西永 望 NISHINAGA Nozomu

ID:9000003790785

通信総合研究所 Communications Research laboratory (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • Reconfigurable Communication Satellite System : SoftSAT : (6) Soft Machines on Satellite  [in Japanese]

    Ogawa Yasuo , Nishinaga Nozomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(1), 357, 2003-03-03

  • Reconfigurable Communication Satellite System : SoftSAT : (5) Configuration of the Modem & Switch Satellite  [in Japanese]

    Yoneda masayoshi , Katagiri Hideki , Takeda Osamu , Nishinaga Nozomu , Ogawa Yasuo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(1), 356, 2003-03-03

  • Reconfigurable Communication Satellite System : SoftSAT : (4) Configuration of the Communications System  [in Japanese]

    Takeda Osamu , Yoneda Masayoshi , Katagiri Hideki , Nishinaga Nozomu , Ogawa Yasuo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(1), 355, 2003-03-03

  • Reconfigurable Communication Satellite System : SoftSAT : (3) Effect of Solar Radiation Pressure on the Relative Motion of the Satellites  [in Japanese]

    Kubooka Toshihiro , Umehara Hiroaki , Nishinaga Nozomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(1), 354, 2003-03-03

  • Self recovery and Reliability on Satellite development  [in Japanese]

    OGAWA Yasuo , NISHINAGA Nozomu

    On the satellite system on a satellite's orbit, human preservation is impossible. Consequently, the reliability demand in a satellite system can search for a very high level as compared with grou …

    The Proceedings of Design & Systems Conference 2003.13(0), 29-30, 2003

    J-STAGE 

  • Reconfigurable Communication Satellite System "SoftSAT"

    NISHINAGA Nozomu , OGAWA Yasuo , TAKAYAMA Yoshihisa , TAKAHASHI Takashi , KUBOOKA Toshihiro , UMEHARA HANAKO Hiroaki

    衛星通信は広域性同報性を特徴とし、多くのユーザに同時に大量の情報を伝送することを可能にする通信方式であり、地上有線、地上無線にはない特徴を持っている。しかし、衛星開発に関しては、膨大な予算と時間が必要となり、最新技術の搭載が困難である。もし仮に打ち上げ時に最新の通信技術(デバイス、方式、プロトコル等)を実装できたとしても、それらは地上のパラダイムシフトに追従することが不可能である。本論分では、地上 …

    Technical report of IEICE. SAT 102(360), 61-66, 2002-10-04

    References (9)

  • R&D STATUS OF SATELLITE ON-BOARD HIGH DATA RATE SWITCHING AND ROUTING TECHNOLOGY  [in Japanese]

    Kadowaki Naoto , Nakao Masahiro , Yoshimura Naoko , Ogawa Yasuo , Nishinaga Nozomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(1), 757-758, 2001-03-07

  • Research and Development of Satellite Based Gigabit Networking Technology  [in Japanese]

    KADOWAKI Naoto , YOSHIMURA Naoko , OGAWA Yasuo , NISHINAGA Nozomu , NAKAO Msahiro , KOMIYA Noriaki

    衛星通信システムは, 広域に広帯域の情報インフラを整備する上で有用なメディアであり, その超高速化により地上系とのシームレスなネットワーク化が可能となる.米国NASAのACTSプロジェクトにより高速衛星通信技術の開発が加速され, 実用化システム構想が多数提案された.これらは2002年頃から稼働する予定である.また我が国では2005年頃に打上げを想定してギガビット衛星の開発が行われている.これらの超 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 100(218), 93-100, 2000-07-27

    References (6)

  • Research and Development of Satellite Based Gigabit Networking Technology  [in Japanese]

    KADOWAKI Naoto , YOSHIMURA Naoko , OGAWA Yasuo , NISHINAGA Nozomu , NAKAO Msahiro , KOMIYA Noriaki

    衛星通信システムは, 広域に広帯域の情報インフラを整備する上で有用なメディアであり, その超高速化により地上系とのシームレスなネットワーク化が可能となる.米国NASAのACTSプロジェクトにより高速衛星通信技術の開発が加速され, 実用化システム構想が多数提案された.これらは2002年頃から稼働する予定である.また我が国では2005年頃に打上げを想定してギガビット衛星の開発が行われている。これらの超 …

    IEICE technical report 100(221), 93-100, 2000-07-20

    References (6)

  • Research and Development of Satellite Based Gigabit Networking Technology  [in Japanese]

    KADOWAKI Naoto , YOSHIMURA Naoko , OGAWA Yasuo , NISHINAGA Nozomu , NAKAO Msahiro , KOMIYA Noriaki

    衛星通信システムは, 広域に広帯域の情報インフラを整備する上で有用なメディアであり、その超高速化により地上系とのシームレスなネットワーク化が可能となる.米国NASAのACTSプロジェクトにより高速衛星通信技術の開発が加速され, 実用化システム構想が多数提案された.これらは2002年頃から稼動する予定である.また我が国では2005年頃に打上げを想定してギガビット衛星の開発が行われている.これらの超高 …

    IEICE technical report. Microwaves 100(224), 93-100, 2000-07-20

    References (6)

  • Wide-band Satellite network system on Gigabit-sat  [in Japanese]

    OGAWA Yasuo , KADOWAKI Naoto , KOMIYA Noriaki , NAKAO Masahiro , YOSHIMURA Naoko , NISHINAGA Nozomu

    情報通信ネットワークの急速な高速化とグローバル化を背景に、地上光ファイバーネットワークとシームレスに接続が可能な超高速衛星通信システムの開発が求められている。このような観点から、郵政省通信総合研究所(CRL)と宇宙開発事業団(NASDA)が共同で開発を行っているギガビット衛星システムにおける広帯域衛星中継システム検討結果について報告する。

    Technical report of IEICE. SANE 100(162), 53-57, 2000-06-23

    References (2)

Page Top