花輪 壽彦 HANAWA Toshihiko

Articles:  1-14 of 14

  • The regimen in obesity  [in Japanese]

    加藤 耕平 , 花輪 壽彦

    Kampo & the newest therapy 19(4), 287-294, 2010-11

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Suppression of murine colitis by Kampo medicines, with special reference to the efficacy of saireito

    ENDO Mari , OIKAWA Tetsuro , HOSHINO Takayuki , HATORI Tsutomu , MATSUMOTO Tsukasa , HANAWA Toshihiko

    漢方薬は潰瘍性大腸炎(UC)を含む慢性の炎症性疾患に広く用いられている。黄連解毒湯とその構成生薬である黄苓がデキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘発マウス大腸炎を抑制することが報告されているが、その他の処方でもこのモデルで有効性を示すのかは明らかではない。また、黄苓などの特定生薬を除いたいわゆる一味抜き処方での検討も報告されていない。そこで、このモデルにおいて13種類の漢方処方の抗炎症活性を検討し …

    Journal of traditional medicines 26(3), 110-121, 2009-08-31

    Ichushi Web  References (27)

  • Suppression of motility of human breast cancer cells by human serum after intake of maoto

    ITO Hidenori , HYUGA Sumiko , HYUGA Masashi , WATANABE Koji , TSUDA Tokutaro , OIKAWA Tetsuro , HANAWA Toshihiko

    We had previously found that the motility of highly metastatic murine osteosarcoma FBJ-LL cells was decreased by a serum from a mouse orally given maoto and the spontaneous metastasis of FBJ-LL cells …

    Journal of traditional medicines 26(2), 51-60, 2009-04-20

    Ichushi Web  References (20)

  • An anxiolytic-like effect of kososan is different from the effect of hangekobokuto on two anxiety models in mice

    GAMO Yuji , ITO Naoki , OIKAWA Tetsuro , HANAWA Toshihiko

    不安障害の治療には, 主としてベンゾジアゼピン系抗不安薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬が用いられる場合が多いが, 全ての不安障害に有効というわけではなく, 嘔気などの副作用により十分な量を用いることができない場合がある。 そのため, 新たな不安の治療法として漢方薬に期待が集まっている。 <BR>半夏厚朴湯および香蘇散は経験的に不安に用いられる代表的な漢方処方である。 しかし, その …

    Journal of Traditional Medicines 26(1), 11-17, 2009-02-28

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23)

  • Unkeito, a traditional Kampo formula, exhibits a selective estrogen receptor modulator-like activity : Prevention of osteoporosis in ovariectomized mice

    WATANABE Koji , HYUGA Sumiko , HYUGA Masashi , SEKIGUCHI Atsuko , ENDO Mari , TSUDA Tokutaro , OIKAWA Tetsuro , YAMAGUCHI Teruhide , HANAWA Toshihiko

    温経湯は月経異常や更年期障害などの症状に対する漢方処方の一つである。 我々は温経湯が卵巣摘出マウス海綿骨密度と子宮に及ぼす影響について検討した。 その結果, 温経湯が選択的エストロゲン受容体モジュレーター様作用を示したので報告する。 10週齢 Balb/c 雌マウスを両側卵巣摘出し 2 週間飼育した。 水投与群 (OVX), エストロゲン投与群, 温経湯投与群, エストロゲン+温経湯投与群に分けて …

    Journal of Traditional Medicines 26(1), 18-24, 2009-02-28

    J-STAGE  Ichushi Web  References (26)

  • A case in which Kampo medicine affected warfarin control

    ENDO Mari , HAYASAKI Tomoyuki , OIKAWA Tetsuro , AKAHOSHI Toru , HANAWA Toshihiko

    ワーファリン使用中に漢方治療を併用したところ, ワーファリンのコントロールに異常をきたした症例を経験したので報告する。<BR>症例は, 37歳, 女性で, 関節痛, 頭痛, うつ状態を主訴に来所。 四逆散料合桂枝茯苓丸料を処方したところ, うつ状態等の症状の改善が見られたが, 抗リン脂質抗体症候群のために飲んでいたワーファリンで1.7にコントロールされていたPT-INR 値が1.25ま …

    Journal of Traditional Medicines 25(4), 122-124, 2008-09-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9) Cited by (1)

  • Rosmarinic Acid from Perillae Herba Produces an Antidepressant-Like Effect in Mice through Cell Proliferation in the Hippocampus

    ITO Naoki , YABE Takeshi , GAMO Yuji , NAGAI Takayuki , OIKAWA Tetsuro , YAMADA Haruki , HANAWA Toshihiko

    Rosmarinic acid (RA) is one of major polyphenolic ingredients of Perillae Herba (a leaf of <i>Perilla frutescens</i>), and has an antidepressant-like property in animal models of depressio …

    Biological and Pharmaceutical Bulletin 31(7), 1376-1380, 2008-07-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (26) Cited by (1)

  • Maoto, a Kampo medicine, suppresses human serum-induced motility of human breast cancer cells

    ITO Hidenori , HYUGA Sumiko , HYUGA Masashi , WATANABE Koji , OIKAWA Tetsuro , HANAWA Toshihiko

    われわれは,麻黄湯を経口投与したマウスの血清が高転移性マウス骨肉腫細胞の運動能を抑制すること,また,がん転移モデルマウスを用いた解析で,麻黄湯の経口投与により肝転移が抑制されることを初めて見出した。麻黄湯を臨床応用するためには,麻黄湯がヒトのがん細胞に対して作用するのかどうかを明らかにする必要がある。そこで本研究では,ヒト血清を用いたヒトがん細胞の運動能測定法を新たに確立し,ヒト血清により誘導され …

    Journal of traditional medicines 24(5), 168-172, 2007-10-20

    Ichushi Web  References (21) Cited by (1)

  • Effects of hangeshashinto on butyrate-induced cell death in murine colonic epithelial cell

    HAYASAKI Tomoyuki , MATSUMOTO Tsukasa , NISHIMURA Yoshiko , TABUCHI Yoshiaki , OBINATA Masuo , HANAWA Toshihiko , YAMADA Haruki

    Recent findings demonstrated that a significant number of Fusobacterium varium was identified in the mucosa of patients with ulcerative colitis (UC) (Ohkusa et al., J. Gastroenterol. Hepatol., 17, 849 …

    Journal of traditional medicines 24(3), 81-86, 2007-06-20

    IR  Ichushi Web  References (30)

  • Agonistic or antagonistic action of Kampo medicines used for menopausal symptoms on estrogen receptor subtypes, ERα and ERβ

    WATANABE Koji , HYUGA Sumiko , HYUGA Masashi , KAWANISHI Toru , HANAWA Toshihiko

    これまでに我々は婦人科系疾患に用いられる漢方薬がエストロゲン様活性を有することを明らかにした(和漢医薬学雑誌22巻4号228-236(2005))。本研究では更年期関連疾患に頻用される8処方と既報告で最も高いエストロゲン様活性を示した葛根湯の計9処方について,エストロゲン受容体(ER)α及びβに対するアゴニストあるいはアンタゴニスト作用を解析した。ERへの結合解析には受容体/コファククー・スクリー …

    Journal of traditional medicines 23(6), 203-207, 2006-12-20

    Ichushi Web  References (10) Cited by (2)

  • Differentiation between Hangekobokuto and Kososan based on pupillary dynamics : Evaluation of autonomic nerve function

    WAKASUGI Akino , ODAGUCHI Hiroshi , SHODA Hisakazu , ITO Hidenori , GAMO Yuji , HOSHINO Takayuki , WATANABE Koji , HANAWA Toshihiko

    半夏厚朴湯および香蘇散は,神経症・うつ状態をともなう気鬱に使用される自律神経疾患の代表処方であるが,両処方の使用目標は重複する部分が多く,鑑別が容易ではない。我々は,漢方薬の治療効果と自律神経との関係を明らかにすることを目的に浜松ホトニクス社製の赤外線電子瞳孔計Iriscorder^[○!R] C-7364(以下,Iriscorder^[○!R])を用いて検討してきた。瞳孔反応における自律神経機能 …

    Journal of traditional medicines 23(4), 132-140, 2006-08-30

    Ichushi Web  References (17) Cited by (5)

  • Investigation of Reasons for Discontinuance of Kampo Medicines (Japanese traditional herbal medicines) and Improvement of Continuance through Better Instructions to Patients

    KIM Sung-Joon , MIZUSAWA Miyuki , OGATA Chiaki , SAKATA Koji , HANAWA Toshihiko , YAMADA Haruki

    Recently, Kampo medicines (Japanese traditional herbal medicines) have been contributing greatly to patient treatment but there have been cases in which the patient's symptoms deteriorated during trea …

    Iryo Yakugaku (Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences) 31(12), 1004-1011, 2005-12-10

    J-STAGE  NDL Digital Collections  Ichushi Web  References (16)

  • Mao-to, a Kampo medicine, inhibits motility of highly metastatic osteosarcoma cells

    HYUGA Sumiko , HYUGA Masashi , YAMAGATA Sadako , YAMAGATA Tatsuya , HANAWA Toshihiko

    漢方薬の癌転移抑制剤としての可能性を探るために, 癌細胞の転移能と高い相関性を持つ細胞運動能に着目し, 漢方薬を投与したマウスの血清を用い, 高転移性癌細胞の運動能を指標としたアッセイ系を確立した。 本アッセイ系により, ツムラより恵与された十全大補湯 (TJ-48), 補中益気湯 (TJ-41) 及び麻黄湯 (TJ-27) を調べた結果, 麻黄湯 (TJ-27) に強い運動能抑制活性が見出された …

    Journal of Traditional Medicines 21(4), 174-181, 2004-08-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (4)

  • The effects of Saiko-keishi-to and Juzen-taiho-to on Th1-Th2 balance in different age mice

    JIN Guang-Bi , WATANABE Kenji , NAKADA Tsutomu , SANTA Kazuki , KATO Hiroyuki , MATSUMOTO Tsukasa , TORIIZUKA Kazuo , HANAWA Toshihiko

    アトピー性皮膚炎,気管支喘息などのアトピー体質を有する患者の治療に漢方方剤が有効であるが,こうした漢方方剤の効果は患者の年齢により影響を受けることを臨床上経験する。今回Th2優位のBALB/cマウスに対する漢方方剤(柴胡桂枝湯および十全大補湯)の作用がマウスの週齢(仔マウス,8週齢,25週齢)によってどのように異なるかについて比較検討した。脾臓リンパ球サブポピュレーションにおいてはCD4/CD8比 …

    和漢医薬学雑誌 = Journal of traditional medicines 19(1), 7-14, 2002-02-20

    NDL Digital Collections  Ichushi Web  References (52)

Page Top