一尾 直子 Takemura Shuhei

ID:9000003759094

京都府立医科大学第一内科 First Department of Internal Medicinc, Kyoto Prefectural University of Medicine (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • SMALL INCREASE OF CR1 AND CR3 BY C5a-RECEPTORS ON POLYMORPHONUCLEAR LEUKOCYTES IN SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS  [in Japanese]

    Doi Takashi , Yanagida Kunio , Kondo Motoharu , Takemura Shuhei , Onodera Hideki , Ueda Masahiro , Deguchi Masako , Nakahara Risa , Ichio Naoko , Nakanishi Sadanobu , Seto Nobuyuki

    アナフィラトキシンの一つであるC5aは, 多形核白血球の接着, 貧食に重要な働きをするCR1, CR3の発現を増強することが知られている。本研究ではSLE多形核白血球の両レセプターのC5a刺激による増強とC5a受容体 (C5aR) の変化を観察した。対象は健常人11名, SLE患者16名で, 全例プレドニゾロンを投与 (2.5〜20mg/日) され, 非活動期であった。CR1はC5aの刺激の有無に …

    Japanese Journal of Allergology 46(11), 1108-1113, 1997

    J-STAGE  Ichushi Web  References (21)

  • Demonstration and characterization og CD46,membrane cofactor protein,in gastric cancer tissue  [in Japanese]

    SETO Nobuyuki , NAKANISHI Sadanobu , DOI TAKASHI , ICHIO Naoko , NAKAHARA Risa , KASAMATSU Yoshihiro , YANAGIDA Kunio , OKAMOTO Masayuki , ONODERA Hideki , DEGUCHI Masako , UEDA Masahiro , KONDO Motoharu , Okamoto Masayuki

    CD 46 (Membrane cofactor protein)は同一個体の中でも臓器あるいは細胞により,その分布および表現型が異なる細胞膜の補体制御糖蛋白の一種である.先に我々は,胃におけるCD 46が胃粘膜上皮,固有粘膜層および血管内皮に強く表現していること,また正常胃粘膜のCD 46はリンパ球などに認められる表現型と異なり60~69kDの幅広い蛋白として存在していることを報告した. 本論文 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 19(3), 210-216, 1996-06-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • Demonstration and characterization of CD46, membrane cofactor protein, in stomach  [in Japanese]

    SETO Nobuyuki , TAKEMURA Shuhei , NAKANISHI Sadanobu , DOI Takashi , ICHIO Naoko , NAKAHARA Risa , KASAMATSU Yoshihiro , YANAGIDA Kunio , OKAMOTO Masayuki , ONODERA Hideki , KONDO Motoharu

    CD 46 (Membrane cofactor protein)は同一個体の中でも臓器あるいは細胞により表現型が異なる膜蛋白である.その機能は補体成分I因子のコファクターとして,自己細胞膜上に結合したC3bを不活性化し補体の攻撃から自己細胞を防御することである.手術により得られた胃の非癌部組織を用い, CD 46の発現の有無ならびに性状を免疫化学的に検討した.その結果CD 46は胃粘膜上皮細胞, …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 19(1), 81-86, 1996-02-29

    J-STAGE  Ichushi Web  References (22) Cited by (1)

  • Expression and characterization of CD46, membrane cofactor protein, in human colonic mucosa  [in Japanese]

    NAKANISHI Sadanobu , TAKEMURA Shuhei , SETO Nobuyuki , YANAGIDA Kunio , DOI Takashi , ICHIO Naoko , NAKAHARA Risa , KASAMATSU Yoshihiro , OKAMOTO Masayuki , ONODERA Hideki , KONDO Motoharu

    CD 46 (Membrane cofactor protein, MCP)は,ヒト細胞膜上にみられる糖蛋白で,補体制御にかかわる血漿蛋白の一つであるI因子が,自己細胞膜上に結合したC 3 b/C 4 bの切断不活化を行う際のコファクターとして作用する.これまでに成熟赤血球以外のすべてのヒト血液細胞,血液(補体)にさらされる内皮,外皮,線維芽細胞などにその存在が認められており,近年,諸臓器について …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 19(1), 53-59, 1996-02-29

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17) Cited by (1)

  • EFFECT OF MACROPHAGE COLONY-STIMULATING FACTOR ON COMPLEMENT RECEPTORS AND COMPLEMENT REGULATORY PROTEINS ON HUMAN PERIPHERAL WHITE BLOOD CELLS  [in Japanese]

    Nakahara Risa , Yanagida Kunio , Ueda Masahiro , Deguchi Masako , Kondo Motoharu , Takemura Shuhei , Onodera Hideki , Kasamatsu Yoshihiro , Seto Nobuyuki , Ichio Naoko , Doi Takashi , Nakanishi Sadanobu , Okamoto Masayuki

    単球, マクロファージの分化誘導を司るサイトカインの一つであるM-CSFと補体関連膜蛋白の発現を検討した. in vitroで末梢血白血球浮遊液にM-CSF, あるいは陽性対照としてC5aを添加し, 補体関連膜蛋白としてCR1, CR3, MCP, DAFの変化をフローサイトメーターを用いて調べた. 好中球ではM-CSF添加刺激によってCR3 (CD11b/CD18)が有意に増加した. 単球ではM …

    Japanese Journal of Allergology 45(12), 1256-1261, 1996

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (1)

  • SUPPRESSED INCREASE OF C3 RECEPTORS ON POLYMORPHONUCLEAR LEUKOCYTES BY STIMULATION WITH C5a IN DIABETES MELLITUS  [in Japanese]

    Doi Takashi , Takemura Shuhei , Ueda Masahiro , Deguchi Masako , Ichio Naoko , Yanagida Kunio , Onodera Hideki , Sugino Shigeru , Kondo Motoharu

    C5aは強力な白血球遊走因子であり, 補体系の活性化が生じるとアナフィラトキシンとしてC3aなどと共に産生され, 感染初期の重要な因子である. C5aは白血球遊走活性の他にも多彩な生物活性を示すが, その一つとして食細胞膜上のC3レセプター (CR1, CR3)の発現増強, それに基づく貧食能の増強が知られている. 糖尿病患者における易感染性の機序解明の試みとして, C5a刺激による多形核白血球 …

    Japanese Journal of Allergology 44(10), 1223-1228, 1995

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (1)

  • CIRCULATING IMMUNE COMPLEXES AND ANTI-MITE SPECIFIC IgG ANTIBODY IN STATUS ASTHMATICS : Effects of Methylprednisolone and Analysis of an Anti-Complementary Factor  [in Japanese]

    Onodera Hideki , Yanagida Kunio , Fukuda Wataru , Okamoto Masayuki , Deguchi Masako , Ueda Masahiro , Sugino Shigeru , Koudo Motoharu , Takemura Shuhei , Kasamatsu Yoshihiro , Seto Nobuyuki , Nakanishi Sadanobu , Nakahara Risa , Ichio Naoko , Ashihara Kumiko , Doi Takashi

    6症例, 延べ8回の喘息重積発作に対してmethylprednisolone(MPS)大量療法を併用し, 末梢血の免疫複合体とダニ特異IgG抗体の経時的な変動を検討した. MPS投与前に増加していた免疫複合体は, MPS投与後3時間から減少した. 逆にMPS投与前には正常値であったダニ特異IgG抗体はMPS投与により増加し, 喘息の寛解と共に高値となった. またIgEやアレルゲン特異IgG4抗体に …

    Japanese Journal of Allergology 42(11), 1650-1656, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • COMPLEMENT SYSTEM IN STATUS ASTHMATICS : Analysis of Anti-Complementary Effects Induced by Methylprendisolone  [in Japanese]

    Onodera Hideki , Yanagida Kunio , Fukuda Wataru , Deguchi Masako , Ueda Masahiro , Sugino Shigeru , Kondo Motoharu , Tsujimoto Shoji , Takemura Shuhei , Kasamatsu Yoshihiro , Nakanishi Sadanobu , Seto Nobuyuki , Ichio Naoko , Nakahara Risa , Doi Takashi , Okamoto Masayuki

    気管支喘息重積状態の患者7症例に対してmethylprednisolone (MPS) 大量を併用し, その投与前, 投与後3, 6時間および14日後における補体活性, 補体成分蛋白量, そして補体分解産物の定量を行い, 次の結果をえた. MPS投与前における補体活性では, C4活性とC1INH活性の低下が認められ, これらはMPS投与後6時間で正常化した. そしてAC50の低下が6時間後に認めら …

    Japanese Journal of Allergology 41(11), 1567-1574, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • INHIBITION OF CIS^^- ACTIVITY BY METHYLPREDNISOLONE  [in Japanese]

    Deguchi Masako , Fukuda Wataru , Yanagida Kunio , Onodera Hideki , Sugino Shigeru , Kondo Motoharu , Takemura Shuhei , Ueda Masahiro , Ashihara Kumiko , Ichio Naoko , Doi Takashi , Nakahara Risa , Kasamatsu Yoshihiro , Okamoto Masayuki

    C1INHの活性型C1s^^-阻害作用を応用したC1INH活性測定法により, メチルプレドニソロン (MP) のパルス療法を施行した結合織疾患患者の血清C1INH活性を測定した際, 全例でパルス後にC1INH活性の上昇を認めた. さらに血漿C1INH-C1s complexは, 検討した4例全例でパルス前に比し6時間後に低値を示した. そこで, MPの活性型C1s (C1s^^-) におよぼす影響 …

    Japanese Journal of Allergology 41(9), 1398-1404, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 60 気管支喘息状態における免疫複合体とダニ特異IgG抗体 : ステロイド, パルス療法による変動  [in Japanese]

    小野寺 秀記 , 近藤 元治 , 笠松 美宏 , 辻本 庄司 , 瀬戸 信之 , 中西 貞信 , 中原 梨佐 , 一尾 直子 , 竹村 周平 , 杉野 成

    Japanese Journal of Allergology 41(8), 1092, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 58 結合織疾患におけるメチルプレドニゾロンパルス療法の補体への影響  [in Japanese]

    一尾 直子 , 出口 雅子 , 竹村 周平 , 中原 梨佐 , 土井 たかし , 岡本 雅之 , 上田 正博 , 杉野 成 , 近藤 元治

    Japanese Journal of Allergology 40(8), 963, 1991

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top