石田 康 ISHIDA Yasushi

Articles:  1-13 of 13

  • Economic and environmental evaluation of biomass utilization energy systems: analysis on the wood tip biomass cogeneration system for an industrial user  [in Japanese]

    石田 康 , 坂内 正明 , 宮崎 隆彦 [他]

    Journal of the Japan Institute of Energy 90(6), 547-553, 2011-06

  • Development of total cost reduction vehicle scheduling system considered supply chain management  [in Japanese]

    KISHINO Kiyotaka , ISHIDA Yasushi , INOUE Haruki

    This paper aims to consider the total cost reduction of delivery from production bases to retail-bases in urban or city area. Today delivery cost is increasing due to a decline of products and diversi …

    Bulletin of Niigata University of International and Information Studies,Department of Information Culture (10), 155-163, 2007-05

    IR 

  • Minimizing Life Cycle Cost and Environment Load in Chilled Water Supply System for Clean Rooms in Semiconductor Manufacturing Plant  [in Japanese]

    ISHIDA Yasushi , KISHINO Kiyotaka , BANNAI Masaaki

    計測自動制御学会論文集 42(10), 1168-1174, 2006-10-30

    References (11)

  • Risk Management on Fuel Price Fluctuation in Long-Term Energy Service based on Co-Generation  [in Japanese]

    BANNAI Masaaki , KASHIWAGI Takao , AKISAWA Atsushi , Tomita Yasushi , ISHIDA Yasushi , HISAJIMA Daisuke , HIJIKATA Kaoru

    産業ユーザーや業務ユーザーが省エネルギーを実現する手段の1つとして,エネルギーサービス事業(ESCO)が急速に普及しつつある.しかし,ESCO事業は初期設備投資回収のため一般に長期間の事業になるため,燃料代,電気代や事業所操業度などの変動がESCO事業の安定な継続に対して大きな影響を与える.特に,コージェネを主体としたESCOの場合では,燃料代の事業コストに占める割合が大きく,その変動リスク低減は …

    Transactions of the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan 30(96), 63-73, 2005

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • トラック運行管理のプローブカー情報を利用した所要時間予測  [in Japanese]

    岸野 清孝 , 石田 康 , 伏木 匠 [他] , 横田 孝義

    交通工学研究発表会論文報告集 23, 141-144, 2003-10

    IR 

  • トラック運行管理ASPによる業務向け交通情報サービスの開発  [in Japanese]

    岸野 清孝 , 石田 康 , 権守 直彦 [他] , 伏木 匠 , 仲川 弘之

    交通工学研究発表会論文報告集 23, 185-188, 2003-10

    IR  Cited by (1)

  • Traffic Condition Prediction by Use of Floating Cars  [in Japanese]

    FUSHIKI TAKUMI , KISHINO KIYOTAKA , YAMANE KEN'ICHIRO , YOKOTA TAKAYOSHI , GONMORI NAOHIKO , ISHIDA YASUSHI , ITO AKIO

    プローブカーシステムは車両自身を移動するセンサとして利用するシステムで,特に交通情報を収集する手段として注目を集めている.プローブカーシステムの課題は,プローブカーの普及率が低い状況下ではプローブカー非存在区間が発生し,十分なリアルタイム交通情報を収集できないことにある.本研究では,プローブカーを用いてリアルタイム交通情報を取得するために必要なプローブカーの普及率とエリアカバー率との関係を明らかに …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 43(12), 3801-3808, 2002-12-15

    IPSJ  References (6) Cited by (7)

  • Traffic Condition Prediction by Use of Floating Cars  [in Japanese]

    FUSHIKI Takumi , YAMANE Ken'ichiro , YOKOTA Takayoshi , GONMORI Naohiko , KISHINO Kiyotaka , ISHIDA Yasushi , ITO Akio

    プローブカーシステムは車両自身を移動するセンサとして利用するシステムで,特に交通情報を収集する手段として注目を集めている.プローブカーシステムの課題は,プローブカーの普及率が低い状況下ではプローブカー非存在区間が発生し,十分なリアルタイム交通情報を収集できないことにある.本研究では,プローブカーを用いてリアルタイム交通情報を取得するために必要なプローブカーの普及率とエリアカバー率との関係を明らかに …

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 101(675), 9-14, 2002-02-26

    References (5) Cited by (1)

  • 2D26 環境事業と排出量取引き  [in Japanese]

    国井 茂樹 , 石田 康

    一般論文

    Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society for Research Policy and Innovation Management 17(0), 668-671, 2002

    IR  J-STAGE  References (1)

  • Traffic Condition Prediction by Use of Floating Cars  [in Japanese]

    FUSHIKI Takumi , YAMANE Ken'ichiro , YOKOTA Takayoshi , GONMORI Naohiko , KISHINO Kiyotaka , ISHIDA Yasushi , ITO Akio

    プローブカーシステムは車両自身を移動するセンサとして利用するシステムで,特に交通情報を収集する手段として注目を集めている.プローブカーシステムの課題は,プローブカーの普及率が低い状況下ではプローブカー非存在区間が発生し,十分なリアルタイム交通情報を収集できないことにある.本研究では,プローブカーを用いてリアルタイム交通情報を取得するために必要なプローブカーの普及率とエリアカバー率との関係を明らかに …

    情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム] 8, 9-14, 2001-10-01

    References (5)

  • 防災に関する日立製作所の取組み技術 (特集 安全で快適な市民生活を支える公共システム)  [in Japanese]

    坂内 正明 , 石田 康 , 大原 貞雄 [他]

    日立評論 78(3), 205-208, 1996-03

  • Recent Trends of Amusements Technology  [in Japanese]

    ISHIDA Yasushi , SHIMODA Kiyoshi

    Journal of the Society of Mechanical Engineers 92(851), 916-922, 1989

    J-STAGE 

Page Top