三浦 直樹 MIURA Naoki

ID:9000003886688

鹿児島大学農学部獣医学科 Department of Veterinary Medicine, Kagoshima University (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Diagnostic Imaging of Cervical Vertebral Injury in a Horse  [in Japanese]

    MURATA Daiki , MIURA Naoki , MATUMOTO Mitsuharu , MIYOSHI Nobuaki , FUJIKI Makoto , MISUMI Kazuhiro

    調教中に転倒し,後肢の腰フラ様蹌踉(よろめき)を伴う混跛を呈した馬の症例に対して画像検査を実施した.脊髄造影検査では,第6頸椎と第7 頸椎の間(C6-C7)において造影剤の拡散が背側方向から障害されている所見が得られた.剖検時に行った頸椎及び胸椎(T)のコンピューター断層撮影(CT)検査では,C6-T2におけるすべての左側前後関節突起間隙に開大の所見が確認された.また,第1胸椎(T1)の左側前関節 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(9), 703-707, 2011-09-20

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

  • Successful Use of an Acceleration Rate Response Pacemaker with a Transvenous Steroid-Eluting Screw-in Lead for Third-Degree Atrioventricular Block in a Labrador Retriever

    MIURA Naoki , FUJIKI Makoto , MISUMI Kazuhiro , SETOYAMA Kentaro , TAKEGAWA Kazuaki , TAKAHASHI Takeshi , MIYAHARA Kenkichi , SAKAMOTO Hiroshi

    獣医領域でも重度の不整脈症例への永久人工ペーシングは有効である.犬の第三度の房室ブロック症例に,組織への固定力が強く副作用の少ないステロイド溶出スクリューイン(Steroid-eluting Screw-in)型リードと多くの自動機能を持つ加速度式心拍応答(Acceleration Rate Response)制御方式のペーシングシステムによる治療を施した.本症例は副作用も認められず,心拍レートの …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(10), 1101-1105, 2003-10-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (21) Cited by (1)

  • Steroid Injection Therapy in a Feline Solitary Bone Cyst

    MIURA Naoki , FUJIKI Makoto , MIYOSHI Yoshiaki , MISUMI Kazuhiro , SAKAMOTO Hiroshi

    単発性骨嚢胞は良性の骨病変であるが,猫での報告はない.9ヵ月齢の雄猫で右尺骨遠位骨幹端にcyst状に拡張したX線透過部と病的骨折を認め,生検組織の病理学的検査では結合組織と骨芽細胞を含む幼弱な骨組織を認めた.嚢胞内液の排液とステロイド局所注入による治療を行った結果,治療後3週目で跛行と疼痛は消失し, 14ヵ月目には骨再生が生じていた.本治療法は,猫の単発性骨嚢胞に対して有効な治療法と考えられた.

    Journal of Veterinary Medical Science 65(4), 523-525, 2003-04-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • Effects of Milrinone on Hemodynamics and Regional Blood Flow in the Hypoxic Dog

    SETOYAMA Kentaro , OTA Hiromi , MIURA Naoki , FUJIKI Makoto , MISUMI Kazuhiro , SAKAMOTO Hiroshi

    低酸素下における血行動態と臓器血流量に対するミルリノンの効果についてcolored microsphereを用いて雑種成犬で検討した.ミルリノン投与によって脳および腎臓の血流量は増加し,腎臓に見られた変化は統計学的に有意であった.また,ミルリノンによる体血管および肺血管に対する血管拡張作用は低酸素下においても認められた.脳および腎臓の臓器血流量が増加したことから,ミルリノン投与は低酸素による組織障 …

    The Journal of veterinary medical science 64(6), 499-503, 2002-06-25

    Ichushi Web  References (21) Cited by (1)

  • Effects of Hoof Trimming on Hematological and Biochemical Variables during Transport-induced Stress in Japanese Black Cattle  [in Japanese]

    MISUMI Kazuhiro , SHINSATO Takeshi , AOKI Osamu , SETOYAMA kentaroh , MIURA Naoki , YANAGITA Kohichi , SAKAMOTO Hiroshi

    肉用牛の輸送ストレスに及ぼす削蹄の効果について検討した。黒毛和種肥育牛41頭を削蹄群(27頭)と無削蹄群(14頭)に分けた。削蹄群は6ヵ月ごとに削蹄され、出荷3ヵ月前に最後の削蹄を行った一方で、無削蹄群は肥育期間中にまったく削蹄されなかった。出荷に伴うトラック輸送(距離57.8km、4時間)の前後で、体重測定と血液および血液化学検査を行った。クレアチンホスホキナーゼ(CK)活性およびコルチゾール値 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 54(11), 837-840, 2001-11-20

    JASI  Ichushi Web  References (18)

  • Effects of Trimming on Hoof Growth, Hoof-disease Occurrence, and Productivity in Japanese Black Beef Cattle  [in Japanese]

    MISUMI Kazuhiro , TORII Tetsutaroh , AOKI Osamu , FUJIKI Makoto , MIURA Naoki , YANAGITA Kohichi , SAKAMOTO Hiroshi

    肥育牛における蹄の生長、蹄疾患の発生や生産性と削蹄との関係について検討した。肥育期の黒毛和種16頭(13.0±2.0ヵ月齢、体重308.0±30.8kg、去勢牛)を削蹄間隔により3、6および12ヵ月削蹄群ならびに無削蹄群の4群に分け、以後19ヵ月間、蹄計測、蹄形め変化を記録した。と殺後、蹄病変を観察し、枝肉成績を記録した。削蹄間隔の延長に伴い、蹄角度は小さく、蹄壁・蹄踵長は長くなった。12ヵ月削蹄 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 54(11), 829-836, 2001-11-20

    JASI  Ichushi Web  References (19)

  • A Case of Canine Cricopharyngeal Achalasia  [in Japanese]

    FUJIKI Makoto , MIURA Naoki , MISUMI Kazuhiro , TSURUTA Tsutomu , SAKAMOTO Hiroshi

    生後数カ月より採食直後の吐出が認められ, その後流動食の給餌により飼育されていた3歳で雌のシー・ズー犬を, X線透視下での機能検査により輪状咽頭筋アカラジァと診断し, 食道背側での輪状咽頭筋切開術を施した.術後は翌日から嚥下が可能になり, 17カ月を経過した現在でも症状の再発は認められていない.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 54(9), 697-700, 2001-09-20

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

  • Propofol - Sevoflurane麻辞の母体胎仔の血行動態へおよぽす影響  [in Japanese]

    瀬戸山 健太郎 , 新里 健 , 三浦 直樹 , 三角 一浩 , 坂本 紘

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 32, 252, 2001-07-01

    Ichushi Web 

  • Pulmonary Atherosclerosis and Pulmonary Arterial Pressure in Cholesterol-Fed New Zealand White Rabbits

    KAMIMURA Ryozo , SUZUKI Syusaku , MIURA Naoki , MIYAHARA Kenkichi

    コレステロール投与NZWウサギの肺動脈硬化病変及び肺動脈圧について検索した.実験を3群に分け,コントロール群(n=6)にはウサギ用標準飼料を8週間,コレステロール投与群には標準飼料に0.5%コレステロール及び0.25%胆汁酸を添加した高コレステロール飼料を8週間(n=7 : 実験群1)と15週間(n=7 : 実験群2),1日90g/例ずつ投与した.飼料投与期間終了後,動脈圧及び肺動脈圧を測定し,さ …

    Journal of Veterinary Medical Science 63(6), 647-653, 2001-06-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (36)

  • Effects of Exposure to Alternating-current, High-voltage, Electric Potential on Experimental Hypertension in Dahl-S Rats  [in Japanese]

    MIURA Naoki , SUZUKI Syusaku , HAMADA Yuji , KAMIMURA Ryozo , UMEMOTO Chiyoshi , FUJIKI Makoto , MISUMI Kazuhiro , SAKAMOTO Hirosi

    交流高圧電位療法の獣医領域への応用を目的とし、食塩感受性腎性高血圧発症モデルであるDahl-Sラットを用いて高血圧症の抑制効果を検討した。Dahl-Sラットには1%食塩水を給与し、これを2群に分けて1群に交流高圧電位負荷を行った。その結果、交流高圧電位負荷群では非負荷群と比較して、血圧上昇と腎病変が抑制された。このことから、交流高圧電位負荷は獣医領域においても慢性腎不全に伴う高血圧症の進行を抑制す …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 54(6), 472-475, 2001-06-20

    JASI  Ichushi Web  References (15)

  • The Risk Contrast Media-Induced Ventricular Fibrillation is Low in Canine Coronary Arteriography with Ioxilan

    MISUMI Kazuhiro , TATENO Oki , FUJIKI Makoto , MIURA Naoki , SAKAMOTO Hiroshi

    ioxilanの心室細動(VF)誘発作用について, 同じ非イオン性低浸透圧造影剤であるioversol, iomeprol, およびiopromideと比較検討した.また心室細動発現に対する造影剤中のNa^+濃度の影響について検討するために, ioversol, iomeprol, およびiopromideにNaClを添加し, Na^+濃度を9および20mmol / L Na^+としたももについて …

    Journal of Veterinary Medical Science 62(4), 421-426, 2000-04-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (27)

  • Pacemaker Implantation in a Cat with Paroxysmal Third-degree Atrioventricular Block  [in Japanese]

    HIRAKAWA Atsushi , FUJIKI Makoto , MIURA Naoki , SHIBAYAMA Hinako , TAKAHASHI Yoshiaki , OMICHI Yoshihiro , NOGUCHI Kayo , YAMAMOTO Masaaki , SAKAMOTO Hiroshi

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 53(2), 75-79, 2000-02-20

    Ichushi Web  References (22) Cited by (2)

  • 麻酔モニター(BP-508)の終末呼気二酸化炭素分圧と平均動脈圧に対するイヌでの有効性  [in Japanese]

    藤木 誠 , 三浦 直樹 , 三角 一浩 , 坂本 絋

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 29, 55, 1998-10-10

    Ichushi Web 

  • A Clinical Case of Bladder Rupture Occurring in a New-Born Japanese Black Calf  [in Japanese]

    KAMIMURA Shunichi , HASHINOKUCHI Tetsu , USHINOHAMA Kanji , MIURA Naoki , HAMANA Katsumi , SAKAMOTO Hiroshi

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 51(5), 246-248, 1998-05-20

    JASI  Ichushi Web  References (7) Cited by (1)

  • P639 ヒス束ペーシングの臨床応用は可能か? : スクリューイン型電極使用による電極の固定性、ペーシング条件の安定性及び刺激電動系への影響に関する実験的検討  [in Japanese]

    綱谷 滋 , 宮原 健吉 , 曽原 寛 , 加倉 秀章 , 古賀 正哲 , 森山 由紀則 , 平 明 , 永野 慎一 , 三浦 直樹 , 三角 一浩 , 坂本 紘

    Japanese circulation journal 62(SupplementI), 545, 1998-02-28

    Ichushi Web 

  • 索状物の絞扼により生じた犬の胸部食道狭窄症の1例  [in Japanese]

    三角 一浩 , 藤木 誠 , 三浦 直樹 , 坂本 紘 , 宮下 幸隆

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 27, 104, 1996-10-20

    Ichushi Web 

  • Effects of Hypoxia and Anemia on Pulse Oxymetry in Splenectomized Dogs  [in Japanese]

    SAKAMOTO Hiroshi , MIURA Naoki , MISUMI Kazuhiro , FUJIKI Makoto , MIYAHARA Kenkichi

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(7), 454-458, 1996-07-20

    Ichushi Web  References (18)

Page Top