山川 勇造 YAMAKAWA Yuzo

ID:9000003603875

県立宮崎病院脳神経外科 Department of Neurosurgery Miyazaki Prefectural Hospital (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-10 of 10

  • Stab Wound of the Neck by Glass Fragments appearing with a Delayed Onset of Horner Syndrome and Radiculopathy at Left C5 Level  [in Japanese]

    Ochiai Hidenobu , Yamakawa Yuzo , Fukushima Tsuyoshi

    受傷3日後に第5頸髄神経麻痺ならびにHorner症候群をきたした頸部ガラス片異物の1例を報告した.本症例において遅発性に症状をきたした機序として, 頸部運動に伴う創内でのガラス片異物の移動が考えられた.したがって, 頸部のガラス片異物は, 受傷後速やかにすべてのガラス片を取り除かないと頸部運動によってガラス片が移動し, 周囲の神経や血管を損傷してくる可能性があるので, 注意が必要である.また摘出に …

    Japanese Journal of Neurosurgery 8(7), 488-492, 1999

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (4)

  • A Recurrent Langehans Cell Histiocytosis of the Skull presenting as a Scalp Ulcer probably Caused by Perifocal Infection  [in Japanese]

    Ochiai Hidenobu , Yamakawa Yuzo , Fukushima Tsuyoshi , Hamada Keisuke , Yokogami Kiyotaka , Wakisaka Shinichiro

    今回われわれは, 感染を契機として再発したと思われ, これが創治癒を妨げ難治性頭皮潰瘍を形成したLangerhans cell histiocytosis(LCH)の1例について報告した.症例は2歳男児.左前頭骨腫瘍の診断で腫瘍摘出を受けた.腫瘍の組織診断はLCHだった.1997年1月に前頭洞炎を生じ, そこより創感染を併発し, 膿瘍を形成した.切開排膿と抗生物質の投与がなされたが, 創治癒は得ら …

    Japanese Journal of Neurosurgery 8(12), 795-799, 1999

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (1)

  • Encephalomeningocele Associated with Dysgenesis of Cerebella Tentorium, Anomalous Straight Sinus and Beaked Tectum : Case Report  [in Japanese]

    MIYATA Shiro , YAMAKAWA Yuzo , OCHIAI Hidenobu , HAMADA Keisuke , KODAMA Takao

    小児の脳神経 23(3), 165-170, 1998-06-30

    Ichushi Web  References (20)

  • 同心円状の細胞突起構造を示した神経膠腫の一症例  [in Japanese]

    河野 寛一 , 山川 勇造 , 森山 拓造 , 脇坂 信一郎

    Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology 18, 122, 1998-05-28

    Ichushi Web 

  • Two Surgical Cases of the Esthesioneuroblastoma extending into the Bilateral Anterior Cranial Fossa  [in Japanese]

    Ochiai Hidenobu , Yamakawa Yuzo , Fukushima Tsuyoshi , Kasano Fujihiko , Hayashi Toru

    術中所見より両側別個に前頭蓋底部頭蓋内に進展した嗅神経芽細胞腫の2手術例を報告した.両症例とも副鼻腔炎を伴っていたため腫瘍摘出は2期的に行った.まず経顔面的に鼻腔ならびに副鼻腔内の腫瘍を摘出した.その後頭蓋底に肉芽組織が完成されたころ, つまり鼻腔内腫瘍摘出後3カ月経ち, 頭蓋内と鼻腔との肉芽組織によるバリアが完全となったと思われた時点で, 開頭術により頭蓋内腫瘍の摘出を行った.両症例とも腫瘍は全 …

    Japanese Journal of Neurosurgery 7(10), 633-638, 1998

    J-STAGE  Ichushi Web  References (20)

  • Cavernous Hemangiomatosis of the Central Nervous System involving the Cerebrum, Brain Stem and Spinal Cord  [in Japanese]

    Ochiai Hidenobu , Yamakawa Yuzo , Ikeda Tokuro , Miyata Shiro , Tokuhisa Toshio , Shimauchi Masaki , Nakazono Toshiyuki

    今回われわれは3例の中枢神経系に多発した海綿状血管腫症を経験したので,その臨床所見,MRI所見と加療方針について文献的考察を加え報告した.症例1:53歳の男性.左聴力低下のために当科入院.入院後のMRIで橋延髄移行部と脳梁,小脳,頸髄,脳髄に多発するT1,T2強調像でともにmixed intensityを示す小腫瘤を認めた(計37個).症例2:63歳の男性.頭痛の精査のため来院.MRIで中枢神経系 …

    Japanese Journal of Neurosurgery 6(9), 610-616, 1997

    J-STAGE  Ichushi Web  References (25)

  • Emdodermal Cyst arising from the Ventral Surface of the Medulla Oblongata: A Case Report  [in Japanese]

    Ochiai Hidenobu , Yamakawa Yuzo , Ikeda Tokuro , Hayashi Tohru

    症例は22歳の女性.頭痛の精査のCT,MRIで延髄右前面の嚢胞性腫瘤を指摘された.画像所見上,類上皮腫が疑われたが,組織学的診断はendodermal cystであった.延髄前面にendodermal cystが発生することは非常に稀であり,発生起源,臨床的特徴,画像所見,類上皮腫との鑑別を文献的考察を加え報告した.

    Japanese Journal of Neurosurgery 6(8), 560-564, 1997

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17) Cited by (1)

  • Arachnoid-Trabeculae Tenting as a Self-retaining Retractor in Resecting Ventrally Located Spinal Meningioma -Technical Note-

    YAMAKAWA Yuzo , OCHIAI Hidenobu , IKEDA Tokuro

    脊髄腫瘍は、通常椎弓切除のもと正中硬膜切開で摘出される。脊髄髄膜腫は脊髄の前方ないし前側方の硬膜より発生していることが多く、腹臥位での手術時脊髄が重力により腫瘍に覆い被さって摘出に難渋する事がある。この様な症例に我々の方法は有用で、応用範囲も広いと考える。手技を述べる。稚弓切除の後、硬膜は腫瘍がより偏在する側で縦切開し、さらにクモ膜も縦に切開する。arachnoid-trabeculae は全て温 …

    Neurologia medico-chirurgica 36(12), 901-902, 1996-12-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (4)

  • Human Tail with Meningocele : Case Report  [in Japanese]

    OCHIAI Hidenobu , YAMAKAWA Yuzo , IKEDA Tokuro , MIYAKE Kazuaki

    小児の脳神経 21(5), 328-333, 1996-10-31

    Ichushi Web  References (20)

  • 多様な分化傾向を示した髄芽腫症例の免疫組織学的検討  [in Japanese]

    河野 寛一 , 森田 能弘 , 有川 章治 , 呉屋 朝和 , 脇坂 信一郎 , 鍋島 一樹 , 山川 勇造

    Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology 15, 259, 1995-06-01

    Ichushi Web 

Page Top