋肉内感作したモルモットにTE-031とウシ血清アルブミン (BSA) の混液を静脈内投与した場合, 全身アナフィラキシー反応は惹起されなかった。<BR>2. TE-031をFCAとと …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 386-393, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の生殖試験 (第4報):ラットにおける周産期および授乳期投与試験

    山田 隆 , 井上 忠広 , 中根 貞雄

    ラノトの周産期・授乳期にTE-031の10, 40および160mg/kgを経口投与し, 母獣ならびにその産仔に及ほけ影響について検討した。<BR>1. 母獣の観察からは, 一般状態, 分娩, 妊娠日数などに影響は認められなかったが, 160mg/kg群に体重の増加抑制ならびに摂餌量の減少がみられた。<BR>2. 産仔の観察からは, 160mg/kg群の生後発育に若干遅れが認 …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 370-385, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の生殖試験 (第3報):ウサギにおける器官形成期投与試験

    山田 隆 , 西山 勤 , 大野 博 , 中根 貞雄

    New Zealand White種ウサギの妊娠6日より18日までTE-031の10, 35および125mg/kgを経口投与し, 母獣ならびにその胎仔に及ぼす影響について検討した。<BR>1. 母獣では最高投与量の125mg/kg群において摂餌量の減少ならびに体重の増加抑制の傾向が認められた。<BR>2. 妊娠28日の子宮内観察からは, いずれの投与群においても異常は認めら …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 362-369, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の生殖試験 (第2報):ラットにおける器官形成期投与試験

    山田 隆 , 大沢 浩一 , 中根 貞雄

    Slc: Wistar系ラットの器官形成期にTE-031の10, 40および160mg/kgを経口投与し, 母獣ならびに胎仔・産仔に及ぼす影響を検討した。<BR>1. TE-031は160mg/kgの投与量で母獣に体重増加抑制と胎仔に軽度な死亡数増加, 体重低下および骨化遅延を起こした。<BR>2. TE-031は160mg/kgの投与で出産仔 (<SUB>1& …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 345-361, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の生殖試験 (第1報):ラットにおける妊娠前および妊娠初期投与試験

    山田 隆 , 内田 英男 , 松沢 伸子 , 中根 貞雄

    新規マクロライド系抗生物質TE-031の10, 35および125mg/kgをSlc: Wistar系雌雄親ラットの交配前・交配中および妊娠初期に経口投与し, 交尾能・受胎能ならびに胎仔に及ぼす影響について検討した。<BR>1. 雌雄親ラットのいずれの投与群においても一般状態に異常はみられず, 死亡例および流産例も認められなかった。しかし, 雌雄とも最高投与量の125mg/kg群において …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 334-344, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の毒性研究 (第9報):ラットの慢性毒性試験

    大島 隆 , 八木 健一 , 河西 章 , 岩松 裕子 , 木村 正明 , 中根 貞雄

    新規マクロライド系抗生物質TE-031 (1.6, 8, 40,200mg/kg) のWistar系ラットにおける6ヵ月経口慢性毒性試験並びに2カ月の回復性試験を実施し, 以下の成績を得た。<BR>1. 試験期間中死亡例はなく, 盲腸重量の増加が40mg/kg群を除く各群に認められたが, 8mg/kg以下の群ではそのほかの影響はみられなかつた。<BR>2. 40mg/kg群 …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 311-333, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の毒性研究 (第4報):ラットの亜急性毒性試験

    大島 隆 , 渡辺 隆 , 中村 勇 , 木村 正明 , 土田 武司 , 中根 貞雄

    新規マクロライド系抗生物質TE-031 (12.5, 50,200,800mg/kg)のWistar系ラットにおける28日間経口亜急性毒性試験並びに28日間回復性試験を実施し, 以下の成績を得た。<BR>1.50mg/kg群では盲腸重量の増加を除いて投与による影響はみられなかった。<BR>2.200mg/kg群では, GOT及びGPT活性の上昇, 肝臓及び盲腸重量の増加が認 …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 289-310, 1988

    J-STAGE

  • TE-031の毒性研究 (第1報):マウスおよびラットにおける急性毒性試験

    阿部 訓志 , 岩城 理進 , 山田 久陽 , 小池 正信 , 中根 貞雄

    新規マクロライド系抗生物質, TE-031のマウスおよびラットにおける急性毒性を経口, 腹腔および皮下の3投与経路により検討し, 以下の結果を得た。<BR>中毒症状としてマウス, ラットの経口および腹腔内投与で鎮静, 呼吸数の減少, 体温下降, 眼瞼下垂等の抑制様症状が観察された。しかし, 皮下投与ではマウス, ラットともに抑制様症状はみられなかった。解剖所見としてマウス, ラットの経 …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement3), 274-288, 1988

    J-STAGE

  • 次世代動物の学習障害検索について(第2報)

    山田 隆 , 市川 明美 , 原 真理子 , 井上 忠広 , 西山 勤 , 中根 貞雄

    先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan 23(3), 316-317, 1983-09-30

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの 特殊毒性に関する研究

    小友 進 , 佐直 隆一 , 土田 勝晴 , 倉地 道雄 , 中池 司郎 , 新井 厳 , 竹下 紀美代 , 森 千鶴子 , 中根 貞雄 , 樽本 保男 , 大島 隆 , 笹島 道忠 , 安井 一 , 大関 正弘

    The present experiments were undertaken to determine the antigenicity and other toxicities of HBP ; such as phototoxicity, photosensitivity, ulcerogenicity, androgenic-myotropic, estrogenic and proges …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 159-178, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの視覚及び聴覚に及ぼす影響

    大島 隆 , 阿部 訓志 , 筒井 良文 , 阪川 隆司 , 樽本 保男 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正弘

    HBPの毒性試験の一環として, 視覚系に及ほす影響をラット及びイヌにおいて, また, 聴覚系に及ほす影響をラットにおいて検討した。HBPの半致死量を静脈内あるいは腹腔内に投与しても, 網膜機能の指標であるERG及び視神経機能の指標であるVEPにほとんど影響が認められなかったことから, HBPは視覚系に対し直接作用することはないと考えられる。 HBP, HB及びBVを3ヶ月間経皮投与したイヌにおいて …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 141-157, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの毒性研究 : 6. イヌの経皮投与における亜急性毒性試験

    樽本 保男 , 阪川 隆司 , 筒井 良文 , 戸門 洋志 , 野田 克巳 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正弘

    HBP0.1%及び0.5%含有軟膏製剤を雌雄ビーグル犬に3ヵ月間連続経皮投与し, 亜急性毒性及びその回復性を検討し, 更に対照薬剤として HB0.1%及び0.5%, 並びにBV0.12%及び0.5%軟膏製剤を用い, HBPとの比較検討を行い, 以下の結果を得た。(1) 実験期間中, 死亡例は認められず, 3薬剤ともに塗布部皮膚の[ザ]瘡様変化, 被毛の発育抑制, 脱毛が見られ, また0.5%群では …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 121-140, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの毒性研究 : 5. ラットの経皮投与における慢性毒性試験

    樽本 保男 , 木村 正明 , 戸門 洋志 , 篠沢 礼子 , 土田 武司 , 野田 克巳 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正弘

    雌雄ラットに0.1%及び0.5%濃度の HBP含有クリーム及び軟膏を150mg/100gB.W. 6ヵ月間経皮投与して慢性毒性, 並びに回復性を検討するとともに, HB及びBVとの毒性を比較検討した。その結果, HBPに認められた主要な所見は一般のcorticosteroidsにも共通してみられるように自発運動の低下, 削痩, 体重増加抑制, 白血球数, リンパ球数及び総蛋白質量の減少, 赤血球数 …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 97-120, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの毒性研究 : 4. ラットの皮下投与における慢性毒性試験

    樽本 保男 , 戸門 洋志 , 木村 正明 , 河西 章 , 岩松 裕子 , 土田 武司 , 野田 克巳 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正弘

    雌雄ラットに HBP 0.001, 0.01, 0.1, 1.0 及び 3.0 mg/kgを6ヵ月間皮下投与して慢性毒性並びに回復性を検討し,更に対照薬剤としてHB及びBVの0.1,1.0及び3.0mg/kgをHBPと同様に処置して比較検討した。その結果, HBP1.0mg/kg以上の投与群の雄,0.1mg/kg以上の投与群の雌に体重増加抑制及び摂水量の減少,またHBP 1.0 mg/kg以上の投 …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 67-96, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE 被引用文献1件

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの毒性研究 : 3. ラットの経皮投与における亜急性毒性試験

    樽本 保男 , 阿部 訓志 , 木村 正明 , 土田 武司 , 野田 克巳 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正弘

    HBP 0.1%及び0.5%含有クリーム, 及び軟膏剤をラットに体重100 g当たり150 mg 1ヵ月間経皮投与 (背部皮膚塗布) して, その亜急性毒性と回復性を検索し, 以下の成績を得た。(1) 塗布濃度に応じた生長抑制と塗布部皮膚の被毛伸長の抑制が観察されたが, 死亡例は認められなかった。(2) 摂食量はやや減少し, 摂水量に著変は認められなかった。(3) 血液学的検査ではリンパ球数の減少 …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 47-66, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE 被引用文献1件

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionateの毒性研究 : 2. ラットの皮下投与における亜急性毒性試験

    樽本 保男 , 木村 正明 , 阿部 訓志 , 河西 章 , 野田 克巳 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正弘

    雌雄ラットにHBP, 0.08, 0.4, 2.0, 10, 50 mg/kgを1ヵ月間皮下投与して亜急性毒性, 並びに回復性を検討し, 更に対照薬剤としてBV及びHBの0.08, 0.4, 2.0 mg/kgをHBPと同様に処置して比較検討した結果, HBP 0.08 mg/kg以上の投与群で雄に, 2.0mg/kg以上の投与群で雌にそれぞれ体重増加の抑制がみられ, また50 mg/kg群で死亡 …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 17-46, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE

  • Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionate の毒性研究 : 1. Hydrocortisone 17-butyrate 21-propionate 及びその類縁化合物の急性毒性試験

    樽本 保男 , 阿部 訓志 , 筒井 良文 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 大関 正

    The acute toxicity of hydrocortisone 17-butyrate 21-propionate (HBP), hydrocortisone 17-butyrate (HB_<17>) and hydrocortisone 21-butyrate (HB_<21>) were investigated by three administratio …

    The Journal of Toxicological Sciences 6(Supplement), 1-16, 1981-07-25

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE 被引用文献1件

  • Anti-ulcer effect of isoprenyl flavonoids. II. Synthesis and anti-ulcer activity of new chalcones related to sophoradin.

    京極 和旭 , 畑山 勝男 , 横森 貞和 , 佐直 隆一 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 沢田 二郎 , 大関 正弘 , 田中 一郎

    To investigate the anti-ulcer activity of the isoprenyl chalcone, sophoradin, which is present in a Chinese crude drug, Guang-dou-gen (the root of Sophora subprostrata), 30 related chalcones (1-30) we …

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin 27(12), 2943-2953, 1979

    J-STAGE

  • Anti-ulcer effect of isoprenyl flavonoids. II. Synthesis and anti-ulcer activity of new chalcones related to sophoradin

    京極 和旭 , 畑山 勝男 , 横森 貞和 , 佐直 隆一 , 中根 貞雄 , 笹島 道忠 , 沢田 二郎 , 大関 正弘 , 田中 一郎

    To investigate the anti-ulcer activity of the isoprenyl chalcone, sophoradin, which is present in a Chinese crude drug, Guang-dou-gen (the root of Sophora subprostrata), 30 related chalcones (1-30) we …

    Chem Pharm Bull 27, 2943-2953, 1979

    被引用文献1件

  • 1 / 2
ページトップへ